FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



小学校の英語教育について
「 日向清人のビジネス英語雑記帳」さんの
”「どうする 小学校の英語教育」を観て” 記事を読んで、
小学校からの英語教育について、良いのか悪いのか、
考えていたのですが、今日お仕事で随行したファンドマネジャーの
女性の話を聞いて、答えが出ました。

彼女は香港出身のChineseの方だったのですが、14歳の時に
香港からイギリスに渡ってそちらで教育を続けられたそうです。

当時、香港では学校教育はすべて英語だったそうで、
口頭でのコミュニケーションはほとんど問題がない状態で
行かれたとか。

ただ、イギリスの英語の先生に、英作文の力が不足しすぎている、
と言われ、特別授業を受けて、スペルから、文法から、書き言葉と
しての英語を叩き直されたとおっしゃっていました。

彼女いわく、「学校で、数学とか科学とか、歴史でさえ、
授業の内容さえ分かって、意見が言えればそれでよかったから、
英語を書いて表現する能力がからっきしだったのよね。。だから
イギリスに行った当初は大変だったわ。」

そこで、英作文の力を、口頭のコミュニケーションと同じレベルまで
引き上げるのにどれくらいかかったか尋ねました。

どれくらいだと思いますか?

たった2ヶ月だったそうです。

やはり小学校で会話力からやって、その後英作文なり、
文法なり、読む力を養う、というステップで良いのではないか、
と思わされました。

日向さんが指摘されたとおり、私も通訳で、本当に耳が痛いのですが、
たたき上げで英語をマスターした人は、つい自分がやった方法のみが
ベストだ、と信じてしまうことがあります。

私自身そう思っていたところがあったのですが、
オーストラリア人の夫が、ゴリゴリの「座学」をしなくても、
日常会話をそれなりにこなせるようになったのを見て、
それ以外の方法でもマスターできるんだ、と思うようになりました。

小学校からの英会話でいいと思います。


にほんブログ村 英語ブログへ




スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
TBのお礼
ビジネス英語雑記帳の日向でございます。TB、ありがとうございます。考えてみると、現場で働いている英語のプロで、小学校からの英語に反対している人は少ない気がします。早期教育の必要性、実効性を肌で感じるからでしょうか。あと、filler words の記事、共感をおぼえました。これをご縁にどうぞよろしくお願いします。
【2006/09/02 05:09】 URL | 日向清人 #-[ 編集]

小学校からですかねぇ・・・やっぱり。
私は、なんとなく、必要になったらがっちりやればいいんじゃないの?って思ってました。
本人が必要に迫られなかったどうせ、身につくものじゃないでしょうってことで。

つまり、どちらかというと小学校英語反対派だったんですけど
こちらで紹介されてた日向さんの記事、それに続くコメントをさらりとを読んで
賛成でも反対でも、言い分はどっちも一理あり
むしろ早くに英語の洗礼をあびさせたほうがいいのかなぁ・・・・と傾きかけてます^^;

でもやっぱり環境なんでしょうかね。
我が家は、私が英語の仕事をしてるので、英語は当たり前に存在していて(特別なことではなく)、上の幼稚園年少児はNHKの英語番組をみて覚えたのか歌をふつーに歌って、UP、DOWNとかリピートして、「これはUPだよ!」とか言ってるんで、驚愕。
積極的に教える必要はないけど、普通に触れられる環境にいたほうがいいのでしょうね。
【2006/09/02 11:31】 URL | しるく #4zBbr7EE[ 編集]


日向さん、わざわざコメントありがとうございました。光栄です。こちらこそ、宜しくお願いします。
【2006/09/02 23:06】 URL | YJ #-[ 編集]


しるくさん、私も、本人がやりたければさせれば良い、と思うんです。あまり大人が加熱しすぎて押し付けるのは逆効果か、と。語学は好きな人には勉強も楽しいものですもんね。ただ、小学校からの英語教育に害があるのか、というと、そんなことはないんだな、と今回のことで思ったんですよね。しかし、やはりお子さんのお話聞いてると、楽しみながら吸収する、っていうのは、効果大のようですね。そういうのって、一度忘れても、大きくなってから勉強したときに、何らか助けになるような気がします。
【2006/09/02 23:11】 URL | YJ #-[ 編集]


