関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


パイレーツ・オブ・カリビアン
昨日、夫とパイレーツ・オブ・カリビアンを見てきました。
夫の付き合いで行っただけなので、あまり期待は
していなかったのですが、やはり、シリーズも3ともなると
ちょっと飽きてしまいました。。。
ジョニー・デップは好きなんですがねぇ。
あ、でも、驚きの"cameo(特別出演)" が出ていて、
それは一見の価値がありますよ。笑ってしまいました。

このシリーズが好きな夫でさえ、今回は

"It was very flat." と言っていました。

帰ってきて、ディスカバリーチャンネルでやっていた
「怪しい伝説(myth busters)」で、海賊にまつわる伝説の実験を
見たのですが、そちらのほうが面白かったです。

一つは、海賊のトレードマークとも言えるあの眼帯、
あれは、目が悪いワケではなく、暗いところで、
すぐに目が慣れるよう、片方の目を常に暗くしているのだとか。

実際に実験してみると、眼帯で覆っていた目で、
暗い部屋の障害物競走をすると、光に慣れた目で
やるより数倍も早くタスクを終了できて、実験に
参加した人も、あまりの違いに驚いていました。

もう一つは、ナイフを使って、船の帆を切り裂きながら、
スーーッと下に下りてくる、というお決まりのアレは
本当に出来るのか、というお話。

実験の結果、あれは実際には無理、ということでした。

その実験の中で、

「当時(海賊がいた時代)のナイフ」「当時の帆」
の意味で、

"period knife" "period sail" と言っていました。

確かに、時代劇、という意味で、よく

"period drama"

というのは聞くのですが、こんな風に、
「当時の」という感じでも使えるんだなぁ、と
思い、妙に納得しました。

明日からまた出張です。今回は鹿児島に行ったあと、
京都、その後福島です。ANAで行くらしいので、
ちょっと不安なのですが。。。無事戻ってこれますように。

戻ってきてから、また更新しますね。

にほんブログ村 英語ブログへ


スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


発音は重要か。
今週はすごく忙しく、ようやく週末で休めてほっとしています。
朝8時過ぎに名古屋集合とか、結構キツい仕事が続きました。
疲れてしまって、今日は14時間の爆睡でした。

さて、発音は重要か、というタイトルなのですが、
私は、これまでいろんな「アクセント」が
あるね、と言われたことがあります。

何度も言われたのは、私の英語を聞いた後に、

「イタリア語もおできになるんですか?」

これは数年前によく言われました。どうも、
最後の子音の後に、母音が多少ついてしまうクセから
そう思われたようです。

ある人など、「いえ、イタリア語は出来ません」と
言った私の答えにも引き下がらず、

「じゃぁ、スペイン語ですか?」と食い下がってきました。(笑

よっぽど、ラテン系の発音だったのでしょう。

スウェーデンの人には、「君はフランス語も出来るのかい?」
と言われましたし、

今週は、日本の人に、「韓国語が出来るんですか?
韓国人の友人の英語と似てます。」といわれてしまいました。

しかし、言い訳させてもらうと、こんな風に言うのは、
英語を第二外国語として話す人だけです。

英語をネイティブとして話す人は、

「ニュートラルな発音だね。基本はアメリカ英語なんだろうけど。」

と言います。

通訳の仕事をするときには、確かに発音がいいに越したことは
ありません。

以前贔屓にしてくださったクライアントは、私の英語が
聞きやすいということで、よく指名してくださいました。

同時通訳では、通訳するほうも、聞くほうも、かなりの
集中力が強いられます。聞くほうは、日本語がうるさく
聞こえる環境の中、イアフォンから聞こえてくる英語に
集中して聞くからです。

そんな中で、通訳者の発音がキレイだと、聞くほうの負担が
かなり軽減されます。

そういう意味で、プロとして、正しく、クリアな発音というのは、
マスターしていく必要がありますが、完璧にネイティブのような発音のマスター、
というのには、実は私はあまり執着心がありません。

ケイン・コスギの、センチュリー21のCMをご覧になったことが
ありますか?

