FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



めばちこ
目ばちこ、って何か御存知ですか?

関西の言葉で、「ものもらい」のことです。

うちの夫が4日ほど前からこの「めばちこ」になっており、
様子を見ていたのですが、小さくならないので、今日
目医者に行ってきました。

「そういえば、めばちこ、って英語で何だったっけ。」と
思って辞書を引いたところ、めばちこでは当然載っていません。

めばちこの標準語が「ものもらい」だということを思い出すのに
10分ほども要してしまいました。うむー、脳の老化でしょうか。


さて、「ものもらい」。

これもまた口語の表現で、正確には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
と言うって御存知でした?

私は知りませんでした。

英語では sty

My husband has a sty in his left eye.

ってなところです。

医療用語では hordeolum (ホーディーオラム ディーにアクセント)

めばちこ、もとい、ものもらいくらいで目医者なんて大げさな・・・
( Gee, it's just a sty, you are overreacting! )
と思われている方もいるでしょう。

私もそう思ったのですが、以前他の夫の病気で「大丈夫、大丈夫」
と放っておいて、ひどくなってしまったことがありまして、
今回は大事をとってお医者さんに行きました。
I took him to the eye doctor just to be on the safe side.

診断の結果、あっさり「めばちこですね。」といわれました。
(お医者さんでもめばちこ、というんですね)

「膿だしときましょ。」( Let's get rid of pus.)と言われ、
麻酔薬を点眼され、(The doctor administered the anesthetic eyedrop to his left eye.)
うむを言わさず、刃物でまぶたをグサッ!

痛みへの耐性がゼロの夫は

「ウウァアア!!

と叫んでいました。

「あー、白いのちょっと出た、出た。」と先生は涼しい顔して
言ってましたが、私が夫の顔を見ると、目から血がダラダラ・・
怖かったです。。

・・ただのめばちこだったのに、この流血事態。。。
ちょっと責任を感じた私でした。

その後、軟膏 ( ointment )をむにゅーっと目に入れられて、眼帯をして帰りました。
すぐ良くなりますように。。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
「めばちこ」ですか。
「めばちこ」って言うんですかぁ。
私は九州ですが、「ものもらい」ですねぇ。
ひょっとしたら、何かあるのかも(汗)

うちの嫁さんも今月9ケ月になる息子に顔面をいじくられて、「めばちこ」が出来てました。

2,3日様子を見てましたが、どうも治りそうになかったので、薬局に行って、「一番効くやつ頂戴っ!」って買ってきたのですが、目に注すと嫁さんは口に目薬が染み込んでくるらしく、

「この目薬まずいね?」

「!まずい?!」

ってな会話がありました。
にしても、早いうちに治すのが一番ですね♪
ちなみに、今は大丈夫です♪

追伸
私のブログからリンクさせていただいちゃいました。
もし不都合でしたら、お手数ですが、ご一報ください。

ランキング←ぽち♪
【2006/09/08 18:45】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]


jerryさん、コメント、ポチありがとうございす!えー、お子さんに顔をいじくられてめばちこになることもあるんですか!びっくり。そうか・・・薬局で薬、っていうそういう手もありましたよね。。なぜ外科的な処理になってしまったか、と本当に後悔しきりです。リンクの件、ありがとうございます。jerryさんみたいな、すごいランキングの上の人にリンクして頂くのはすごく光栄です。私もリンクさせてもらいます!
【2006/09/08 22:37】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/49-3f8c18e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)