FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



茶色い鼻
昨日の "curry favor with" の記事、本当は、今日の記事の
イントロのつもりだったのですが、語源の驚きが凄くて、
結局、イントロだけで、一つの記事になりました。

さて、昨日も書いたとおり、私は今ひとつこの

"curry favor with" の表現が好きになれずにいまして
(昨日で好きになりましたが)、現場で、「ゴマをする」
という時には、別の表現を使っていました。

かなりくだけた表現で、正式な会議などでは、
使えませんが、「ゴマをする」の意味で、

brown nose (動詞)というのがあります。

"He got his current position by brown-nosing his boss."

"He's such a brown-noser."


のように使えます。

しかし、このイディオムの由来が結構エグくて、

いわゆる、"kiss my ass!"などからの連想で、
人のお尻にキスをして、鼻がウンコで茶色くなる、
ということらしいです。

衝撃的にビジュアルが連想され、忘れたくとも
忘れられない、そんなイディオムです。

こんなお下品なのは、どうも・・・、という
方にはこんなのもあります。

boot-lick
lick someone's boot


これも、ブーツを舐める、ですから、視覚的
にすんなり入るイディオムですね。ただ、
かなりエグみのある表現でもありますね。

昔、吉田栄作のドラマで、女優さんが
「私の靴をお舐め!!」とかなんとかやっていたのを
思い出しました。確か、あれはシドニー・シェルダンの
小説がベースになっていたような。

上記と同じ例文にするなら、

"He got his current position by licking his boss's boot."

"He's such a bootlicker."


もうちょっとマシなのないんかい、という方、

apple-polishing などはどうでしょう。

これも、聞いたママ、リンゴを磨いてあげることで、
取り入ろうというものです。

"He got his current position by polishing apples for his boss."

"He's such an apple-polisher."


かなり口語で、カジュアルになりますが

"suck up"

という言い方もあります。動詞としても、名詞としても
使えます。

"He got his current position by sucking up to his boss."

"He's such a suck-up."


これは、最初のbrown nose と同じく、少し露骨な表現でもあり、
非常に口語的、かつ、多少乱暴な感があるので、
聞いて分かれば十分という気もします。

イディオムは、使いたいものと、聞いて分かるものに
分けています。

無理にイディオムばかりを詰め込んだ
話し方というのは、少し野暮ったい感じもするからです。
たまに、入れると、「お!やるな。」という反応が
ネイティブから得られますが、やりすぎると、
デイブ・スペクターのダジャレのような感じになる気がして、
気をつけています。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ




スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

使うなら"apple-polishing"にさせていただきます(^_^;)
「ごますり」自体、相手を少し軽蔑した言葉なので、ちょっと言いにくい悪い言葉を使ったのが多いのかなー。
『吉田栄作のドラマ』でそのセリフを言ったのは山口智子さんでしたっけ?
『デイブ・スペクターのダジャレ』…どんな感じか、すごく良く分かりました(^_^)
【2006/10/23 15:21】 URL | タロー #-[ 編集]

タローさん
吉田栄作のドラマ、そうなんですよ、山口さんか、それか、田中美奈子さんか、なんかその辺りの女優さんだったような気がします。

こんな古くてマイナーな話、通じてよかったです・・・(ホッ)
【2006/10/23 15:51】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/114-5cb18153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)