FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



歌と踊り
洋書を読みながら、イディオムなどをメモっているのですが、
1冊だけじゃなく、2冊目、3冊目と同じ表現が出てくると、
「あ~、結構よく出るんだ。メモっててよかった。」と
嬉しい気持ちになります。

今読んでいる"The Remains of the Day"でも、その前に読んだ
"False Prophet"で出てきた表現がまた出てきました。

ロサンゼルス警察と、1920年代のイギリスの上流社会、と
二つの全く違う設定で、同じイディオムが使われている、
というのも、なかなか乙なものです。

song and dance

というもので、まぁ、歌と踊り、なわけですが、意味合いとしては、
大騒ぎとか、大げさでいんちき臭い説明
というところです。

動詞と合わさった慣用表現もあります。

make a song and dance
騒ぎ立てる、大騒ぎする

go into one's song and dance
ごたくを並べる、くどくどと言い訳をする

六カ国協議が進んでいる中、なんだか使えそうな例文が
スペースアルク英辞郎にありました。

He went through a lot of song and dance
        before he signed the agreement.

その協定に調印するまでに、彼はさんざんごねた。

ミュージカルがある国の人達の表現なんだなぁ、と
勝手に思って納得しています。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ





スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
はじめまして。
以前からちょくちょく覗かせていただいています。何よりもYJさんの英語の素晴らしさに感嘆するばかりで…。私も海外経験はアメリカに10ヶ月ほどしかないのですが、まだまだ基礎が抜け落ちているのと表現力の乏しさが悩みです。
これから本格的に翻訳の勉強をしようと思っているので、今後もこちらのブログを参考にさせていただきますね。英語の全体的な能力を上げる上で、何か効果的な勉強法がありましたら是非紹介して下さい。私も先日The remains of the dayを読み終わったので、思いきってコメントさせていただきました。私にとってはちょっとスローなお話でしたが(時代背景や舞台の好みの問題もあるかもしれません…)、次はより期待しているNever let me goを読んでみようかと思っています。
【2006/12/19 23:44】 URL | Kayo #rBOD4LfU[ 編集]

Kayoさん
こんにちは!コメントありがとうございました。
私も同じくアメリカに10ヶ月程度の滞在で、帰ってきても英語ができるようになったとは全然思いませんでした。やっぱり少なくとも2-3年いるのですかね。。
日本で通訳学校に通うようになってからのほうが、英語は伸びたように思います。効果的かどうかは、分かりませんが、そのときにやってた勉強法をまた紹介しますね。
The Remains of the Day、今、楽しみながら読んでいます。でも、確かに、Never Let Me Goはミステリー仕立てで、ぐいぐい読ませるタイプです。また感想聞かせて下さいね!
【2006/12/20 11:44】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/179-bda79806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)