FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



油を差してもらいましょう。
夫と買い物や食事に行くと、要求が高いので、
お店の人がイヤがらないか、とドキドキすることがあります。

今の家に引っ越した際に買ったソファも、届いたその日に
あちこち調べて、

「足の上を押すとキィキィ妙な音がする。取り替えて貰おう。」

と言い出しました。私からすると、そんなに大した
ことでも無いし、別にいいやん、と言ったのですが、
(だって、なんだかクレーマーみたいに思われそう)

「高かったのに、ダメだよ!絶対に取り替えて貰おう。」
と言うんです。

結局、買ったお店に出向いて行って、ディスプレイしている
ソファを見て、音がするかどうか確認しに行くことになりました。

お店で、ソファをアチコチ押していると(ちなみに、
確かに音はしませんでした)、お店の人が「どうしました?」
と声をかけてくれました。

いきさつを説明すると、即、「お取替えいたします。」とのこと。
意外と簡単に変えてくれるんですね。驚きました。

「言ってみるもんだねぇ。」と夫に言うと、得意げに

"The squeaky wheel gets the oil."

と言ってました。直訳なら、軋む車輪は油を差される、ですね。

相当する日本の諺を思いつきません。「主張をした者が利を得る」
というのは、日本的な心理だと、あまり評価されないこと
だからかもしれません。

頭を捻りに捻っても、出てくるのは、「ゴネ得」
というネガティブな言葉だけ・・。

どなたか、ぴったりの日本の表現を思いつかれたら教えて下さい。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
~の魔法使い
先日楽天でベビーチェア-(ダイニングテーブル用のやつ)を購入したら、入っているはずのネジが足りなかったので、

 ネジ足りませんよ!

って言ったら、すぐに新しいのを送り直してくれました。

 販売店は全ての製品の中身まで確かめることは不可能でしょうから、臆することなく言ったほうが、今後の消費者のためにも、該当の業者さんのためにもいいことだと思ってます(勝手な解釈?笑)

 ところで、オイルを注すで「オズの魔法使い」を思い出しちゃいました♪

 ・・・・・・・日本語でいうと何でしょうね。。。


ぽち♪
【2006/10/06 16:28】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]

jerryさん
そうですよね。。私も、夫に感化され、
どんどん主張する人になってきています。(苦笑)

まぁ、大阪の人間なので、素地はあるのでしょう。。

夫は、東京に旅行に行ったときに、
「おばちゃんが、礼儀正しい・・・」と言って
驚いていました。。

ベビーチェアですか、お子さん、もう座ってご飯なのですね。
【2006/10/06 18:27】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

あはは
笑ってはいけませんが、私もまさに、彼らの押しの強さを
1. 「それはちょっと・・・」と引き気味にとらえ、
2. 「ま、文化が違うしね」と許容し始め、
3. 「言わんと何も始まらん」と自ら実践し出した
1人です。

彼らをみていると、とりあえず言ってみてダメなら"It's OK :)" とあっさり引き下がることがほとんどです。
「主張することが重要」の文化を感じます。

ってことで、「だめもと」「言ったもん勝ち」なんて表現はどうでしょう?それでもネガティブ感がただよっているような気が・・・
【2006/10/06 21:58】 URL | あすくみ #-[ 編集]

あ、それいい!
あすくみさん、言ったもん勝ち、いいですね!ピッタリだと思います。確かにちょっと図々しい感は漂いますが、でもちょっとチャメっけもあるし。 ちょっとスッキリしました。ありがとうございます。

欧米の人の押しの強さは、あすくみさんのおっしゃる通りです。案外引き際もいいんですよね。

でも、あまりに感覚が違うことだと、本当に自分をぐっと抑えて訳さないといけないので、たまにしんどいです。(これは夫だからかも)

彼が手術するときの事前説明で、

「メスはどのタイプの使うんですか?」
「麻酔は何ミリリットルですか?」という質問がありました。先生が怒り出さないかと、本当にひやひやしましたよ。。でも、本人も外国での手術なんて、とても不安だったんだと思います。
【2006/10/06 23:06】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/69-fc84b13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)