FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



悪魔の擁護者
先日読み終えた"False Prophet"で、前に現場で出た表現が
出てきました。

"play devil's advocate"

というものです。

devil's advocate の由来について、スペースアルク英辞郎で
良い解説が出ていたので抜粋します。

****************
<語源>
devil's advocate とは本来カソリックの用語で、
列聖調査審問検事(聖徒候補を検査する人)のこと。
そこから、比喩的な意味として、「難癖をつける者」、
「相手の言うことにいちいちけちをつける者」、
「あまのじゃく」を指すようになった。
****************

advocate というと、支援者、擁護者という意味があります。
なので、上記の由来の際、聖徒の資格を見極めるため、
悪魔の側に立場から、ひっかけ問題のような質問をして、
聖徒となるに真にふさわしい人物かを確認していたのでしょうね。

play devil's advocate とすることで、
「わざと反対の立場を取る」「あえて、難癖をつける」
というようなニュアンスの動詞になります。

これまたスペースアルク英辞郎の例文より

He's just playing the devil's advocate.
彼は(議論を盛り上げるために)わざと反対の意見を述べ
[反論し]ているだけだ。


これまでも、会話で数回聞いたことがある表現ですので、
知っていると、役に立つこともあると思います。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/176-1486ea61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)