FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



art は 芸術 か。
art というと、アート、もちろん芸術です。

現場でも8割はその意味で使われますが、
たまにやっかいな意味でも使われて、苦労します。

ある、マーケティングセミナーでのこと。

アメリカ人講師がこう言いました。

"Marketing is not science, it's an art! "

デビューしたての通訳だった私は素直に

”マーケティングは科学ではありません。芸術です。”

と訳出しましたが、

「なんか、変な話だなぁ・・・。」と思いました。

その場で辞書を調べてみると・・・

art : (特殊な)技術、技芸、芸、技能職、術、腕、わざ

という意味があるではないですか。

ここでは、まだ半信半疑だったのですが、
続けて講師が

"Marketing is not rocket science. Experiences make you
a better marketer."


と言ったのを聞いて、確信が持てました。

「芸術」ではなく、あえて、カタカナ語で訳せば
「スキル(わざ)」だと、講師は言いたかったんですね。

もちろん、すぐに訂正しましたが、

「へーーー!art ってそんな意味もあるのか!」と
とても印象に残りました。

後日、テレビでフランスの画家、バルテュスが
こう言っているのを見ました。

「私は芸術家なんかじゃない。画家というのは職人なんだ。」

フランス語だったので、字幕を読んだのですが、
もしかしたら、こんな風に言っていたのかしら、
と思ったりします。

"I'm not an artist. Painters are artisans."

artisan : 腕のいい職人、熟練工 


ちなみに、art というのは、ラテン語の ars がもとになっていて、
"put together" "join" "fit" という意味なのだそうです。

どうやら、art という言葉、私達が思っている「高尚な」感じより、
もう少し土臭い広がりのある言葉のようです。


良かったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
アート
職人技は一つのアートですよね。
絵描きさんも、演奏者もある意味では職人技ですし。

私も「芸術とは?」という質問の答えを見つけるのに時間を必要としました。
 自分なりの答えは見つけましたが、社会一般的なものかどうかは分かりません。

 芸術とは、まさに「人の生き様」。

どんな形で表現されるかは別として、「その人の生き様が垣間見えるもの」が芸術なのかなぁ。と。
 商業アートはまた別ですけどね。芸術は金銭的価値に左右されないというところで、商業アートの目指すところとは違いますもんね。

なんだか変な話になってしまいましたが。

勉強になりました♪ぽち!!

【2006/09/11 23:17】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]


jerryさん、いつもコメントありがとうございます。jerry さんは芸術関係のお仕事をされているのでしょうか。jerryさんの考え、私も同感です。本当は芸術って、そんな高尚で、いわゆる「才能」がある人だけの特権的なものでは無いと思います。どれだけ本気で信念を持って取り組むか、そこに人の心が動くような気がします。テレビで、そのバルテュスも、「芸術家」として祭り上げられて慢心するのでなく、一人の職人として常にワザを磨いていくことのほうが重要だ、という価値観が、潔くて、人間として美しくみえました。
【2006/09/11 23:48】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

ちょっとだけ
芸術関係というほどのものではありませんが、広告がらみの仕事をしています。

なので、以前は広告芸術と芸術との微妙な差に苦しんだことがありましたね(苦笑)

広告芸術と芸術を両立させたアンディ・ウォーホルはすごい人だと思います。

しかし、どんな人にも素晴らしい人生があり、それだけでも芸術であるとも思うようになりました。

そうそう、先日雑誌で読んだコラムでは、あの岡本太郎さんは大変な努力家だったという話がありました。
 すごく天才肌に見えていたんですが、彼もやはり人知れず努力をしていたんですね♪
【2006/09/12 22:56】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]


岡本太郎が努力家、というのは本当に意外です!感性主体の方かと思っていました。ところで、jerryさんのサイトで今朝、ちらっとだけ、シャドウイングの記事を読みました。コメントを書く時間と気力が無かったのですが、また時間をみつけて書きに戻ります。
【2006/09/12 23:30】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

ありがとうございます
シャドウイングに関してですか。
私は全くの素人ですので、お手柔らかにお願いしますね(苦笑)
お時間の空いたときにでも、コメントください♪
【2006/09/13 23:18】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/53-051dcf1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)