FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



When Harry Met Sally
先週末から、我が家にはなぜか、ビリー・クリスタルブームが
到来しています。

アカデミー賞の名司会ぶりなどを、YouTube などで見て、
夫と笑い転げています。

今日は、"When Harry Met Sally" を見ました。
邦題は確か、「恋人たちの予感」でしたよね。

この映画が出てきたときは、私はまだ高校生で、
恋愛もあまり経験がなく、見て面白いとは思いましたが、
内容を全部は分かっていなかったんだと思います。

今晩見てみて、改めて感じ入るところもあり、
分かるユーモアやせつなさもありで、とても楽しめました。

メグ・ライアンも若くてとても素敵だし、
ビリー・クリスタルも、ほんとにチャーミングです。

私は個人的には、彼はあごひげがあるほうが素敵だと思います。

最近の彼の映像を見ると、少し太って、ヒゲもなく、
髪はチリチリで、なんだか、少しオバさんっぽくなって
しまっていました。
やはり、この映画の彼は、特別に素敵なんだと思いますね。

サントラも持っていますが、音楽も、映像も、シナリオも優れた
素敵な映画です。英語は・・・早かったです。

恋人たちの予感〈特別編〉 恋人たちの予感〈特別編〉
メグ・ライアン (2002/02/08)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


私もこの映画好き、という方、クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

When Harry Met Sallyは、私にとっては淋しい映画です。英語で理解しているか否かがハッキリ分かれる映画の一つだと思うんですよね。
私も最初に見た頃はまだそんなに理解できてなかったせいか、つまんない映画だなぁと思って見てたんですが。。。
例えばビリー・クリスタルが、"So, you were going to be gymnast." と言うところで、大抵大爆笑してしまうんですが、字幕で理解している人は誰一人として笑いません。ちょっと淋しくなりますね(^^;
【2006/11/18 04:12】 URL | Mojo #-[ 編集]

Mojoさん
かく言う私も、昨日のは字幕が無いのだったので、ところどころ、「え?今何って?」と夫の邪魔をしながら見ておりました。

でも、確かに、コメディは字幕では伝わらないものが多いですよね。確かに映画館とかで、自分達だけ笑っているのも淋しいし、外国に行って、みんなが笑っているのに、自分だけ笑えないのも淋しいですね。一番好きな分野なので、せいぜいもっと修行するとします(笑)
【2006/11/18 10:42】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


こんばんは。
「職業病」の記事で笑わせて頂きながら、こちらにコメントさせて頂きます。私は、よくヘンテコな日本語使ってしまい、自分でツッコンでしまいます (^_^;)
英語ジョークは、とても難しいです (;_;)。CNNの「Daily Show」は、ボーッとしている間に次々と話が進んでいきます (T_T)
「恋人たちの予感」の原題が"When Harry Met Sally" とは知りませんでした。ぴったりのタイトルという印象を受けました。この映画が出た時は、すっかり、しっかり大人でした (^_^)
【2006/11/18 20:40】 URL | タロー #-[ 編集]

タローさん
こんばんは。コメント有難うございます。
じゃぁ、タローさんは私より、先輩ですね♪

確かに英語のジョークは難しいですよね・・・。
現場では、冗談は正直やめてほしいと思ってしまいます。訳した段階で、全く面白くなく、「ふぅん。。。」みたいな空気が流れ、まるで私がスベったようになるのが、大阪人としては耐え難いものがあります。。特に、ダジャレ、あれはやめてほしいです。。。
【2006/11/18 22:07】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


おはようございます、YJさん。
最近、英語に触れれば触れるほど、楽しいことには変わりありませんが、英語の底深さを感じています。
例えば、本はもちろん、ネットのニュースや、映画にあるせりふにも、英和辞書(私は、悩んだときには、少なくとも2冊調べます)には載っていない用法、意味の語が結構あることに気がつきました。
それで、瞬時に反応されなければならない、通訳の方々の、勉強、努力はさぞかしだろうと、拝察しています。

ところで、私は英語に関しては、大好きというだけでブログを書いているのですが、もしよろしかったら、YJさんのブログを私のブログのリンク欄に加えさせていただいてもよろしいでしょうか?
前々から思っていましたが、躊躇していました。


【2006/11/19 09:34】 URL | Fumika #-[ 編集]

Fumikaさん
いつもコメント有難うございます。

辞書は、全くおっしゃるとおりで、載っていないもの、説明がイマイチぴんとこないもの、いろいろですよね。やはり辞書のタイプもありますしね。
私も仕事の準備をするときは、数種類の辞書と格闘しています♪

リンク、ぜひお願いします。光栄です。
【2006/11/19 10:20】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/143-ea6a2d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)