FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



仕事
仕事をフルタイムでしていると、何だか、仕事をしている人から
専業主婦の人を下に見るのに当然同調するよね?というような
口調で話しかけられて、嫌な気持ちになる。

まぁ、もちろん、仕事を持って頑張っている人は好き。

でも、自分も家のことを結構夫に任せている(夫のほうが
ずいぶんと融通が利くし、時間がある)私としては、彼の
サポートがあるからこそ、仕事に打ち込めるワケで・・・。

以前彼が勤めていたときは、私も必死で時間をやりくりして、
毎日忙しく、ゆとりが無かった。子供はいなかったし、それでも
なんとかなったけれど、子供も出来て、でやっていくと、それは
それで、やってはいけるけれど、とても大変だと思う。

だから、両方がフルタイムの仕事で子供もいて頑張っている
夫婦は、旦那さんも奥さんもすごく偉い、と思うし、旦那さんが
主にかせいで、奥さんは家事、という分担も本人がそれで
納得しているなら、ありだな、と思う。多少、収入は減るけど、
家を片付けて、毎日手作りのものをほっこり食べて、子供の
話をゆったり聞いて、生活を楽しんで、丁寧に暮らしましょう、
というのは、ありだと思う。

だって、日本の会社の労働状況、過酷だもの。二人とも
5時に帰ってこれるならとも働きでも余裕はあると思うけど。。。

それを男の人でも、女の人でも、仕事をしている人だけが
えらいみたいな口調で話されるとイヤな気持ちになる。

人が社会に貢献できる価値は、もっとバラエティがあると思う。
そういうものに価値を見出す器を社会の懐として用意していないと、
生きづらい場所になってしまうと思う。
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

こんにちは!お久しぶりです。私も似たようなことを考えていました。私は三人の子供を育てながら家で翻訳を細々してますが、最近疲れ切ってしまい、熱を出したり家事が嫌になって落ち込みがちになったり・・・・専業主婦はいやだなぁ、と思っていたから仕事、仕事、と思っていたけど、のんびり子供と遊んだり、ゆったり生活を楽しむっていうのも大切だなぁ、と思い始めていました。田村安子さん、という通訳の方をご存知ですか?この夏に私は通訳のサマーコースに行ったのですが、その時の講師が田村先生でした。先生に「時間がなくて、通訳の勉強ができない」と言ったら「子育ては大切。仕事や英語の上達なんて、後でいくらでもできる。今は子育てに専念したら」と言われました。この先生はずっと専業主婦をしていて、子育てを終えた後に同時通訳者になった方で、妙に納得してしまいました。子育ても家事もちょちょいのちょい、でやってしまおう、と思っていた私はすごーく反省しました。でも、専業主婦って下に見られることは多いですよね。私自信も自分自身を見下していたようなところがありました。みんなそれぞれ生き方があるから、それぞれの考えを尊重しないとならないですよね。
【2008/09/02 06:07】 URL | あっち #-[ 編集]

あっちさん
コメントありがとうございます。田村さんという通訳の方、残念ながら私は存じ上げないです。東京でやっておられる方なんですよね。子供が生まれてみて、やはり最初の数年はとても手がかかるんだな、と実感しています。そして、とても楽しくて、味わいつくしたい日々だな、とも思います。本当なら男性も女性も仕事したい人はし続けて、それぞれに独立した生き方をして、双方が家庭生活もいっしょに参加して楽しむというのが、楽しいし、豊かな生活だと思うのですが、今の日本の労働体系では、難しいことも多いですよね。日本の男性は帰宅時間がほかの国に比べて格段に遅いようです。それを改めようと努力しないで、専業主婦を責めたりするのは、本当に筋違いの話だと思います。海外のコンサルの人の通訳などをしていても、日本の労働条件が過酷なことに驚かれます。「誰も文句いわないの?」と不思議がっています。もう少し生活も楽しめるような仕事のやり方にシフトしていければいいなぁ、って思います。子供を育てることは大切な仕事だと思います。男性もこんなに素晴らしいものに参加できないなんて、考えられない、って思ってくれたら、専業、という窮屈な語感がなくなっていくと思ったりします。
【2008/09/02 12:12】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

