FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



"I agree."をどう訳すか
"I agree."

つい、言葉に引きずられて、同意します、と訳すことが多いのですが、
大体の場合は、「私もそう思います」とか
「そうですね。」くらいくだけた訳のほうが
しっくり来る場面も多々あります。

逆に、「私もそう思う」、と言いたいときに、

日本語ネイティブの私達は、つい
"I think so too."と言ってしまいがちですが、

"I agree."でも、シャープな感じで良いと思います。

通訳の仕事の質を左右するのは、いかに文脈に合った、
日本語(英語)らしい訳を出せるか、ということです。
(もちろん、内容が正しく出せたその上で)

その辺に年季が出るし、また、そこを工夫できるところに
面白みがあります。

先日
(意見の衝突があって)
"There's a friction in my department."と
現場で出てきました。

「部署内に摩擦がある」というのが一番に頭に浮かんだ
訳でしたが、話の筋から判断し、

「部署内で、軋轢が生じている」と訳しました。

帰りに和訳辞書で、「軋轢」を引くと、ちゃんと
frictionと出てきたので、電車の中で小さくガッツポーズ!

本当に、些細なことなのですが、こういう自己満足的な小さな喜びが
通訳の日々の努力や勉強のご褒美の一つです。

英語も、日本語もそれぞれにキャリアを積むに従って
磨いていく努力をするわけですが、日本語はやはり
母国語だけあって、工夫の仕方がいろいろあり、また
前進していることが、自分でもつぶさに分かるのが
楽しいのです。

ここ最近私が取り組んでいるのは、ムダのないコンパクトな
訳を出すこと、です。

ご存知の通り、文脈から類推できる場合、日本語は
主語を大抵省略します。

しかし、英語を聞いてから、それを日本語に訳す際、
英語に引きずられ、つい主語を入れたくなります。

「私はそうだと思います。」(I think so.)
「私が思うには、Aは正しいです。」(I think A is correct.)

あまり、「私は」「私達は」を連発すると、冷静になって
聞いてみると、とても押し付けがましい日本語に聞こえます。

通訳としてこなれてくると、その人になりきって、

「そう思います。」
「Aが正しいと思います。」

とさっくり訳せます。(主語が無くても明らかに聞き手に分かる場合)

簡単なようで、案外難しいんです、これが。
肩の力を抜いて、冷静にならないと、このさりげない
工夫が出来ないからです。

英語と日本語を訳す、というのは、本当に奥深い、面白い旅です。

にほんブログ村 英語ブログへ







スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/243-825cdb14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)