関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


とてもいい一日
今日も実家から仕事。

汐桜はずいぶんと祖父母にも慣れてきたよう。
出かけるときも、あまりなかなかった。

今日はIR。3年ほど前から、いつも指名して下さる
イギリスの投資家。

リピートで指名してくださる投資家、というのは、やはり
相性がよいので、私も好きな人ばかりだ。

1日一緒にいて、昼食も一緒に取ったりするため、実際の
スキルにあわせて、一緒にいて気が楽というのも、たぶん
指名するときの判断材料になるのだろう。

今日の投資家はかなりオジサンで、黙っているときは
すごく仏頂面なのだけれど、笑うと赤ちゃんのようにかわいい。
いつも通訳の状況にも気を配ってくれ、そして、いつも、
とてつもなくいい匂いの香水をつけ、たいそう素敵なネクタイをしている。

とても礼儀正しい英語を話す。

"Could you please improve my understanding on..."

なんて言い方を聞くと、あぁ、英語にも丁寧語、敬語に相当する表現って
本当にあるんだなぁ、と思う。

この人と行くと、どの事業会社の人も、にじみ出る人柄の良さに、
ちょっとトロけてしまう。本当に、英語が分からない方にも、この人の
チャーミングさがみるみる伝わるのだ。

今日行った先でも、みんなとてもニコやかに対応してくれた。
ある会社など、「これはあなただけに、特別に言いますよ。ほかの
人には言わないでくださいよ。」なんていって、オマケの情報を
話してくれた。

この人と仕事をすると、一日が終わるころには、気持ちが温かくなって、
ニコニコせずにはいられない心持ちになる。

チャーミングな人と仕事をする機会があると、

「通訳の仕事っていいなぁ!!」

と思う。

その逆だと、

「通訳の仕事って、辛い!!!」

と思うわけなんだけど。

スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


予行演習
週末、実家に汐桜と泊まりに行った。

来週から、夫が旅行に出るため、実家に2週間ほど
滞在して仕事に行く予定で、汐桜のためにも、自分のためにもと、
予行演習。

寝る場所が変わって、一晩中泣き叫んだ、なんていう他の赤ちゃんの
ホラーストーリーも聞くため、覚悟して行ったが、案外すんなり寝てくれて、助かった。

汐桜って、結構鈍い性格なのかも。

夜中三時ごろに、むっくりおきだして、珍しい部屋をハイハイで
探検しまくったり、私の顔をペチペチとたたいたりと、ひとしきり遊んで
その後、ミルクを飲んでまたねた。

私は完全な寝不足。

やっぱりレンタルのベビーベッド入れよう。汐桜の寝相、半端じゃない。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


好奇心あれこれ
汐桜、つかまり立ち成功!

座っていたな、と思って、目を離して次に振り返って見たら
リビングのコーヒーテーブルに掴まって立っていた。
テレビのリモコンを触りたかったらしい。

同じ誕生日の女の子達がみんなもう出来ると聞いていたので、
いつかな?と思っていたが、今日できた。

毎日、新しい発見があって、進歩があって。
赤ちゃんの毎日ってすごいな。

離乳食を口に入れるより、手で持って遊びたいのも、
感触を確かめたいんだろう。

「汚れるー」という大人の都合をぐっと飲み込んで、
できるだけ、その好奇心を満たす時間をあげようと思う。

好奇心といえば、ここしばらく、降って湧いたように起こっていた
歴史熱で読み始めた、田辺聖子さんの「新源氏物語」「霧ふかい宇治の恋(宇治十帖)」
を読み終わった。

新源氏物語 (上) (新潮文庫)新源氏物語 (上) (新潮文庫)
(1984/01)
田辺 聖子

商品詳細を見る
霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)
(1993/11)
田辺 聖子

商品詳細を見る


全般的にとても面白かった。

女性の人生が、自分の意思でままならないのが読んでいて、ちょっと
圧迫感があったり、途中から、友人の恋人を寝取ったり、寝取られたり、
「ビバリーヒルズ高校白書」みたいやな、と思うところはあったけれど。
途中から、光源氏の言い分に、

「もういいって。」
「勝手やなー!」
「どの口が言うかな、それ。」

などと合いの手を入れつつ読んだ。

特に面白かったのが、平安時代の政治の体系や天皇のポジション、
行事のあり方など。

大臣というと、単に"minister"の訳、くらいの認識しかなかったけど、
平安時代から、政治のトップの役職は大臣といったんだ、とか、

左大臣、右大臣、兵部卿、式部、など、いろいろその当時から、省庁が
分かれていた様子、天皇と政治が分かれていた様子などが分かって、
そこがすごく面白かった!