全く同感
お久しぶりです。いつも楽しみに拝見してます。
私がバブル絶頂期に”花のOL"していた頃の話ですが、、、、お昼休みに銀行に行くとすごい行列。明らかにお勤めしているのとは違ういわゆる主婦が並んでいるのを見て友達が「働いても無いのに、わざわざ昼休みに来ないでよっ!」とよく言ってました。その時は適当に同調したりしてたのだけど、、、。その後、結婚して会社を辞め、専業主婦になり子供が出来、さらにパートに出るようになり、今は母しつつフルタイムで仕事。かなりいろんなポジションを経験してきたけれども、どれもやっぱり”私”でした。どの私が見下すべき存在でも、見上げた存在でもない、変わらぬ一人の私という人間であることを考えれば、働いているか否かで、個人に対する見方が変ってしまうっていうのは、あまりに了見が狭い…。
男女問わず、望まないのに働かざるを得ない人も居るだろうし、その逆もあり。それぞれの場面で、自分がどういう”人”で居られるかが大事なんじゃないかな…。と、ちょっとエラそうに思ったりします。
年収アップ法や、効率アップ法、利益の出し方みたいなノウハウ本がベストセラーになる、そんな本に興味をそそられないわけではないけれど、その読後感になんだかしっくりこないものが残るのは、そこにもっと面白くて深い人間のストーリーが見えてこないからの気がする。メディアがそういうものをヨイショする風潮、、、いったいいかがなもんでしょうね。社会全体がもっと人間の面白さに目を向けるようになれば(子育てだってとっても面白い人間のストーリーだよね)、仮に今のような難しい労働体系ではあっても、意識はもっと窮屈じゃなくなるような気がするんだけどなぁ~…。
【2008/09/02 21:35】 URL | みかりん #-[ 編集]

みかりんさん
本当にいろんなポジションを経験されてきたんですね。同じ会社や職でずっと仕事を続けるのもしんどい面がありますが、フェーズごとに家族の状態に合わせて職や働く形態を変えていくのもまた大変だし、すごい柔軟性がいることだな、って思います。日本はちょっと極端ですよね。本当に労働の競争が激しい気がします。男性の育児休暇の制度、使っている人0.5%だそうで、制度はあっても、同僚や上司にやる気ない、と思われたり、昇進に影響があるかと恐れたり、実際人が足りなくてそんなことしてたら、会社が回らないとか、いろいろあるんだろうなぁ、と想像しています。そのしわよせ、緩衝材を女性に背負わせるケースが多いですよね。柔軟に対応しているママさんたちは胸を張っていいと思います。
【2008/09/03 10:32】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

遅くなっちゃったけど、コメント!
育児休暇で家にいた時は、たっぷり子どもに手がかけられて、図書館に行ったりも出来て、余裕の市民生活を満喫したなぁ。経済的にゆとりがあるなら主婦っていいなぁって思った。
でも、私は「そういうのは私らしくない。」と思い込んでいるフシがあって、急き立てられるように会社復帰した。そんな私は、中学高校生のお子さんがいるパートの同僚の方に、「子ども小さいのに働くなんて…」と若干冷ややかに見られているのを感じる。その方は、子どもが一番で、お惣菜を買って帰るなんて母親としてどうなの!!?という考え方なので、私はとっても落第ママとして肩身が狭い思いをする(いい人だけど)。幼稚園に預けるか、保育園に預けるかとかいうところでもすごい対立構造があって、互いに冷ややかに見ているように感じる。自分の立場を責められているように感じるから、逆にこっちも責めちゃえって感じ?
散々今まで言われてきたことだと思うけど、女性同士で足を引っ張り合うのはもったいないよって思う。
…相手の生き方を認めるって、なかなか難しいね。
【2008/09/05 21:15】 URL | わかば #-[ 編集]

わかばちゃん
そやなぁ、そういう視線もあるなぁ。今回は、逆のの視線(働いている方からの専業主婦への視線)がもうすごい攻撃的で、(しつこく、「これどう思う?働くってことナメてるやろ?甘いやろ?」みたいなメールが来て、言われてる子の家の事情も知ってるので、一方的に責めやんとこうよ、その子にも事情があるやん。。」って思ったて話やってん。そこんとこの旦那が結構キツくてさ。本人は働きたいのに、旦那が理不尽で無理やねん、だから、その子も辛いのにな、って思って。わかばちゃんが言うとおり、私が言いたかったのも、女性同士で分裂するのやめようよ、男社会の思うツボやん、ていうこと。働いてる女性が、今の会社が求める働き方にすりよって、働いてない人を責めることで、今の働く環境が強化されてしまう、ってことやねん。

「それって母親としてどうなの?」っていうのって、やっぱ、ちょっと人間性否定されたような気になるよな。まぁ、オッパイ関係も同じ。生まれてすぐのときは、超気にしてたな。

日本の社会の中で受け入れられてる「母親像」があまりに単一なんやろうな。。。
もっと多彩にしたいね。で、あの形のお母さんも、この形のお母さんもそれぞれ素敵、お互い助け合って子供を育てようよって女性同士が思えるのがいいんだけど。
男側の論理にすりよらずに、女性で団結したいよね。

あ、ちなみに、「落第ママ」なんてなぜ、そんなことをチラとでも思うの!?私の中ではあなたは超優等生ママやけどなー。仕事もしている上で、子育ても手抜きしてない(とブログで見受ける)!すごい!」て思うで。私は楽天家なんやろな、ちょっと責められ系のこと言われても、そんとき傷つくねんけど、後で「でも、私なりに頑張ってるしな。」て、すごい手抜きのクセに思ってしまう。私がアホなんかな?!v-405

【2008/09/06 13:12】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/518-c02a844b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)