FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



カジノロワイヤル
昨日は、夫の日本語能力試験3級の試験でした。
試験が終わった後、お祝いに映画を見に行きました。

ありがちですが、彼は007の映画が好きなのです。

私は、最近のは、ストーリーも悪役も、あまりに
チャチなような気がして好きではなかったのですが、
今回は彼のお祝いなので、譲って一緒に見ることにしました。

でも、付き合いで行ったにしては、随分と楽しむことが
出来ました。

今回の新しいボンドは、シリーズ初の、「金髪で青い目」
のボンドだそうです。

そう言えば、振り返ってみると、歴代ボンドは、
割と黒とか茶色の髪の人が多いですね。
ロジャー・ムーアはちょっと髪の色が明るかった
印象ですが。。。

とにかく、今回のボンド、これまでのとっても
スマートなボンドに比べて、男臭くて、生身の
存在感があり、私はとても気に入りました。

ストーリーや演出も、ここ何年かのものに比べて、
グッとハードボイルドで、落ち着いた感じ。

ポーカーゲームのシーンがかなり長かったのですが、
もう少しルールが分かれば、そのシーンをもっと
楽しめたかと思います。

これなら、次作も期待できそうです。

ちなみに、ジェームス・ボンドのお決まりの文句、
ご存知ですか?マティーニを頼むとき、決まって、

"Shaken, not stirred."

と注文をつけるのです。

今回も、カジノのバーでバーテンダーが、

"How do you like it, shaken or stirred?"

のようなことを聞いていたのですが、なんと、

"Do I look like I care?"

と返していました。ジェームス・ボンドが、冷徹な
諜報員になる前のエピソード、という今回の映画でしたので、
次作で、なぜ、"shaken"にこだわるようになったか、謎が
明かされるのかもしれません。

男臭いくて温かみのあるボンド、一見の価値あり、
だと私は思います。(彼の美しい体も!)

応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ





スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
はじめまして
北米でも、いろいろなレビューで、新しい007は好評なので、ぜひ見に行きたいと思っています。
【2006/12/05 03:18】 URL | MiKa Art #HKRQfE4I[ 編集]

Mikaさん
コメントありがとうございます。
そうですか、北米でも好評ですか!
なかなか魅力的に出来ていました。
【2006/12/05 06:37】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

Mikaさん
コメントありがとうございます。
そうですか、北米でも好評ですか!
なかなか魅力的に出来ていました。
【2006/12/05 06:37】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/161-647b02c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)