FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



「さくらん」を見た。
今日は夫が出張。ある英語の試験官の資格の
年に一回の免許更新のセミナーだ。東京以外に
在住の試験官は東京までの旅費と宿泊費も出るので、
夫は明日のセミナーに出るのに、今朝午前中に
出ていった。

東京でお世話になっている医療系の校閲のエージェント
に挨拶をするのと、東京の大きな本屋で洋書ショッピングを
するためだ。

このところ仕事が忙しく、家でずっと作業ばかりしていた
彼にはいい気分転換だろう。

私が産休に入ってから、結婚してから初めてというほど
ずーーーーーーーーっと二人で顔をつき合わしているため、
こういうのもちょっといい。私にとっても良い気分転換だ。

夕飯は夫が嫌がるブリの照り焼き!そして、普段は英語以外の映画が
なかなか見れないので、今日は見たかった「さくらん」を見るなど、
たまの「夫元気で留守がいい」を満喫だ。

「さくらん」は、原作の漫画を読んだことがあり、
映画のレビューを見ても、賛否両論だったが、結論から言って、
私はとても楽しんだ。

とにかく、画面が楽しい。絵を見る感覚で色彩や背景が
見れて、私は飽きなかった。

確かに演出的にすこし粗いところもあったり、映画的で
なかったりするところもあるが、もっとひどいレベルの
日本映画をたくさん見たことがあるので、初監督作としては
かなりうまくまとめたほうではないだろうか。

美術的にはさすがカメラマンが本業の監督で、見ていて刺激があった。

土屋アンナのあるシーンの演技がすごく心がこもっていて、
はからずも涙が出てしまった。そして、廓の女将役の
夏木マリは、「さゆり」の桃井かおりより数段良かった。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/362-e6c89eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)