FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



よしもとばなな
先日、出張の際に、フラリと入った空港の本屋さんで、
よしもとばななさんのエッセイを手に取りました。

「子供ができました」というタイトルの本で、
彼女がウェブサイトに綴った日記をまとめたものです。

やはり文章が優れていて、読みながら笑ったり、
共感したり。もちろん、彼女が有名な作家さんだと
いうこともあるのでしょうが、やはりうまい文章で
綴られた日記は、面白いものですね。

帰ってきてから、昔読んだ、彼女の文庫本を引っ張りだして
きて読みました。

若かった頃は、彼女の本はなんとなく薄味な感じがして、
あまりハマらなかったのですが、読み直してみると、
本当にはかない、一瞬の情景のきらめきのようなものが
とても精緻に捉えられていて、驚嘆しながら、そして
とても味わい深く読みました。

あまりにも日本語で綴られる、日本の情景や感覚が美しかったので、
これが英訳ならどうなるんだろう、と気になって、
アマゾンで購入することにしました。

Goodbye Tsugumi Goodbye Tsugumi
Banana Yoshimoto (2003/06)
Grove Pr

この商品の詳細を見る


本のカバーも何やらいい感じです。
中身拝見が出来る本だったので、少し読んでみましたが、
よしもとばななさんのさりげない、口語的な語りを
なかなかに上手なトーンで再現している印象を受けます。

これは、会話的な英語を身につけるにも、役に立ちそう。

届くのを楽しみに待って読み出したいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

YJさんの日記も、とても素敵な日本語で、いつも楽しませていただいています(^^)
きっと頭のいい方なんだろうなと、羨ましく思っています。
英語ネタばかりにならないかもしれないと気にしておられましたが、YJさんの日記なら、英語ネタ意外のことでもとても楽しい日記になると思います。(なんて言ったらプレッシャー?)
吉本ばななさん、私もちょっと軽いのかな、という印象で、まともに読んだことがなかったのですが、俄然興味がわいてきました。時間ができたら私も日英両方読んでみたいです。
【2007/05/19 23:31】 URL | 絶対大丈夫 #-[ 編集]

絶対大丈夫さん
なんだかスゴイ誉め言葉を有難うございます。
大阪弁で書くとホントはもっとスゴイことになると思います(笑 でも、通訳としては、標準語を鍛える必要があるので、とっても嬉しいです。

とはいえ、大阪では、少し大阪弁を交えたほうが、うまくいく商談もあったりします(笑

よしもとばななは、私も昔は軽いとか、薄いとか思っていたのですが、「郷愁」という感情が分かる年代になると、全然印象が違う本で、彼女の若いときからの精神の成熟ぶりに、ただただ驚いています。
【2007/05/20 10:01】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


はじめまして。
知的でユーモアあふれるYJさんのブログ、楽しみに読ませていただいています。
少し前に書いていらしたチャンドラーの記事の中で、「チャンドラーを読みながら、よしもとばななに浮気したりもしました」というようなことを書いていらっしゃいましたよね。バリバリの通訳さんでも・・・と思うと、なんだかほっとしました。(すいません)
私もよしもとばななは、かるーく思えて(完全に自分のことは棚に上げてます)全然興味なかったのですが、YJさんの記事を読んで、是非日英の読み比べをしてみたいと思いました。
YJさん、、英語学習者なら誰もが憧れる、通訳のお仕事のお話など、これからもたくさん聞かせてくださいね。
【2007/05/20 17:09】 URL | ももしっぽ #-[ 編集]

ももしっぽさん
コメントありがとうございます。
いやぁ、本当にお恥ずかしい話ですが、
英語の本というのも、バイオリズムが外れると
なかなか読みづらかったりします。他の通訳さんは、もっとプロ根性バリバリかもしれないですが、私は、「人情派」ということで。(単にだらしがない、とも言います(笑)

本や映画の印象って、年を追うごとに変わりますよね。自分もちょっとは成長しているのかな、
なんて思います。(退行しているだけ、ということではありませんように、と強く願う次第です。)

これからも宜しくお願いいたします。


【2007/05/20 18:04】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


本というのはその時点で自分が受け入れるかというのに影響してきますよね。だから面白いのかもしれません。
この頃は読みたいと思う本がありながら、なかなかじっと座って本を読むという行動自体に移れない自分です。ww
【2007/05/20 20:24】 URL | ララ #-[ 編集]

ララさん
そうですよね。arty な映画とかで、すごく評判が高いのに、ぴんと来なかったときは、
「感受性低し!」と宣言されたようで、自分にがっかりです。でも、背伸びをしても仕方ありませんよね。。
分かりますわ~、読みたい本があるのに、行動に移れないっていうの。。。なんなんですかね、あれは。今、英語の本がその状態です。。通訳なのに、いいのか、これで、と思いますが、今は「日本語蓄積週間」としておきます。
【2007/05/20 22:07】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/260-03bf6076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)