[PR] 台湾の中国語通訳なら


離乳食あれこれ
昨日は汐桜が11時半から朝7時半までずっと寝てくれたので、
助かった。これが続きますように・・・・。

休みなので、朝から離乳食を作った。マッシュドポテトなら、
甘みもあるし、喜んで食べるのでは、と思いきや、やはり
食べが悪い。

5さじも食べなかった。いつものヨーグルトに切り替えると、
現金なほど、食べっぷりが違う。それならば、とマッシュドポテトを
ヨーグルトでカバーして口に入れると、怪訝な顔をしている。
最後なんて、口に指を入れて、マッシュドポテトをかきだしていた。
そんなにイヤなのか~。

10時半ごろ、おやつにと、たまごボーロ。
初めてだけど、気に入った様子。シャクシャクと音が
なるのが楽しいのか、ほしい、ほしいという感じで
手を伸ばしてくる。食べてみるとすごく甘い。

やっぱり甘いのがいいのかー。どうしたもんかな。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


フロド
久しぶりに名古屋へ日帰り出張。

投資家と会社訪問。アメリカ人の若い男性。

長身、金髪、碧眼で、顔はイライジャ・ウッドにそっくり。
横顔見ながら、「フロド・・・フロド・・・」とつい思ってしまう。

会議中の質問もとても鋭くて、とても頭の回転の速い
賢い人だった。

でも、会議以外、全く無駄口を利かない。移動中、何度か
質問などして水を向けてみるも、聞かれたことにだけ答えて、
後はまた沈黙・・・。 息を吐くのが惜しいの??というくらい
ずっと黙っている人だった。まぁ、いいんだけど。










[PR] 台湾の中国語通訳なら


sad birthday
旦那が誕生日になーんにも用意をしておらず、
「だって、何がほしいか言わなかったじゃないか。」と
言われて喧嘩。傷つくなー。

さすがにまずいと思ったのか、翌日、お詫びの花束と
プレゼントを買ってきた。1日早ければ、100倍嬉しかったのに。

お詫びの花束は、「コテージガーデン」すなわち、
「山荘のお庭」のイメージで選んだそうなのだが、
文化の違いが悲しい、仏壇のお花なのだった

努力は買うが、ズレてるんだよねぇ。。。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


「魔法にかけられて」
映画館で見たかったけれど、汐桜が小さくて見にいけなかった
「魔法にかけられて」をDVDで見た。

ロマンティックで甘くて、好き~!久しぶりにこういうの見たなぁ。
主演の二人もかわいくて、思わず、今朝もう一度家を片付けながら
見てしまった。

もともとミュージカルも好きだし、いやぁ、ツボにハマってしまった~。
パトリック・デンプシー、ちょっとなよっとしたとこがまた良くて、
素敵だー。

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション
(2008/07/18)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る

[PR] 台湾の中国語通訳なら


おじさん
朝の通勤電車で、ここ1ヶ月で2回くらい目撃したのが、
混み合う電車の中、若い女性とおじさんが喧嘩してるの図だ。

おじさんも、ピリピリしてるし、女性もやっぱりピリピリしていて
見てるほうは、なんか叩き合いとかになったら怖いなーて
思ってしまう。

どうも、おじさんが悪気なく押して、むっとした女性が混んでるけど、
場所を詰めない、しばらく無言で押し合いした後、おじさんが切れる、
というパターンのよう。

私も一度、全然無意識だったのに、おじさんがずっとムッとして
いたらしく、持っていた車輪つきのコロコロバッグを蹴られたことが
あって、びっくりした。あたってたんだろう。普通に、「あたってるんですけど」
って言ってくれたら、謝ったのに。急に蹴られて、本当にビビった。

あ、思い出した、アメリカ人の投資家と電車で話してたら、座ってた
おじさんがすっごい怖い顔してこちらをにらんできたり、聞き取れなかった
けど、何か文句を言ってきた。大声でなく、普通の声で話してただけなのに。
あれは、理不尽ですごく腹が立ったなぁ。