小学校で英語を導入するためにただでさえ削減されている授業時間をさらにけずるのには不賛成です。日本語ができない子は大体英語もできませんし、さらに話す中身がないのにのりだけ良くてもしかたないな、とよく感じます。あいさつとか物怖じしないところは近年すっかり改善されてます。小学校で週に1回程度楽しく勉強することで英語に親しむ以上の効果を意気込むのはちょっと無理があるのではないでしょうか。実際大人には結構英語が必要な時代がすでに来てますが、だからといって子供たちに必要性をたてに強制するのには無理があります。目前の日本での生活には全く必要ない!という英語嫌いの生徒の主張ももっともです。だから中学高校で散々時間をかけているのに英語べたな日本人が出来上がるのだと思います。仕事で必要になったときにしまったと思うパターンでもそれで結構十分だと思うのですが。やる気のある子はもっと勉強し、特に必要ないと感じている子にはここまで強制しないでもっと別の勉強したいことをさせてあげたいと感じます。ちょっとずれました、ごめんなさい
It is disapproval to reduce the school hour that is reduced normally to introduce English in an elementary school more. The child who cannot speak Japanese cannot almost speak English and when there is no help for it even if only paste is good though there are not the contents to speak more, it is good and feels it. In late years it is completely improved at the time unless I am timid with greetings. It is pleasant around 1 time in a week, and, as for being determined by the above-mentioned effect to get close to English by studying, will not there be unreasonableness a little in an elementary school?
The times when good English is necessary for a real adult already come, but there is unreasonableness to force necessity on children lengthwise yet. I am not necessary for life in Japan of close at hand at all, and the claim of the student of the という Englishphobia is reasonable, too. Therefore English thinks that a Japanese is completed all over though I take time badly in junior high school Senior High School. I think that thus even patterns to think to have put it away when I was necessary by work are quite enough, but. The motivated child studies more and feels it when I want to let the child who feels it if not particularly necessary do that the distinction wants to study more without forcing it to here.
Slipped off a little; I'm sorry
【2008/01/09 17:45】 URL | aa #-[ 編集]

aaさん
コメントありがとうございます。

この記事の発端となったビジネス英語雑記帳の記事での論点は、小学校で英語を教えるのは、”英語をマスターする上で”、悪影響かどうか、という論点だったので、そこに絞って、この記事の論旨を立てています。元の記事によれば、小学校で日本語もマスター出来てない子供に英語を教えるより、中学から教えるほうが、より効率が良い、と主張する人に対して、そうだろうか、という反駁がありました。私自身、どうなのかなぁ、と思っていたところ、私の記事であげた人との出会いがあり、小学校から英語を勉強することで、”英語のマスターに”悪影響が出るということは無いと思う、という意見です。

英語嫌いの生徒さんの「実用性」の点については、歴史など他の教科も、そこまで生活に密着した知識というより、教養や知性、国の成り立ちを理解する・・・というようなタイプの教科に比べると、逆に英語のほうが、将来的に実用できる可能性は高いように思ったりもします。特に理系の場合。

ただ、他の教科の習熟度に悪影響が出るかどうか、というと、それは又別の論点で、おっしゃるような懸念や論旨もその通りだと思います。

しかし、今回の記事での論点は純粋に、「小学校から英語を始めることが、中学からやるより、マスターできにくいか、どうか。」という点だった、その点で、「別に早く始めるから、英語がマスターできにくくなるとは思わない」という一つの意見だということで、ご承知いただければと思います。

【2008/01/13 17:40】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


I think it’s a fair argument to suggest an implementation of foreign language education at an early stage, since mastering foreign language takes a lot of time, energy, and commitment in one’s own life. To make your English understandable to fill the minimum needs in communication, you need at least 2,500-3,000 hours of study to reach the beginner’s level (e.g., 550 or more on TOEIC, 2nd- grade on STEP English). The fact that current 6-year-study of English at mid-school and high school covers less than half of the hours explains an insufficiency of teaching load. Keep in mind that this is the just the beginner’s level, beginner’s.

