FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



"False Prophet"読み終わりました
ようやく、ようやく読み終わりました!

False Prophet (Peter Decker & Rina Lazarus Novels (Paperback)) False Prophet (Peter Decker & Rina Lazarus Novels (Paperback))
Faye Kellerman (2005/12)
Avon Books (Mm)

この商品の詳細を見る


途中で何度投げ出そうと思ったことか。

正直私にはあまり合わないタイプの本でした。
英語は読みやすいのですが、どうも、セリフがくさいのです。
しかも、出てくる人物、特に被害者や加害者と思われる人たち
が、みな短絡的で、大げさで、薄っぺらで、読んでいても
なかなか感情移入が出来ません。

ロサンゼルス警察の刑事とその妻がこのシリーズの中心人物
なのですが、シリーズの途中の一冊を読んだこともあるのか、
彼らにも、あまり愛着が湧かずに終わってしまいました。

自分をプッシュしてプッシュして、ようやく読み終えて、
合わない本を読み続ける苦行からやっと解放されました。

途中で投げ出せばいいものを、しつこく最後まで
読み続けたのは、ひとえに私がケチだからです。
自分でも今回は驚きました、執念に。

洋書って高いでしょう?どうしても、自分が働いて出した
お金で、自分で選んで買ったのを、読まずに放り出す根性が
無かったのです。

物語は面白くなかったですが、英語は読みやすかったので、
最後まで読めば、何か学ぶ表現もあるかもと頑張りました。

一つ面白かったのは、主人公夫婦がユダヤ教の信者なので、
その文化が少し垣間見れたのが興味深かったです。
あと、最後に物語の中で出てきたチキンサルサのレシピが
付いていたのが、妙に嬉しかったです。早速明日にでも
作ってみるつもりです。

学んだ表現については、またおいおい紹介してみたいと
思います。

応援クリック頂ければ、励みになります。

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

こんばんは。
合わない本でも最後まで読み通す執念(?)は素晴らしいですよ!
忍耐力があるのですよ。
私は面白くないと思ったらすぐ投げ出し、です。
でもこれでも英語の本の方がしつこく読むかもしれません。(やっぱりお金がもったいない)
日本語の本は何冊投げ出した事か・・(苦笑)
【2006/12/15 00:52】 URL | リウマチばあちゃん #-[ 編集]

リウマチばあちゃんさん
そうなんですよ、日本語の本だったら、結構安易に投げ出すんです、私も。英語の本は、面白くなくても何か英語の勉強になるかも、という変な欲が出るんですよね。。難しすぎるときには、案外さっくりあきらめられるんですが。。

でも、今回は、本当にストレスの溜まる一冊でした。。

【2006/12/15 18:08】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/173-a894ba7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)