FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ラクな仕事。
タイマーで記事のアップというのをやってみます。
うまく、いくでしょうか。9時に出れば成功です。

さて、楽な仕事、チョロい仕事、というときに、

cushy job なんていう表現があります。

リーダーズ英和辞典によれば、cushy の語源は、ヒンディー語で、
Khush (pleasantの意味) から来ているそうです。

イギリスがインドを植民地にしていた関係で、言葉が
混ざったのでしょう。

・・・話が終わってしまいました。

ということで、もう一つ、ちょっと面白みのある口語表現を。

生意気な、うぬぼれた、という意味で、cocky という言葉があります。

これは、確か "cats and dogs" とかいうアニメの映画で覚えました。

老犬が、若い犬に、 

"Don't be cocky." 


と言っていました。「図に乗るな。」みたいな文脈だったと記憶しています。

こういう口語の表現を覚えておくと、ちょっとコミカルな感じを
伝えたいときに、重宝します。

「田中さんが上司のときは、お前はホントに生意気だ!ってよく言われたんですよねぇ。」
なんて、回想的なお話、案外よく出てくるのです。

会議の場でも、冗談で場を和ませたいというニーズはあるわけで、
そんなときなら、多少言葉がカジュアルになっても、こういう
言葉を使うと、日本側の気持ちやトーンがよく伝わるように
思います。もちろん、声色やトーン、全て総動員して、ですが。

"When Mr. Tanaka was my boss, he used to say
"Boy you are so cocky!" all the time. "

応援クリック、頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ








スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

海外からお疲れさまです ! 「タイマーで記事のアップ」成功ですね (^_^)。
それにしても、英語はラテン語やギリシャ語からと、それでなくても語彙が多いのにヒンディー語からの言葉もあるんですね (ゼーゼー)。コツコツがんばりまーす。
それでは、お仕事大変かと思いますが、お体気をつけてくださいね。無事に帰国され、おみやげ話を楽しみにしています。食べ物はきっと楽しんでいらっしゃるのだろーなー…
【2006/10/24 22:27】 URL | タロー #-[ 編集]

タローさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。

私も、「え、ヒンディー?」と驚きました。
でも、この驚きって、何かを覚えるときに結構役立つので、語源を見るようにしています。

たいていその場で「へぇー」って思って、そのままま忘れてしまうんですが(笑)
【2006/10/25 07:37】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/115-75370de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)