FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



carpe diem siez the day
carpe diem sieze the day

これを見て、ピンと来る人も結構多いでしょう。

そうです、映画「いまを生きる」の中に出てきた
一節です。

carpe diem の部分がラテン語で、英語で、
言えば、seize the day、その日を掴め ⇒いまを生きる
になるわけです。
carpe が掴む、diem が日、にあたるようですね。

この映画が出たのは、確か高校生くらいの頃で、
とても好きになって、何度も見ました。
中でよく引用されていたソローの詩を書き写して
手帳に入れて持ち歩いたりしていたほどです。

映画の中で自殺してしまった青年を演じた役者が、
最近話題の"House"というFoxテレビの医療ドラマに
出ているのをついこの間発見して、嬉しくもなりました。

さて、長い前置きになりましたが、何が言いたいかというと、

日当 という言葉を、英語(ラテン語からの転用)で、 
per diem というのです、ということです。

最初にこれを知ったとき、すぐに思い浮かんだのが、
前出の" Carpe Diem" で、

「ハハーン、一日あたり、っちゅーことやな。」と
ピーンときて、それ以来しっかり記憶されています。

映画でも何でも、好奇心を持って、いろんなことを知っておくと、
意外なところで役に立つなぁ、と思った出来事でした。

応援クリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ



スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

ロバート・ショーン・レナードですね。「いまを生きる」は、留学中に見て、英語はわからなかったところも多々ありましたが、ボロボロに泣きました。私もHouseで久しぶりに彼を見て、「老けたな・・。」が第一印象でした(笑)。

carpe diem=seize the dayは、この間久しぶりに見た「愛しのロクサーヌ」という映画でも使われていましたので、むこうでは、一般的な言葉なのでしょうか。
【2007/04/11 23:16】 URL | Sarah #BJtNO4pE[ 編集]


こんばんは。
UPマークが付いたので早速きました。
お引っ越し済んだのですね。お疲れさま。

ご病気でなかったこともわかり、また元気に英語のお話を読ませて貰えると思い、安心しましたよ。

「今を生きる」懐かしい。
でも、完璧に字幕を頼りに視ていたので、上の言葉には、全然気が付きませんでした。
per diem 一日あたり、日当ねぇ。覚えておきたいです。
【2007/04/12 00:41】 URL | リウマチばあちゃん #aeh.Xfw2[ 編集]


ロバートショーンレナード。どこかで聞いたことがあります。どこだったかな。今を生きるは見たことがないので他の映画で聞いた名前だと思います。
【2007/04/12 03:41】 URL | ララ #-[ 編集]


Dead Poet Society でした。
【2007/04/12 03:48】 URL | ララ #-[ 編集]


すいません、先ほどのDPSと書いた直後に気づきました。今を生きるが「Dead Poet Society」だったと。確かに彼自殺しました、そして詩がでてきます。見たことがないといいながら見てました。(汗)すいません。あれはいい映画ですね。
【2007/04/12 03:55】 URL | ララ #-[ 編集]

Sarahさん
そうです、そうです、ロバート・ショーン・レナード。確かにHouseで見たとき、私もちょっと老けたな、と思いました。その後、チラチラっと映画で見た後、全然見なかったので、俳優を続けてたんだなぁ、と嬉しくなりました。

「愛しのロクサーヌ」ってスティーブマーチンのでしたっけ。あの俳優さんの映画も好きなのが多いです。

cape diemって、よく分かりませんが、おっしゃるとおり、有名なラテン語の表現なのかもしれません。
【2007/04/12 09:43】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

リウマチばあちゃんさん
こんにちは。そうなんです、再開しました。
ぼちぼちやっていきます。来てくださってありがとうございます。

「いまを生きる」、本当に大分前の映画になってしまいまいした。
昨晩、「シザーハンズ」を見たのですが、
これも、10年以上前の映画で、確実に
年とってるなぁー、という感じです。
【2007/04/12 09:48】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

ララさん
きっと、アメリカにおられたときにご覧になったんですね。
私も、最初、「いまを生きる」の原題が、"Dead Poets Society"だと知ったときは驚きました。
英語のタイトルも素敵ですが、これは、とてもよい日本語のタイトルがついた映画の例だと思います。最近は、単純にカタカナにするだけ、というのが、あまりに多すぎる気がします。まぁ、アクション映画とかなら、別にシャレた邦題をつける必要もないと思いますが。。しかし、カタカナの氾濫で、メリットを享受している英語通訳はあまり批判をする立場にもありません(苦笑)
【2007/04/12 09:52】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/222-f36f4ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)