FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



カレーで取り入る?
ゴマをする、おべっかを使う、なんていう表現もよく現場で出てきます。

ゴマをする、で辞書を調べるとたいてい出てくるのが

curry favor with です。

私はこのイディオム、意味がさっぱり分からない上に
長くて使いにくいので、嫌いだったのです。なぜカレーなんだ、と。

しかし!
記事を書くからと思って、語源を調べたところ、
びっくりしました。

curry, はカレーのことでは無いのです!!

リーダーズ英和辞典を "curry" で引いてみると、
二つ出てきます。一つ目はもちろん、あの食べるカレー、
そして二つ目が、

「馬に毛すき櫛をかける。馬の手入れをする」という意味なのです。

思わず、「エッ!」と声が出てしまいました。
思い込みって怖い。

で、じゃぁ、なんで curry favor なの? favor って何?ってなりますよね。

もともとは、favel という言葉から来ているそう。
14世紀フランスの風刺物語集「フォーヴェル物語」の中の
半人半獣ケンタウロスのことを古いフランス語でfavelと言うのだそうです。

ケンタウロスは、ずる賢くて邪悪な生き物として描かれ、
機嫌を損ねないように、常に横に控えて櫛をすけるようにしたのだとか。
それが転じて、ケンタウロスに櫛をすく、が「ゴマをする、取り入る」
になったのだそう。

このfavor の語源については諸説あるようなので、興味のある方は、
こちらをどうぞ。(上の一説もここからの抜粋です。)


http://www.phrases.org.uk/bulletin_board/13/messages/1356.html


意味が分かったので、このイディオム、嫌いじゃなくなってしまいました。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

へ~~~!!そんな難しい語源だったんですね!
私もてっきりカレーだと思ってました。
知的でいいなぁ。次からそれ使います♪
ゴマすりの、apple polishing はいいんですけど、brwon-noseの語源がちょっと汚いので、どうも使いたくないんですよね(^^;

今日も勉強になりました!ポチッとしていきま~す。
【2006/10/23 10:29】 URL | Mojo #-[ 編集]

Mojoさん
今日のネタばらしちゃヤダー(笑)

でも、一応書いちゃいます。
得意の?下ネタですし。

いつも寄ってくださってありがとうございます!
【2006/10/23 11:01】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/113-ec256a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)