FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



When We Were Orphans 読了しました。
ようやく読み終えました。
今回は、なかなか集中できなくて、時間がすごく
かかりました。

When We Were Orphans When We Were Orphans
Kazuo Ishiguro (2005/03/03)
Faber and Faber

この商品の詳細を見る


上海で幼少期に両親が失踪し、その後英国に移り住んだ
クリストファー・バンクスが大人になって、両親失踪の
謎に迫るミステリー仕立ての小説です。

これからお読みになる方もおられると思うので、
あまり詳しい筋は書かずにおきます。

今回は、物語の世界にどっぷり浸ったり、主人公に感情移入を
することがなかなかできず、読むのに苦労しました。

何のことは無い、引越しの準備、仕事、また、病院通い
(検査だけで別に病気では無いのです)など、気持ちが
ザワつくことが多く、集中できなかったのです。

なので、あまり感想らしい感想は書けないのが本当の
ところです。

前に読んだ、Never Let Me Go や The Remains of the Day に
比べると、物語が多少荒いな、という気がしました。
しかしそれも、おそらく行間を読み落としているのだと
思います。

途中個人的にとても興味が惹かれたモチーフがありました。

クリストファーの上海時代の隣家の友人、アキラが、

「自分は十分に日本人では無い、そのことで、両親は
  自分に失望している。」と不安も漏らします。

クリストファーも、自分が十分に英国人では無いのでは、と
心配しだしたことがありました。

この辺りは、幼少の頃に長崎から英国に移り住んだ
カズオ・イシグロの当時の自身のアイデンティティーに対しての
揺らぎや葛藤という経験をもとに書かれたのでは無いかと思います。

物語の終盤、謎が解明されますが、かなり強烈な真相で、
結構驚いてしまいました。少し突飛すぎるのでは、と思った
程です。

とにかく、今回は、イシグロ作品に申し訳ない読み方をしてしまった
気がしています。
いつか、もう少し落ち着いたときに、もう一度読み直してみたいと
思います。

にほんブログ村 英語ブログへ










スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

読書って波にのるときとのらないときってありませんか?
読みやすい本でも体がうけつけていないときがあります。難しそうでもそのときは興味があってすらすら読めたりします。
わたしも最後にパトリシア・コーンウェルの本をよんでいらい彼女の本はしばらく読んでません。あと二冊残ってます。よまなければと思いながら。
【2007/02/28 10:29】 URL | ララ #-[ 編集]

ララさん
あります、あります。その通りです。
英語の本は得にそうですね。。
体調というか、気分でかなり左右されます。
やっぱり、読みたいときに、読みたいものを
読むべきですね。

【2007/02/28 22:43】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

読みたい気持ちに
私も落ち着いて、集中して読めない時ってあります。
それでも読みきってしまうYJさんは、スゴイ!

この本、最初にYJさんが、少し難しい気がする、と書いていたので、語彙力の乏しい私はなかなか手に取る勇気がありません(笑)本棚で待機中です。
もう少し「読みたい、読みたい」という気持ちが高まるのを待ってから読もうと思っています。

そうですか、ミステリー仕立てなのですね。
しかも結末が意外な展開に・・・読むのが楽しみになってきました。
【2007/03/01 17:10】 URL | リウマチばあちゃん #aeh.Xfw2[ 編集]

リウマチばあちゃんさん
本当に、気分が乗らないなら、一度ストップして、落ち着いてから読み直すほうがいいのになぁ、とは思うんですが、なんか性格ですかね。。

でも、難しい、と思ったのは、多分、本当に気が散漫だったからだと思います。読んでるつもりが、全然違うことを考えたりしていて、何度も同じ場所を読み返したりしていました。。

リウマチばあちゃんさんは、とてもたくさん読破しておられるからきっと大丈夫です。私のいい加減な情報に、どうぞ惑わされないで下さいね。。。
【2007/03/01 22:53】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

相互リンクの依頼
はじめましてデシベルと申します。私のサイトと同じく英語を取り扱っているサイトとして興味を持たせていただきました。
ぜひ貴サイトと相互リンクさせていただけないでしょうか。既に当サイトからはリンクさせていただきました。
もしリンク不可であれば、すぐに削除いたします。
リンクしていただけましたら、コメントの方に返事をいただければ幸いです。

サイト名:英会話の勉強法
サイトURL:http://eikaiwastudy.blog91.fc2.com/
リンク先URL:http://eikaiwastudy.blog91.fc2.com/blog-entry-18.html
サイト紹介文:英会話の効果的な学習法を紹介しています。英語の勉強に役立ちますよ!

どうかよろしくお願いします。

デシベル
【2007/03/03 19:14】 URL | デシベル #-[ 編集]

デシベルさん
相互リンク、もちろん大丈夫です。

ただ、最近私更新がすごく遅いので、
申し訳ないです。

ぼちぼちとでも続けよう、と思っていますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。
【2007/03/04 15:34】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/219-53681f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)