FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



擬音語か動詞か
洋書を読んでいて、思うのは、日本語は擬態語や
擬音語が多いけど、英語は動詞が多いなぁ、
ということです。

日本語なら、同じ「歩く」でも、その雰囲気を出すのに

ブラブラ歩く(する)
ふらふら歩く(する)
のんびり歩く(する)
よたよた歩く(する)
よろよろ歩く(する)
よちよち歩く

とか、いろいろと、擬音語・擬態語がありますよね。

英語だと、一言の動詞で、

stroll  ぶらぶら歩く、散歩する
amble  のんびり歩く、ぶらぶら歩く
saunter ぶらぶら歩く、散歩する
ramble ぶらぶら歩く、歩き回る
dodder よたよた歩く、よろよろする
totter  よたよた歩く、よちよち歩く、よろける
toddle よちよち歩く、よろよろ歩く

など、いろいろあります。
訳は全てリーダーズ英和辞典より。

実際には、似たような動詞でも、それぞれにニュアンスが微妙に
違うようなのですが、英英辞書を引いてみても、表現があまり代わり映えしません。
やはり、言葉が使われている文脈から判断するのが一番のようです。

こういった言葉の場合、英語を聞いて日本語にするのは
案外ラクです。ブラブラとか、よろよろ、という擬音語をを
つけておけばいいからです。

ただ、逆に日本語から英語にするときに、上にあげたような
動詞を知っているかどうかで、引き締まった文章になるか、
副詞一杯の長い文章になるか、の分かれ目になります。
同時通訳をする場合は、やはり、短い動詞一言で処理できるほうが
圧倒的に有利です。

応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

こんにちは。
毎日、YJさんのブログで英語の刺激を受けるのが日課になりました !
外国の方が日本語を勉強していて、やはり、擬態語や擬音語が楽しいようでした。そういえば、以前、英語にはないのかなと疑問だった時、onomatopoeiaや動物の鳴き声を習い、一応あるんだとわかったことを思い出しました。子どもさん用の感じなのですかね。
「動詞を使いこなせるようになる」のは、遠いけど、ひとつの目標です。
【2006/11/06 12:33】 URL | タロー #-[ 編集]

タローさん
毎日見てくださってるとのこと、有難うございます。

そうですね、英語でも擬音語は確かにありますね。向こうのコミックなんかを見てみると、結構あるもんだなぁ、そして、音感って違うんだなぁ、って思います。
【2006/11/06 17:09】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

副詞副詞副詞副詞副詞副詞副詞
色付きの文字僕の英語は間違いなく副詞いっぱいです!
う~ん、勉強になりました。
【2006/11/07 21:45】 URL | SHU in CT #-[ 編集]

SHUさん
コメント有難うございます。

副詞がつい多くなるのは、日本語ネイティブの特徴のような気がします。私も、気が付くと、そういう傾向なので、動詞を意識して使うようにしています。
【2006/11/07 23:34】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/130-6d9b23ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)