FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



講師の仕事
今日は月に1、2度教えている通訳学校での授業です。

通訳に行くのとは、また別のプレッシャーがあり、
正直辞めたいと思うこともあります。

通訳の仕事の場合は、準備を入念にして、現場に行くと、
その仕事の経験から、いろいろな新しいことを学ぶことが
でき、知的欲求が満たされた充足感があります。

一方、教えるほうは、入念な準備をして、それを2時間の
授業で、精一杯生徒に伝える、というスタンスなため、
授業が終わると、力を出し切った感で、すごく疲れるんですね。。。

生徒さんはどう感じているのかな、と思ったりします。

自分が生徒だったときのことを考えると、多少醒めた生徒だった
ような気もします。

準備をきちんとしてこられる先生と、そうでない先生と
いうのは、だいたい分かります。そういう先生のときは、
正直授業も退屈です。先生が生徒をあてて、コメントする
だけですから。

でも、先生にも向き不向きがあるわなぁ、と思いながら、
自分が合う先生の授業を楽しみに通っていました。

アドバイスがイマイチ自分には合わない、とか、その
言葉のセンスは、私ならこうする、とか、たまにですが、
そんな風にも思っていました。

自分がうまくならないから、先生の教え方がマズいから、
と事務局に苦情を言う生徒もいました。もちろん、
あまりにヒドイ場合は、それも大切だと思うのですが、
私個人は、そういうのは自分なりの学ぶ姿勢の美学に
合わない、と思っていました。

そういう苦情を言う人に限って、家で、真剣に勉強を
していないように思ったのです。

自分が学ぶ気になれば、多少教え方の下手な先生からでも、
工夫次第で、いろいろと学ぶことができます。

ある先生の授業では、生徒全員にまんべんなく当てる、
といういことがありませんでした。こだわりの無い先生で、
気になる(もう少し頑張る必要のある)生徒を重点的に当てる
という傾向がある先生です。確かに同じ月謝を払っているのだから、
多少むっとしないでもありませんが、それが先生の
考え方なのだから仕方ないと思い、その授業は先生の
解説をずっとウィスパリングして過ごしました。そうすると
2時間、当てられっぱなしと同じです。

今から思うと、なんて生意気な、と思うのですが、
でも、通訳になろうという人間は、ある程度、
そういう独立心がいるようにも思うんです。

もちろん、どの先生も自分からするととても実力の
ある先生で、学べるところは全て学ぶ(もう少し言うと、
技を盗むに近い)という当たり前の学ぶ態度を持った上で、
ですよ。

何が言いたいかというと、通訳、または何かを学ぶ人は、
自分の強みと弱み、性格を冷静に理解した上で、誰から
(何から)何をどのように学べばいいか、自分で組み立てる
ことが出来る、セルフコーチングのような目線が
必要ではないか、と思うのです。

伸びない理由を、環境や人のせいにして責めるだけでは
どうにもならないのです。

生徒さんの半分以上は、自己評価過小。自分のいいところを
見ずに、出来ないところだけ考えて、自信が無いので、
よいパフォーマンスが出来ません。

そういう生徒さんには、強みを誉めて自信を持たせるよう
心がけています。人は性格にもよりますが、誉めて育つ人も
多いと思います。授業は失敗しても何のペナルティもつかない
貴重な場。ぜひ積極的に自分の強みを解放してほしいと
いつも伝えています。

たまにいて、難しいのが、自己評価が過大な方。自信が
無いよりはいいですが、もう一段上のレベルに行くには、
自分の弱みを冷静に見つめて、そこに真摯に取り組む姿勢が
必要です。

どれも、今の自分にも言えることです。

そういう意味で、苦しいですが、初心に帰ること、
努力を続けることを無理にでもさせてくれる場として、
講師の仕事を続けています。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ




スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
はじめまして
リウマチばあちゃんさんのお部屋から、お邪魔しに参りました。
プロのお仕事をなさっているYJさんの記事を、毎回楽しみにしています。遅ればせながら、御懐妊おめでとうございます。
過去記事へのコメントで申し訳ありません。
私は独立独行型なのですが、最近自分の英語学習にフラつきを感じていたのですが(楽しみでやっている様なものです)今回の記事を拝見し
「セルフコーチングのような目線が必要」の言葉に、モヤモヤしていた心が晴れて、初心に戻る事ができました。有難うございました。
どうぞ、お身体大事になさって下さいね。
【2007/07/11 23:26】 URL | こつぶ #-[ 編集]

こつぶさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
おかげさまで、明日から5ヶ月目に入ります。

記事が少しでもお役に立ったなら良かったです。
私は、英語学習も、受身でなく、能動的なほうが、絶対に伸びると思っています。
リウマチばあちゃんさんのブログ、私もよく読ませてもらっているのですが、いつも素晴らしいな、と思うのは、薦められたり、やり始めたりした勉強法やテキストでも、必ず、自分に合っているかどうか、どこがいいか、また、どこが自分には合わないか、など、きちんと分析して、その後の学習法に反映させているところなんです。
【2007/07/12 21:13】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/290-f319397b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)