FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ライオンの分け前
先日読み終えた"Until I Find You"の中で、2-3度出てきた表現に、

" lion's share "

というのがあります。一番大きい分け前、という意味です。

辞書も引かずに、

「あー、自然の生態系でもライオンの取り分が一番大きいもんね。
その後、ハイエナとかハゲタカ、で、アリとか、バクテリアに
少しずつ回っていくんだし。。。なるほど、なるほど。」と

勝手に納得していました。

しかし、辞書をひくと(研究社リーダーズ英和辞典)
イソップ物語が由来だとありました。

「動物たちが獲物を分けるときに、ライオンが分け前として
四分の三を要求したところ、他の動物が怒りを恐れて
残りも差し出したという」

ということで、文脈によっては、「不当に大きい分け前」
の意味もあるようです。

アルク英辞郎の例文を引用しておきます。

Microsoft has been enjoying a lion's share in this software business
for more than a decade.


(マイクロソフトはこのソフト産業で No1シェアを10年以上にわたって享受してきた)

あ、ちなみにイソップ物語は、

"Aesop's Fables"

(どちらかというと、エソップスという発音になるようです。)

紀元前6世紀ごろの古代ギリシア人、アイソポスが語った物語なのだそう。
「そんなに古い話だったのか・・・」とちょっと驚いてしまいました。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ


スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
はじめまして
履歴より参りました。会議通訳、しかも同通の方なんていう恐れ多い方に読んでいただきまして光栄です。またよろしかったらいらしてくださいませ。こちらからも勉強させていただくためにご訪問させていただきます。
【2006/09/19 16:18】 URL | princessruby #-[ 編集]


princessrubyさん、こんにちは。コメントありがとうございました。私の夫もオーストラリア人なので、もしそちらへ移住したらどうなるのかなぁ・・、なんて思いながら読ませて頂きました。仕事なんて、見つかるんだろうか、とか思いながら。。シンガポール人の同僚のお話も、私が現場で出会ったシンガポール人本人のシンガポール人評と通じるところもあり、興味深かったです。通訳といっても、まだまだ発展途上でして、自分の記録のためにも書いてるブログですが、良かったらまた遊びにいらしてください。
【2006/09/19 18:04】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/52-b211f057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)