あの中で彼が最後にいうキャッチフレーズの英語
(確か、for your wonderful future とかなんとか、
もう内容は忘れましたが。。)、あの英語の迫力を聞くと、

「あぁ、絶対にこういう英語の発音は出来ない。」

と思ってしまいます。なんか、発声の仕方、腹の筋肉の
使い方から違うように思います。もう、食べて育ったものが
違うからかな、みたいな。

通訳ではなく、自分の思いを伝えるために、英語を
話す人は、多少の訛りがあったって私は全然いいと思います。

たまに、発音はすごくいいのに、発音がいいから、
自分は英語が話せるんだと勘違いして、努力をせず、
中身のない話を英語風に話す人がいますが、それより、
きちんと伝えたいことを、それなりの分かりやすい発音で
話せる人のほうが、実際には英語がうまい、と思います。

よって、発音は、基礎をしっかりして、クリアに話す、
くらいを目標にすれば、私はいいように思います。

あくまで個人の意見です。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


英語で話す
月曜、火曜とオランダからの微細加工技術企業の使節団に
ついて通訳をしました。

日本での微細加工レベルや、新しいナノテクノロジーの
研究・開発状況について学び、機会があれば、ビジネスに
繋げていきたい、という方たちの集まりです。

2日間かけて、日本の様々な技術振興団体の代表が
話をしに来られました。多くの人が、英語を使って自分で
発表をされました。

やってみるという姿勢は私もおおいに買うのですが、
「惜しいな~」というスピーカーが本当に多かったのも
事実です。

実際、とても英語を流暢に操る人もいました。
しかし、出来る人にも、出来ない人にも共通して言えたのが、
「英語を」話しているけれど、「英語で」話していない、
ということです。

音は出しているけれど、コミュニケーションを
していない人があまりに多く、驚きました。

用意してきたペーパーをとにかく読んだり、
暗記してきた内容を一方的に相手にまくしたてたり、、
自分の話たいコトだけを、まとまりもなく延々と
話したり・・・

一呼吸おいて、聞いている方の反応を見て、
話の内容を微調整する、ということが殆どありませんでした。

オランダの方々は、皆さん「こちらがお邪魔してるんだから」
ととても辛抱強く最後まで話を聞いておられましたが、
たいてい、自分達の聞きたいことを切り出すまでに、
30分から40分も、延々と説明を聞かされるため、
(しかも、聞いても仕方が無いような、細かい組織図の
説明などを)質問を2,3したところでタイムアップでした。
本当に気の毒でした。

これは、私も含めていえることですが、やはり、日本では
公の場で、人に分かり易くものごとを伝える訓練が足りない、
と思います。

「発表」をする⇒一方的に、知ってる情報全て漏れなく、
出し切らなければ、という固定観念があるようです。

全て教えてあげたい、という親切心と生真面目さが
根底にあると思うのですが、ある意味、
自分本位で、一方通行な情報の垂れ流しです。

私が2日間で見た日本人のスピーチで、一番きちんと
コミュニケーションが成立していた方は、まず最初に、
質問から入りました。

「私はOOの誰々で、こういう背景の人間ですが、
みなさん、今日はどのようなことを聞きたくて来ていますか?」

ビジネスの場面で、英語を話す人は、話すよりも、
まず「質問をする」ことのほうが重要な気がします。

焦点のずれたことを、流暢な英語で、延々と聞かされるより、
多少つたない英語でも、こちらの聞きたいことにしっかり
答えてくれる人のほうが、英語のコミュニケーターとして
高い評価を得られると思います。