おじさんでキレやすい人増えてる気がする。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


肉ハシゴ
朝5時起きで、6時に家を出る。

京都蹴上で投資家と落ち合いIRへ。
朝早くて辛かったが、ハイヤー付で、二時半に
終わったので、トントンということろ。

数年ぶりにお会いするフランス人の投資家。
美人とか、そういうタイプじゃないのだけど、
物静かで、それでいて、とっても思いやり溢れる
素敵ーな方。業界では有名人らしい。
フランス訛りはキツイけれど、いっしょに仕事を
するのが大好きな人。

何度もいっしょになっているからか、フォアグラの
缶詰を下さった。メルシー♪

本屋を帰りにぶらつく。IR用語関係の書籍を見に行ったが、
紀伊国屋にあったのがわずか1冊。気に入らなかった。

わんさかあるのが英語学習法の本。

平積みになったり、売れているとされている「必勝英語勉強法」みたいなのって、
本当に、本当に内容が薄くて、パラパラ見ていても、これでお金を
取るの~?と悲しいほど粗悪。

「英語が出来ると思い込むこと!」だって。

帰宅後、汐桜がカエルポーズをフルフルしながらしているのを見る。
ズリバイからの進化。日々筋肉がついているのだなぁ。
しかし、なんで携帯電話にそこまで目の色を変えるのか不思議。

最近の汐桜の流行は、立て抱きにすると、ジャバラ方式にたるんだ
私のお腹を縄ばしごのように登っていくこと。ツツツっと上がって、
なぜか、7の字みたいにお尻を突き出して、ウンウンしている。


[PR] 台湾の中国語通訳なら


高野山
晴れたので、8月からずっとのびのびになっていた高野山へ。

自宅の最寄の駅から電車で1時間強。
電車、ケーブルカー、バスと乗り継いで、一番奥の
奥の院へ。

ベビーカーを押しながら歩いていくと、いろんな企業の
モニュメントや慰霊碑がある。

「あ、OOO、ここ行ったことある。」

「あ、XXXX,ここにも行った!」 などとIRで訪問した会社を
見つけながら歩く。

慰霊碑の形が事業にまつわったもので、見ていて結構可笑しい。
コーヒーの会社はコーヒーカップだった。戦国武将のお墓も
わんさか!すごいな、高野山。

奥の灯篭堂は、今まで行ったどのお寺とも違った趣で、
「真言密教ってこんな感じかー!」と興味深かった。
歩いているお坊さんも、豪華な袈裟ではなくて、チベット密教の
お坊さんが着ているような山吹色とか赤い色のローブみたいな
ので、裸足の人もいた。

灯篭堂の奥に、空海(弘法大師)がいまだ即身成仏となって
存在すると信じられている御廟。お線香がもうもうとたかれ、
お参りの人も多かった。

「もしかして、あの奥に・・・」と想像するも楽しい。

しかし、高野山広い。ベビーカーを押しながら動き回るのに、
意外に時間と労力がかかり、結局、奥の院と金剛峰寺を見て、
タイムアップ。乳幼児連れの観光を完全に甘く見ていた。

霊宝館、見たかったのになぁ!また行くしかない。

汐桜はずっと機嫌が良かった。ランチを食べた食堂で、
ずっと「ぱ~ぱ~ぱ~」。

近くに座っていたドイツ人の観光客が、「パパ」とばかり言ってると思い、

「マーマー。マーマー。」と汐桜に教えてくれる。

さぞかし、「この子ママになついてへんわー」と思われたことだろう。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


