FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



英語にならない日本語
昨日の仕事先は、以前勤めていた会社のすぐ近くでした。

大学を出てから、その会社に5年半程勤めたのですが、
最後の2年半は通訳学校に通いながらでした。

久しぶりにその会社の建物を見たら、当時を思い出して、
随分懐かしく感じました。

それにしても、「懐かしい」って英語になりにくいですよね。一応、

"bring back memories."

っていう表現がありますが、「懐かしい~!」という一言に、

"It brings back memories!"

は、長いです、正直。使いにくいです。

それに、厳密に言って、「いろいろ思い出が蘇るわ~」
っていうのとは、「懐かしい」はニュアンスが少し違うように
思いますし。。

手元の研究社新和英中辞典を引いても、
辞書の編纂にあたった方の苦労が見てとれます。

例文としてこんなのが載っていました。

「松岡くんじゃないか!懐かしいね。」

"If it isn't you, Matsuoka! It's really good to see you again."

うーん、確かにそうなんですが・・。
もう、個人の感性に任せます、の領域に踏み込んでるように思います。

だって、古い写真とかを見て、
「うわ~、懐かしい!」という文脈では使えないですしね。

ネイティブが、「うわ、懐かしー!」って言うときは、
なんて言うのだろう、と夫をこれまで観察してきましたが、
基本、こうです。

"Oh WOW!!"

で、その後、「こんときって、こうで、ああで云々・・」と説明が始まります。

要するに、英語には「懐かしい」にバッチリ合う一言は無いようです。

同じようなので、いつも苦しむのが「切ない」です。

これは、山田詠美さんがなんかのエッセイで、
「英語には無い。」とおっしゃってました。

辞書を引くと、

painful, trying, heartrending などと出ています。

苦しい、とか、胸を引き裂かれる、といった言葉ですが、
今ひとつ、この「切ない」という言葉が持つ、微妙な「甘さ」
が無い言葉が多いですね。間違ってないんだけど、
ドンピシャでも無い、という。。。

敢えて言うなら、bittersweet feeling というのが、かすってるかな、と思いますが、
これも英英辞書を見ると、

"arousing pleasure tinged with sadness or pain"


となっていて、sweet主体なところに、一抹の悲しみとか痛み、ということらしいんです。

「切ない」は、個人的な感覚で言うと逆なような気がします。
基本bitterなところに、少しの甘やかさがある、というような。

まぁ、こんなの個人の言葉に対する感性で違うでしょうけどね。

どなたか、

「懐かしーー!」と「切ないね・・」というのにぴったりの
英語をご存知でしたら教えて下さい。

応援クリック頂ければ嬉しいです!

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
日本語は言葉が多い
英語で表現できないものもあるんですよね。。。

これってやっぱり文化なんでしょうか。(難)

英語をはじめてから気付いたんですが、英語よりも日本語のほうが言葉が多くて、表現も多いような気がしますね。日本語を英語に訳すのもその逆もそこが難しいと感じるところなんでしょうね。

 「懐かしい」と「切ない」私も気になります。

ぽち♪
【2006/09/22 16:01】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]


jerry さん、こんにちは!

私も日本語のほうが語彙が多いように思いますが、一方「いや、英語のほうが」と言う人もいました。

お医者さんだったんですが、「日本人の患者が痛みを訴えないのは、痛みに関する語彙が少ないからだ!」と豪語してました。

でも、「差込み痛」とか、「ジンジン」「ズキズキ」、「鈍痛」など、いろいろありますもんね。
日本の人は先生に遠慮してるだけですよね。

なにかの日本文化論で、日本は肌感覚にものすごく重点を置く文化だと読みました。

確かに、夫に、「ツルツル」と、「サラサラ」と、「スルスル」の違いは何? と言われると、英語では答えに窮してしまいます。(笑) 結局、例となる物質を挙げて説明してるんですけど。。

【2006/09/22 18:14】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

Mojoさんへ
Mojoさん、コメントありがとうございます。確かに、目を細めて、(or遠い目をして・・・)"Those were good old days"、これも「懐かしいー」の感じでますよね。おっしゃるとおり、「悔しい~!!!」もバッチリ言い換えられるの無さそうです。こういうのって、すごく感情を伝えたい言葉だけに、なんかいい表現ないのかなぁ・・って思ってしまうんですよね。
【2006/09/22 20:13】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

「懐かしい」研究家
YJさん、はじめまして。「懐かしい」はさっと出てこなかった(数多くある)言葉のひとつで、私もいろいろ調べたことがありますが、結局 bring back memories で落ち着いてしまっています。おっしゃるとおり、和英辞典は「思い出して懐かしい」ばかりで、「見て懐かしい」がないのです。でも、後者で使うことって多いはずですよね。もう少しコーパス的なものを活用して編集してよと、和英辞典を引くたびに思います。
さて、ぐちってばかりいても仕方ないので、1つ提案してみます。“The old familiar faces”(古い顔)というめっさ古い歌から借用し、YJさんのケースでは
“Wow, old familiar building.”
と言ってみるのはどうでしょうか?旦那さま(ネイティブの方なんですか?)のチェックをお受けください。
ところで、語彙については、どちらが多いというよりも、ご指摘のとおり文化的に重きを置く場所の問題でしょうか。よく引き合いに出されるのは、「エスキモーには雪を表す言葉が50種類ある」。
うーん朝から熱く語ってしまいました。長々とすみません!
【2006/09/24 09:25】 URL | t-bone #qbIq4rIg[ 編集]

ネイティブって厳しい。。
t-boneさん、コメント有難うございます。この記事、コメント頂く数が多いので、やはり「懐かしい」を英語で言いたい度、かなり高いと見ました(笑)。さて、御提案頂いた"Wow, old familiar building"、夫(豪州人)に確認しましたところ、「ちょっと不自然かな。。」と言ってます。くー、って感じです。いっそ、tofuのように、natsukashii が、外来語として英語に定着すればいいんだ!などと、夢想してしまう私です。でも、non-native としては、old familiar buildingで、意を汲み取ってくれよ・・・と強く思います。
【2006/09/25 00:26】 URL | YJ #-[ 編集]

うーん、残念!
こんにちは。旦那さまチェックに回してもらい、ありがとうございました。「懐かしい」研究家として修行を続けたいと思います!
【2006/09/25 01:31】 URL | t-bone #qbIq4rIg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/74-3f1e024b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Bitacle Blog Search Archive - 英語にならない日本語

[...] 昨日の仕事先は、以前勤めていた会社のすぐ近くでした。大学を出てから、その会社に5年半程勤めたのですが、最後の2年半は通訳学校に通いながらでした。久しぶりにその会. [...] bitacle.org【2006/09/22 20:43】