FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



filler word の効用
filler word というのは、
まさに言葉の間をfill, 埋める言葉で、

日本語で言えば、

「ということで・・・」
「まぁ、実際のところ・・・」

といったものです。
いわゆる、間もたせの言葉ですね。

ギャルの場合は
「・・って言うかー、」といったところでしょうか。

英語でも、同じような間もたせの言葉、filler wordを
使い、ペースをとりながら、考えを言葉にしていく訳ですが、
緊張したりすると、ネイティブでも連発する人がいます。

別に、基本的なことでもないのに、ずっと
"basically,"から話を始める人。

「ま、実質、・・・」てな感じで、
"actually," ばっかり言ってる人。

"you know"を単語3つに一つの割合で挟まずには
話せない人。これ、まさに「って言うか~」、という
軽い感じに聞こえます。

(ドリームワークスの「森のリトルギャング」という映画を
ご覧になりましたか?ヘザーというオポッサムの
女の子、声をアヴリル・ラヴィーンがやっていたのですが、
you know, を連発、まさに「って言うか~」な話し方でした。)

まぁ、英語ネイティブの人だって、
言葉を選んだり、考えをまとめたりする
時間が必要ですから、こういった言葉を入れているのです。

私たちノンネイティブもfiller wordを適度に差し挟むことで、
自分の言いたいこと言うのに、言葉を選んだり、
文法をコントロールしたりする余裕が生まれます。

多用すると、みっともない英語になるので、
気をつけねばなりませんが、ちょっと話すのが楽になると思います。

The thing is, I find it easier to talk that way, you know..
with lots of filler words and the stuff, like, basically,
I am not a native speaker,you know.


↑ 
これは、やりすぎ、悪い例です。(笑)


にほんブログ村 英語ブログへ

 






スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/21-f4069fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)