To make your English practical and understandable in communication normally, you need to have an English proficiency of at least inter-mediate level (e.g., 800 or more on TOEIC score, certificate of semi-first grade in Step English). In order to reach this level, you need to study at least 2,000 hours if your English is the beginner’s level, and up to 4,000 hours if you start from scratch. This means that you’re gonna spend your time studying English at least for 3 to 6 years after graduating high schools or colleges. If you think you really want to make your English as communicative as your Japanese(first language) in communication, you need to have at least the upper level English proficiency (e.g., 930 or more on TOEIC, 1st Grade on STEP English, 105 or above on TOEFL iBT, etc.). To reach this level, you need at least 1,500-2,000 hours additionally to study English beyond the inter-mediate level. This will give you a lot of confidence and enthusiasm in English communication, although you still have a lot of rooms for improving your English.

In sum, we need to put an utmost commitment to acquire a particular level of English proficiency, because it takes at least 5 to 10 years of study to reach such level. And, there’s still a long way to go. Those who oppose to the implementation of teaching English at elementary school should keep in mind that THE VAST MAJORITY OF JAPANESE ARE FORCED TO START FROM BEGINNER’S OR ELEMENTARY LEVEL after graduating high schools or colleges, due to insufficient amount of teaching load, coupled with inefficacious teaching instructions at public school. Nothing is more piteous than seeing bunch of those running out of energy, after spending years and years passing the intermediate-level or above. “Studying English” is not a mere achievement of grabbing a brownie score in the exams, or mastering particular phrases and expressions on a particular field such as business English, news English, or conversational English. It requires more than the sum of those parts.

We should also remember that we human beings keep learning different things in different stage of our lives, no matter what language we speak, write, listen, and read. Learning English from an early stage of your age is quite different from learning English when you’re getting old. If you truly understand the importance of English as practical needs in communication, and its demanding commitment in mastering the language, why not start earlier?
【2008/04/29 03:33】 URL | English revolution #-[ 編集]


The detractors of introducing English at elementary school seem to beg the question by creating a tension between first language(Japanese) and the second/foreign language(English). So far opponents have not bolstered their argument that teaching English to pupils will negatively affect their Japanese. What's the difference between teaching English at an age of 10/11 and teaching English at an age of 12/13? If they insist that teaching English at 4th to 6th graders really causes the risk of affecting Japanese, they also need to prove why teaching English at the age of 12/13 does not affect students ordinary communication in Japanese. Otherwise, their argument remains dubious at best. Also, their assumption that those who are incapable of constructing Japanese sentences logically are also incapable of communicating in English, is derived from conventional cookie cutter- sentence-by-sentence follow-up translation. This explains how many of those claiming an “English teacher” are still blind to the fundamental difference between Japanese and English in terms of linguistic structure, attributes, grammar, collocation, semantic field, and frame of references.

【2008/04/29 17:11】 URL | English Revolution #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/27-cc9ca71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英語がすごくよかった

・・小学校英語か…・小学校英語・小学校英語・ 小学校から英語?・小学校で英語の授業・・・ 小学校で英語必修・小學校で英語は不要・小学校の英語教育・ 小学校の英語教育について ()小学校英語か…(塾講師(英語)が語る日常)中央教育審議会が検討 小学校がたくさん【2007/08/05 19:09】

英語のレス

□いアタマを○くする。 えいごベイシック スペシャルパックメーカー商品型番:HLN-240納期:お取り寄せ「□いアタマを○くする。英語Basicシリーズ」は、日能研が運営する英語教室「Dr.フォニックス・イングリッシュアカデミー」の監修を受けて作成された小学生向け英語学 小学校がたくさん【2007/08/21 19:47】

【決算セール中】アテイン(株) かぐや姫

商品名:かぐや姫のボキャブラリー英語 なんでもアルファベット発売日:1997/06/13メーカ名:アテイン(株)定価:7980サイズ(mm): 横x202 奥行x240 高さx38重さ(g): 544対応CPU:対応OS:Windows95/Mac必要メモリ:必要HDD容量:メディア:CD-ROM商品特徴:ビジ 小学校の極意【2007/08/25 12:12】