いよいよ明日!
明日はどうも天気になりそうなので、4度目のトライで高野山に行く予定。

今日はその代わり家事を頑張る。

汐桜は今朝五時に一度おきて、その後また寝て9時まで寝ていた。

5時頃夫も目を覚ましてしまったので、眠かったよう。
9時に起きた汐桜を連れて寝坊中の夫のベッドに行くと、

"So at least you had decency to sleep in." と言った。

decencyは辞書を見ると、見苦しくないこと、良識、品位、上品さ、作法、礼儀・・といった言葉が
続く。

実際にはその文脈ごとで微妙にトーンが違う。

今回は、

「とりあえず、寝坊してくれる(親にもさせてくれる)良識はあったんだね。」とか

「分別はあったんだね。」 というくらいだろうか。

今朝は予約していたマッサージにも行った。背骨が曲がっているらしい。
まだまだ頑張らないといけないので、体の手入れもちょくちょくやって
いたわろうと思う。

そうじ、洗濯をして、少し仕事の準備も。

汐桜の夕飯はおかゆに豆腐の味噌汁をまぜたもの。
みそ、豆腐はデビューだったけれど、おいしかったよう。
よく食べた。


[PR] 台湾の中国語通訳なら


ときめく予定
散髪・・・じゃなかった、美容院に今日は行ってきた。

実家の近くに行きつけのところがあって、どうしても
その美容師さんが好きなので通っている。

汐桜を預けた。

数日前に、両親の商売の新しいヤードのオープンで
顔を合わせているので、今日はあまり泣かなかった。
よかった、どんどん慣れていくかな。

来週の私の誕生日に、子守するよ、と母がオファーを
してくれた。やりたいことを考える。

本当は、宇治の平等院か、姫路の二条城に行ってみたいのだけど、
あまりにも遠いので、奈良にする。

国立美術館で西国三十三所の展覧会があるので、それを見よう。
近くの興福寺と興福寺国宝館にも寄れたら寄って・・・。
天気だけが心配。堺は今日、豪雨だった。

うーん、決まったら、結構ときめいてきた。楽しみだなぁ!

[PR] 台湾の中国語通訳なら


パプアニューギニアへの旅
今週も何度か仕事のオファーの電話は来るも、すべてすでに
埋まっている日ばかり。もうちょっとバラけてくれれば、まんべんなく
予定が埋まるのに・・・。うまくいかないもんだ。

通訳のハイシーズンにそろそろ入っていく時期だけれど、
9月の埋まり具合は今ひとつ。あと5-6日分は仕事が
ほしいところだなぁ。どうか埋まりますように。

今日は明日の仕事の準備、こまごまとした事務仕事、
銀行での用事などで過ぎていった。

夫は9月末からに実の父とその男兄弟で行く、
「野郎でパプアニューギニアに思い出巡り」の旅行用に
マラリア治療薬の処方を取りに行った。

夫の父は小さい頃、パプアニューギニアに住んでいた。
お父さん(夫の祖父)が、そこの鉱山で働いていたからだ。
その後、オーストラリアに移ってきたので、数十年ぶりに、
自分達が幼少期を過ごした地を兄弟みんなで訪ねてみよう、
という趣旨の旅行。長男をみな連れてくるらしい。

夫は汐桜も小さいので、私と汐桜二人残していくことに逡巡していたが、
海外に住んでいてただでさえ会える時間が少ないので、行っておいで、と
背中を押した。まぁ、費用を全部、義理のお父さんが持ってくれる
というのも、大きかったけど。。

しかし、治安もよくないみたいだし、マラリア予防だとか、なんだか
ちょっと物騒な感じ。夫よ、無事で帰ってきてね。

カヌーで川をさかのぼって移動していく、というハードな行程を聞いて、

「よかった、私誘われなくて・・・」

とひっそり思っている。



[PR] 台湾の中国語通訳なら


仕事
仕事をフルタイムでしていると、何だか、仕事をしている人から
専業主婦の人を下に見るのに当然同調するよね?というような
口調で話しかけられて、嫌な気持ちになる。

まぁ、もちろん、仕事を持って頑張っている人は好き。

でも、自分も家のことを結構夫に任せている(夫のほうが
ずいぶんと融通が利くし、時間がある)私としては、彼の
サポートがあるからこそ、仕事に打ち込めるワケで・・・。

以前彼が勤めていたときは、私も必死で時間をやりくりして、
毎日忙しく、ゆとりが無かった。子供はいなかったし、それでも
なんとかなったけれど、子供も出来て、でやっていくと、それは
それで、やってはいけるけれど、とても大変だと思う。

だから、両方がフルタイムの仕事で子供もいて頑張っている
夫婦は、旦那さんも奥さんもすごく偉い、と思うし、旦那さんが
主にかせいで、奥さんは家事、という分担も本人がそれで
納得しているなら、ありだな、と思う。多少、収入は減るけど、
家を片付けて、毎日手作りのものをほっこり食べて、子供の
話をゆったり聞いて、生活を楽しんで、丁寧に暮らしましょう、
というのは、ありだと思う。

だって、日本の会社の労働状況、過酷だもの。二人とも
5時に帰ってこれるならとも働きでも余裕はあると思うけど。。。

それを男の人でも、女の人でも、仕事をしている人だけが
えらいみたいな口調で話されるとイヤな気持ちになる。

人が社会に貢献できる価値は、もっとバラエティがあると思う。
そういうものに価値を見出す器を社会の懐として用意していないと、
生きづらい場所になってしまうと思う。

[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。