FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



金太郎飴
先日、どなたかへのコメントのお返事で、この
金太郎飴」なる表現を使いました。

これは、通訳の現場でもたまーに出てくる表現です。
ご存知の通り、どこを切っても同じ、代わり映えの
しない、という意味です。

金太郎飴」というのは、日本独特のものですので、
英語圏でのcounterpartを探して対処します。

それが

cookie cutter

です。
クッキーの型抜き器ですね。

「これじゃまるで金太郎飴みたいなマーケティングプランだよ。
製品ごと、ターゲットの客層ごとにマーケンティング戦略は
変えてきかなきゃダメだ!」

というような話の場合:

"It's like a cookie-cutter marketing plan. We should
change marketing strategies by products and target customer
segments."


くらいになるかと思います。

こんな風に、日本独自のものを使ったレトリックでも、意味が
分かれば、英語圏の中で呼応するモノを使って対処が出来ます。

ただ、日本古来のものを使った表現で、意味すら分からないものに
出くわすことがあります。

以前、重機のメーカーでこんな表現に出会いました。

「ふんどし分析」

同時でやっていたので、「ふんどし分析って何ですか?」
と聞くことも出来ず、苦し紛れに、

"Fundoshi analysis, Fundoshi is the Japanese traditional
underwear for men. It's made of a long rectanglular piece
of cloth and it hides men's important part."


ここまで言ったところで、もちろん、聞いているアメリカ人は
ドッと笑ってしまっていました。多分、最後の、「大事なところを
隠す」が余計だったのでしょう。

私としては、あの細くて長い、というふんどしの形状が、分析方法
と関連しているのかと思っての訳だったのですが。。。

その後、意味を聞く機会もなく、自分でいろいろ調べてはいるのですが、
まだ、「ふんどし分析」というのは、どんな分析法なのかは
謎のままです。

どなたかご存知でしたら、ご一報下さい。

応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

YJさん,今日も役立つ情報をありがとうございます。
"cookie cutter"ですか。お菓子つながりなところが,ちょっと不思議で面白いですね!

また楽しみにしてますっ!
ヾ ^_^
【2006/11/27 22:42】 URL | ハリー #-[ 編集]

内輪の言葉?
またまた難しい言葉に遭遇しましたね!

私はいま建設業界で働いていますが、「ふんどし分析」なんて奇怪な言葉を聞いたことがありませんね~。重機業界のかなり狭い範囲で使われている言葉でしょうか?ひょっとするとその重機の会社で使われている仲間内の言葉(Company's Jargon)かもしれませんね。

そのような特殊な言葉を突然使われたら、英語への変換は難しいでしょうね~。
【2006/11/27 23:48】 URL | かいちゃん #-[ 編集]

ハリーさん
こんにちは。

そういえば、お菓子でつながっていますね。
言われるまで気がつきませんでした♪

【2006/11/28 09:26】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

かいちゃんさん
こんにちは。

そうなんです、私も多分、そんな気がしています。
それにしても、すごいネーミングですよね。
【2006/11/28 09:27】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

初めまして
アメリカ在住、いちろうといいます。
YJさんのエントリー面白く一気に読んでいたら、2006年版までさかのぼりました。

”ふんどし”分析とは、”他人のふんどしで相撲を取る”とありますので、”他人の成果を利用した分析”、即ち借り物の分析だと思います。「もっと自分で調べて、自分の意見の入った分析をしなさい」という意味だと思います。

以下は当方であった実話です。
”ゆるふん”と言う言葉があります。”ゆるふん予算”等に使いますが、少し低めの(緩くふんどしを締める)予算を立てておき、実行段階で苦労なく達成させる、といういわば禁じ手です。
当方の会社の幹部がアメリカ工場に来て、講話をしたときに、いままでよどみなく訳していたバイリンガルの通訳さんがこの言葉で、ハタととまりました。
通訳さんの苦労に思いをはせた瞬間でした。
【2008/07/07 09:03】 URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]

いちろうさん
「そっかー!!」と思わず声に出してしまいました。今日のこの日まで、ずっと謎のままだったのです。嬉しい!有難うございます。
「ゆるふん」というのも、聞いたことがありませんでした。でも、今度出てきたら、おかげで対処できそうです。ブログをつけていると、こうやって、思いもかけない形で、お答えを頂けるので、本当に嬉しいです。有難うございました。
【2008/07/07 22:04】 URL | YJ #1pc8zkKM[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/155-7fff0973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)