FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



括約筋
英語の語源を見るようになったのは、
医学用語を覚えなければならなくなってからです。

医学用語は難しいです。
私は整形外科の先生と一緒に仕事をすることが
時々あるのですが、骨の名前って、ため息が出るほど
たくさんあるのです。椎骨(vertebra)一つとっても、
その出っ張ったところ、ヘッコンだところ、それぞれに名前が
あります。

「そっちの窪み」「あの出っ張り」じゃダメなの~?
と思うのですが、やはりダメなようです。

ラテン語が語源になっている言葉も多く、
一旦ルールを覚えてしまうと、新しい言葉も
その応用で少しは効率良く覚えられるので、
語源を見るクセが付きました。

表題の「括約筋」、管や穴などをキュッと閉める働きをする
筋肉の総称ですが, constrictor という言い方と、
もう一つ、sphincter という言い方があります。

constricter は constrict (圧縮する、収縮する)から来ていますが、
sphincter の由来が面白いのです。

ギリシャ語の スフィンゴ、という言葉が由来で、
なんと、ギリシャ神話のスフィンクスを指す言葉だそう。

「朝は四本足、昼は二本足、夜は三本足、それは何か?」
という謎を通りかかる旅人にかけ、解けないものを絞殺した、
ということから、「締め付ける」という意味に転じた、
という一説があるそうです。

スフィンクスはエジプト発祥で、「シェスプ・アンク」(王の生ける彫像)
というエジプト語が訛ってギリシャ語のスフィンクスになった、
という見方も多いそうです。

さて、この興味深い由来、私が一から調べたわけでなく、
この本からの抜粋です。

肉単―ギリシャ語・ラテン語 肉単―ギリシャ語・ラテン語
原島 広至、河合 良訓 他 (2004/09/30)
エヌ・ティー・エス

この商品の詳細を見る


体の部位ごとに、日本語と英語、そしてその語源が興味深く
紹介されており、とても重宝しています。
有難いのが、日本語に読み仮名が振ってあるところ。
医学用語は難しくて、読めないものもたくさんあるのです。

このシリーズは大好評だそうで、他にも、骨単、脳単、臓単が
あります。医学英語に興味のある方、お奨めですよ。

骨単―ギリシャ語・ラテン語 骨単―ギリシャ語・ラテン語
原島 広至、河合 良訓 他 (2004/04)
エヌ・ティー・エス

この商品の詳細を見る
脳単―ギリシャ語・ラテン語 脳単―ギリシャ語・ラテン語
原島 広至、河合 良訓 他 (2005/04)
エヌ・ティー・エス

この商品の詳細を見る
臓単―ギリシャ語・ラテン語 臓単―ギリシャ語・ラテン語
原島 広至、河合 良訓 他 (2005/11)
エヌ・ティー・エス

この商品の詳細を見る


応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

医学用語はYJさんでも難しいのですかぁ。私が覚えらなくても当然ですねー。
実は私は医療系の学生だったりするんですが、sternocleidomastoid (胸鎖乳突筋) …これ覚えるのには苦労しました(^^;
しかしこんなのはまだ序の口で、『医学大辞典』を開くと、ワケのわからん単語がいっぱいで、気が遠くなりますi-241
【2006/10/30 10:52】 URL | Mojo #-[ 編集]


YJさん、Mojoさん、こんにちは。
ご紹介頂いたご本、是非購入させていただきまーす。
Mojoさんのように医療系の学生さんではないのですが、以前、医学翻訳コースの通信講座を修了しました。
ホントに、医学用語は発音が分からずスペルだけでうろ覚えが多かったので役立ちそうです!
【2006/10/30 13:27】 URL | タロー #-[ 編集]


本当に医学用語は難しいです。ご紹介されてる本の存在を知っていたらすごく役立っていただろうな、と思います。脳単、臓単が欲しいです。
機械とかテストとかの名前もややこしいです。たとえば、EEGとEKGですが、Eのほうがアルファベット陳列では先にくるので「頭」を調べるほうで、Kはあとでくるから頭より下にある「心臓」を調べるほう、と覚えました。。。(これは訳をするまえの問題ですが。笑)EEGとかEKGはそのまま英語でつうじるんですよね?

ところで、ブログもっていないんですよ。はじめようとは思っていながらも。作ったらお知らせします。その際にはぜひよろしくお願いします。
【2006/10/30 19:49】 URL | ララ #-[ 編集]

Mojoさん
「YJさんでも」、なんてとんでもないですよ!
どの分野でもド素人な私が通訳をやっているので、いつもいつも苦労ばかりなのです。

Mojoさんは医療系の学生さんですか、尊敬します。素人ながら、少し医療の世界を覗くと、
なんと興味深い世界なんだ、と思います。
【2006/10/30 20:25】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

タローさん
医療翻訳コースですか。なかなか面白そうですね。通信講座であるのなら、私も時間ができたらやってみようかな。。

医学のほうに特化すれば、翻訳のニーズもたくさんあるようです。私の友人が医療系のジャーナルの出版社に勤めていて、そう言っていました。 通訳より、確実に翻訳の仕事のほうが、職業としては長く残っていくように思うんですよね。。
【2006/10/30 20:27】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]

ララさん
ララさんも通訳されてるのでは?
いつものアカデミックなコメントといい、ただものではないとお見受けしております(笑)

EEGとか、EKGは、医療関係の人になら、もちろんそのまま通じると思いますよ♪

これまでのところ、EKG、よりECGのほうがよく耳にしています。

アクロニムで通じない人には、フルでスペルアウトして言っても、結局わからないこともあったりします。

【2006/10/30 20:30】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


こんにちは!
ここで私がコメントしていいのかしら?ですが、
語源については、興味がありましたので。

sphincter の語源は、怖いですね。謎解きに答えられなくて、絞殺されてはたまりませんね。

事後報告で恐縮ですが、私のブログで、YJさんのブログの内容を紹介させていただきました。一番最近は今月28日付けです。

ポチッも、忘れていません♪

【2006/10/31 15:41】 URL | hoo #-[ 編集]

hooさん
こんにちは。コメント有難うございます。

そして、ブログで紹介して頂いたとのこと、とても嬉しいです。有難うございます。

語源を知ると、単語って覚えやすいように思います。
【2006/10/31 18:08】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/121-ab590b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エヌ・ティー・エスについて-トラベルランナーズ

エヌ・ティー・エス株式会社エヌ・ティー・エス(NTS)は1979年創業の旅行会社。本社は東京都中央区築地。国土交通大臣登録旅行業第826号。創業時の社名は『日通トラベルサービス』。日本通運100%出資の子会社である。旅行会社向けの航空券販売が中心であるが、一般消費者向 トラベルランナーズ【2007/02/11 00:34】