FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


愉悦の小部屋
子供が生まれてから、へぇ~、こんな世界が開けるんだ、
と思うことがしばしば。

外に出ると、女の人、特に年上の人から、
「あらー、赤ちゃん?何ヶ月?」なんて声をかけられるようになったし、
その後、必ず、

「風邪ひかさないようにしなきゃね。」
「気をつけてね。」

など、アドバイスや気遣いを貰う。

ラブソングなのに、歌詞が全部、母親の子供に対する気持ちに聞こえてしまったりもする。
例えば、ボブ・マーリーの Is This Love を先日聞いていたところ、


I wanna love you, and treat you right
I wanna love you, everyday and every night・・・
・・・
Is this love? Is this love? Is this love? Is this love that I'm feeling..

だとかいうのが、全部母親の気持ちに聞こえてしまったりするのだった。

しかし、一番の発見は授乳室の存在の発見。

こんなに素敵な場所が世の中にあったとは!

デパートや子供用品のお店、公共の場所などにあるこの「授乳室」
なんのことはない、単にカーテンで仕切られたいくつかのスペースに
イスが置いてあり、ミルクを作る人用にお湯なども用意をしている
部屋なのだが、ここで授乳をするときの子供との蜜月感といったら。

デパートやその他の場所の喧騒から隔離され、母と子が二人っきりで
お乳やミルクをやって過ごすなんとも言えない幸福感には正直
驚いてしまった。

家でオッパイをあげるときも、確かに楽しいのだが、授乳室の楽しさは
またちょっと違うのだ。

お隣や向かいのパーテションからも、母と子の授乳の様子が聞こえてくる。
お産直後の産婦人科でお乳をやっていたときの和やかさの再現なんである。

授乳室に行きたいあまりに、息子と今度いつデパートに行こうかと
思案中の私です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
YJさん
わかります、わかります~!
「なんなんだろう、このまんざらでもない感覚は??」と思っていたんですが、YJさんが上手く表現してくれました!そう、「蜜月感」なんですよね。最近はいろんな施設できれいな授乳室が完備されるようになってきて、ありがたいですよね。10年前に上の子を連れて車で帰省したときに、サービスエリアの洋式トイレで授乳したときはかなり悲しくなりましたもん・・・
まだまだ寒いので外出時には防寒の準備が面倒ですが、早く暖かくなって身軽に子連れ外出できるようになりたいですね!
【2008/02/28 22:16】 URL | しろぽん #-[ 編集]

しろぽんさん
あ、やっぱり私だけじゃなかったのですね!あれって独特の幸せな感じですよね。びっくりしました。ほんとに有難い存在です。まぁ、デパートなどは、子供がいても買い物に来てほしい、という戦略なのでしょうけど。。。最初にこういうのがあったらいい、と提案してくれた女性の人に感謝!ですよね。
【2008/02/29 12:22】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/394-580e5a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。