FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



口が滑る
通訳は、スピーカーの言った言葉だけを訳すのではなく、
そのトーンや、伝えたい気持ちみたいなものも、出来るだけ
表現しようと努力します。

私も出来る限りそうしうよう、と日々トライしています。

一つ上手に出来るようになったのは、

「すごく怒っている社長」です。

まぁ、社長でなくてもいいのですが、怒って
社員や部下に激を飛ばしているような場合。

これは夫婦喧嘩で鍛えた英語がかなり役に立ちます。
夫もかなり口が立つほうですので、結婚当初は
なかなか反論できなくて、くやし涙を浮かべたり
していたものですが、最近では、言いくるめられる
までに成長しました(笑

夫は理屈っぽいので、議論をしていると、本当に
鍛えられます。・・・・というか、相手にせずに、
”右から左へ受け流せ”ばいいのに、ついつい
議論にのってしまう負けず嫌いな私の性格ゆえ、
というところも多いにあるのですが。。。

でもいいことばかりではありません。

やはり、良きにつけ悪しきにつけ、自分の普段の
もの言いが、ふとした時に訳に出てしまい、
反省することが、ちょくちょくここ最近ありました。

自分の夫の話を、おもしろ可笑しく話していた
アメリカ人女性の

"my husband"  という言葉を、

”うちの旦那”と思わず訳してしまったり、


"○○がナンだって言うんだよ!"と吐き捨てるように
おっしゃった部長の言葉を

"What the hell with ○○!" 

とすごく下品に訳してしまい、隣で聞いていた
シンガポール人3人を一斉に笑わせたり。
あわてて訂正し、謝りました。

気分を出そうと工夫しすぎるのも、程度をわきまえなければ、
と自戒しています。

にほんブログ村 英語ブログへ



スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
ついつい・・・
真剣なお仕事の話しを笑ってはいけないのでしょうが、思わず笑ってしまいました^^;。
日本語でも、敬語などは常に意識していないととっさに出てこないですものね。以前モノを書く仕事をしていたことがあり、媒体によって言葉を選ばなければならないときは、なかなか切り替わらなくて苦労しました。
相互リンクありがとうございました!
当方のブログにもリンクさせていただきました。
こうしてプロのお話しをうかがうのは学習を進める上で励みになっています。これからも楽しいお話し、たくさん聞かせてください。
【2007/07/01 21:56】 URL | reason #-[ 編集]

reasonさん
いえいえ、笑って頂くのが正しい読み方ですよ。
あんまり固い話をするのは、私の性に合わないので、面白いなぁ、と思ったことをなるだけ書くようにしています。でも、仕事はもちろん真剣にしているんですよ。
リンクの件、こちらこそ有難うございます。
どうぞよろしく。
【2007/07/01 23:20】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/285-f535c826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)