FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



"In Her Shoes"を読み終えました。
"In Her Shoes"を昨日の晩読み終えました。
おかげで今日は寝不足です。

In Her Shoes In Her Shoes
Jennifer Weiner (2003/01/06)
Pocket Books

この商品の詳細を見る


映画で内容を知っていたこともあり、
かなりラクに読めました。

二人の姉妹、そして訳あって幼少のころから
疎遠になってしまったその祖母、という三人の女性が
コンプレックスや失恋、悩み、後悔などから、少しずつ
再生をしていくお話です。

とにかく、ユーモアが効いていて、読んでいて楽しく、そして
せつない本でした。
主人公3人の心模様がとても細やかに表現されていて、
登場人物の多くをすごく好きになってしまいました。

特に映画でキャメロン・ディアズが演じたdyslexia (失読症)
のMaggieの役、本の中では、彼女の内面が少しずつ変わっていく
様がとても鮮やかに描かれていて、コンプレックスや悩みを
抱えたことがある人なら、とても共感できる、そして、彼女を
抱きしめたくなるようなそんな本でした。
とても好きになったので、本の終わりに彼女と会えなくなるのが
淋しかったです。

トニ・コレットが演じた姉のローズの恋人も、映画の俳優さんの
顔が浮かんだのですが、本でもとってもチャーミングで、
笑わせてくれます。

彼が、前の彼女と別れた理由が、ユーモアのセンスが合わない、
ということらしいのですが、こんなくだりがありました。

ローズが「彼女いたんじゃないの?」と聞いたのに答えて、
サイモンが言います。

"She didn't have much of a sense of humor..
well, I guess I just couldn't see spending my future
with a woman who referred to her period as the Crimson Tide."

これを読んで、私はサイモンには悪いんですが、大爆笑してしまいました。
”クリムゾン・タイド”って。
図らずも、今日も下ネタになってしまいました。

映画を見た、という方も、後半は随分展開が違いますので、
読んでみて損は無いと思います。

また、日常会話が満載で、微妙な感情や雰囲気を出す言葉が
たくさん学べます。私も、「あ!これ使える!」というのを
メモしました。また今度紹介したいと思います。

応援クリック、頂ければうれしいです。
励みになっています!

にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント
おひさしぶりです!
この映画、ずぅ~っと見たいんですけどなぜか見ることができないでいます。

レンタルやさんに行ったら、無い。
借りられてるんじゃなくて、無い。
もぉ。。。

なので、購入かっ!
原書も気になりますねぇ。。。。

原書を読んで、映画ってのも面白いかもしれませんね。初の試み♪

おっし!いっちょやってみよ♪

ひさびさのぽち♪
【2006/10/17 19:26】 URL | jerry #qbIq4rIg[ 編集]

お久しぶりです!
読みやすいので、お勧めですよ。
そうですね、本読んでから映画も
いいかも。
私は映画もとっても良い出来だったと
思います。

ポチ、有難うございます。
私も密かに押させてもらってます♪
【2006/10/17 19:48】 URL | YJ #/XhSoEu2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/107-4d55803e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)