FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



英語にしにくい日本語:「積極的」
「積極的」

日本語でかなりの頻度で使われる言葉です。

手元にある和英辞書(研究社)のを見ると、

積極的な:
positive, active, aggressive, enterprising(熱心な)keen, enthusiastic

とあります。

どれも文脈によってはそうよね・・・という感じで
バッチリ感が無い、と感じるのは私だけでしょうか。。。

特に、aggressiveというのは、英語でも文脈を間違えると
結構キツく聞こえます。

例えば、

「品質問題については積極的に対処します」

なんていうときに、

"We will address quality issues aggressively."

と言うと、ニュアンス的にちょっとズレてしまいます。

aggressive というと、好戦的、というような印象があるので、なんかおかしい。

enthusiastically とか keenlyも passionatelyに近い
語感があるので、何か的外れな感じなんです。「品質問題」という
言葉との相性が悪いと感じませんか?

「積極的」、に対して、現場で一番よく使われているのは

proactive です。

リーダーズ英和辞典では

proactive:
先を見越して行動する(行う)

となっています。

まぁ、pro(前)プラス active(action、アクション )
なので、前もって行動する、ってことなんですが、
イマイチ実際どう使うのかが分かりにくいですよね。

Oxfordの英英辞典のほうだと、もう少し言葉の本来の雰囲気が
分かりやすいです。

proactive:
creating or controlling a situation rather than
just responding to it.


受身じゃなくて、自身で状況を切り開くこと、くらいな意味ですね。
積極的、と訳していいと思います。

応援クリック、proactive によろしくです。

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/32-b2caa5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)