FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



八つ当たりする
少し前に読んだ、"False Prophet"、楽しめなかったのは
登場人物の人間的な未熟さも一因でした。

とにかく、人に八つ当たりが激しいのです。
でも、そのおかげで、「八つ当たりする」という
表現を覚えました。

take it out on someone

というものです。

"I know you had a tough day, but don't take it out on me." 
「大変な一日だったのは分かるけど、私に八つ当たりしないでよ。」


というような使い方をします。
口語的なイディオムだし、なかなか使い勝手がありそう。
今度、夫のグチがひどいときまで、この表現は大事に
温存しとくとします(笑)

この本は他にも、これでもか、という程、口語表現が
たくさんありました。

誰かを、OOするよう説得する/OOしないよう説得する
というのは普通の単語なら、

persuade someone to OO
dissuade someone from OOing


という言い方がありますが、口語的には、あまりこのような
カッチリした言葉は使わないようです。

talk someone into
talk someone out of


というのが、くだけた、ナチュラルな表現のようですね。

We talked him into going home.
「家に帰るよう彼を説き伏せた。」

We talked him out of going home.
「家に帰らないよう彼を説き伏せた。」


といった形で使えます。

intoとoutがついているので、雰囲気が掴みやすいです。
自然に口をついて出てくるよう、舌に染み込ませたい
表現です。

応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ


スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

はずかしいです!
私が夫に八つ当たりして、take it out on ---
を使う羽目になりました。

でも、仲直りもできましたが・・・。
【2006/12/27 10:40】 URL | Fumika #-[ 編集]

Fumikaさん
早速使える場面があって、良かったのか、
悪かったのか・・(笑)
仲直りできて良かったですね。
年末のこの忙しい時期、何かとイライラしてしまいがちですもんね。
連れ合いとは、お互い仲良く年を越したいもんですね。
【2006/12/27 16:44】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/177-06cad43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)