FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画「クイーン」を見た
今日も何事もなく過ぎた。

朝起きて、夫の作っているウェブの翻訳をやる。
本当は日が出ている間に散歩に行きたかったが、
明日に翻訳が残るのがイヤで、夕方まで頑張った。

この夫の仕事の手伝いというのがなんとも・・・。
クライアントだと、お金を払ってくれているので
だいたいのことに我慢できるのだが、夫の仕事と
なると、ちょっとぞんざいな言い方などをされると、
「ムッカー!」と来てしまったりする。

夫婦でお仕事をしている人は本当にエラいなぁ、と
尊敬するばかりである。(自営業のうちの両親も含め)

昨日は、ずっと見てみたかった「クイーン」という映画を見た。
ヘレン・ミレンという女優さんは、凛々しくて、知的でカッコよくて、
本当に大好きだ。刑事役のテレビドラマを何度か見たのが
最初だ。その後確か「カレンダーガール」という映画でも見て、
やはり素敵だった。

今回の映画は、ご自身よりも老け役だったが、それでも、
英国女王というとてつもなくプレッシャーのある仕事をやっている
芯の強い一人の女性を凛々しく演じていた。

映画自体は、ダイアナ元妃が事故で亡くなってからの1週間を
主に描いたもので、真偽のほどはともかく、大変興味が惹かれる
内容だった。
あと、ブレア首相の奥さん役の人が本人そっくりで笑ってしまった。
そっくりでなかったのは、チャールズ皇太子。言っては悪いが、
俳優さんが男前すぎて、最初、誰の役か分からなかったくらいだ。

チャールズと名前が聞こえたときに、夫と顔を見合わせてしまった。

英国のクイーンでも、王室の広大な私有地を行き来するときは、
自分でジープを運転することに驚いた。途中で車が故障して、

"bugger!"

と悪態をつくシーンがあり、まぁ、ちくしょう!とか
くそっ!くらいの感じの言葉だと思うのだが、ええー、ホントに
こんなの言うんだろうか、可笑しかった。

それにしても、こんな風な映画、日本の皇室で作るなんてのは
まず考えられない。「言論の自由」とか「表現の自由」というのが
表面的にではなく、本当に保障されている国なんだな、と思った。

この映画、王室の人達も見たのだろうか。クイーンの旦那さんの
フィリップの役が結構マヌケに描かれていて、本人はどう思っただろうとか
考えてしまう。ちなみに俳優は「ベイブ」のあの豚さんのオーナーの
オーストラリア人俳優だったので、出てきた途端に笑ってしまった。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/386-542c2aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)