FC2ブログ
関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



鼻で支払う?
ぼられる、という意味で、 "pay through the nose" という
イディオムがあります。

これ、以前はなぜ鼻から払うというのか、
まったく分からなかったので、使いにくかったのですが、
由来を知って、納得したので、使えるようになりました。

なんでも、19世紀のアイルランドのある税では、
払わなかった場合、鼻を裂かれたそうで、ここから
このイディオムができたそう。。痛々しいですね。

"I had to pay through the nose for a cup of coffee at the restaurant."

という例がアルク英辞郎に載っていました。

ただ、「ぼられる」という受身の表現ではなく、
法外な値段を支払った、という感じの表現ですね。

その点、スラングですが、 "rip off" という「ぼったくる」の意味の言葉を
使えば、「ぼられる」という受動も表現できます。

"I got ripped off at that antique shop."

こちらのほうが、「ぼられる」という日本語の受身の感じが
出て、いい易いかもしれないですね。

イディオムや表現でも、自分の感覚としっくりくる
ものを選んで使うようにすると、変な負荷がかからず、
ラクに話せるように思います。

良かったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ


スポンサーサイト




[PR] 台湾の中国語通訳なら


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://englishmaster.blog51.fc2.com/tb.php/100-a8ed6045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)