にほんブログ村 英語ブログへ





[PR] 台湾の中国語通訳なら


謎の物体Xについて
毎月銀行にローンを払って住まわせてもらっている
新しい自宅に移ってから1ヶ月半以上経ちました。

家具選びには、物凄い労力をさきまして、本日最後の
アイテム、テレビ台が運び込まれた折には、感涙に
むせびそうになりました。・・・すみません、嘘です。

でも、本当に、家具選びは大変だったのです。
夫との意見調整に。。。。

私は父と母の家具選びの風景しか見て育っていないので、
夫は妻のチョイスに、「うん、それでいいんじゃない。」と
無関心にうなずくものだと思っていたのです。

実際には、彼に、「主張国の大統領」というあだ名を
つけてしまいたくなるほどの意見のガチンコ勝負でした。

あぁ~、疲れた。。まぁ、私も相当に主張国人なので、
どっちもどっち、という見方も確かにあるにはあるのですが・・・。

でも、お互い苦労した甲斐あって、まぁ、それなりに
満足いくように仕上がったように思います。

しかし、今日、何気なくソファに座ると、見慣れない
物体が・・・。

コーヒーテーブルの上に鎮座ましますのは、いかにも
怪しげな「美輪明宏パープル」とでも呼びたくなる
薄紫の水晶の玉。。。

「これなにー!?これは合わへんわー。こんなん嫌ーー」
と即座に抗議して、撤収とあいなりました。

なんでも、ヒッピーかぶれだった時代の(きみはいつの
時代に若者をやっていたのか?)懐かしの一品だそうですが、
怪しすぎる!

"Have you seen anything in that ball?" 
と半ば呆れて聞くと、

"No, it's not a crystal ball. It's just a glass ball."

「なんやそれ!」と英語で言いたかったですが、
どういっていいのか分からなかったので、日本語で
「なんやそれ!」と突っ込んでおきました。
標準語では、「それってなんだよ、一体。」
くらいでしょうか。。。(自信なし)

皆さん良い週末だったでしょうか。
私は、こんなバカ話を交えながら、仕事の準備の
勉強にあけくれた冴えない週末でした。
一生受験生のような、そんな通訳の典型的な
週末です。来週は遊ぶぞー!

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


よしもとばなな
先日、出張の際に、フラリと入った空港の本屋さんで、
よしもとばななさんのエッセイを手に取りました。

「子供ができました」というタイトルの本で、
彼女がウェブサイトに綴った日記をまとめたものです。

やはり文章が優れていて、読みながら笑ったり、
共感したり。もちろん、彼女が有名な作家さんだと
いうこともあるのでしょうが、やはりうまい文章で
綴られた日記は、面白いものですね。

帰ってきてから、昔読んだ、彼女の文庫本を引っ張りだして
きて読みました。

若かった頃は、彼女の本はなんとなく薄味な感じがして、
あまりハマらなかったのですが、読み直してみると、
本当にはかない、一瞬の情景のきらめきのようなものが
とても精緻に捉えられていて、驚嘆しながら、そして
とても味わい深く読みました。

あまりにも日本語で綴られる、日本の情景や感覚が美しかったので、
これが英訳ならどうなるんだろう、と気になって、
アマゾンで購入することにしました。

Goodbye Tsugumi Goodbye Tsugumi
Banana Yoshimoto (2003/06)
Grove Pr

この商品の詳細を見る


本のカバーも何やらいい感じです。
中身拝見が出来る本だったので、少し読んでみましたが、
よしもとばななさんのさりげない、口語的な語りを
なかなかに上手なトーンで再現している印象を受けます。

これは、会話的な英語を身につけるにも、役に立ちそう。

届くのを楽しみに待って読み出したいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


いんげん豆
今日は結婚記念日のお祝いに、夫と披露パーティをした
フレンチのレストランに行ってきました。

結構値段の張るところなので、一年に一度行くのが
やっとです。

披露宴には、彼の家族も来たので、通訳をやっている
友人に頼んで、同時通訳をやってもらったりしました。

挨拶を頼まれた母方の祖父が、マイクを持って、

「結婚生活はな、忍耐!忍耐!忍耐ッッ!!!!」

と繰り返し、横で見ている祖母の表情が怖かった思い出が
あります。いやぁ、あの挨拶には笑いました。

さて、今日のフレンチですが、内容は正直少し
期待はずれでしたが、いんげん豆の冷製スープ、
というのがおいしかったです。

いんげん豆を辞書でひくと、kidney bean(英)と
出てきます。

さやいんげんでも、kidney bean と訳が出ていますが、
夫は string bean と呼んでいます。

今日のスープに入っていたのは、白いお豆だったので、
多分haricot bean のほうだと思います。

kidney bean はどうも、赤褐色の、本当に腎臓のような
形をした豆のことを一般に言うみたいですね。

夫の得意料理のメキシコ料理、チリコンカンにいつも
たっぷり入っています。

彼は枝豆 -(young) soybeans in the pod -
好きで、今ベランダで育てています。

引越ししベランダが広くなったので、いろいろ植えています。

バジルに、タイム、オレガノ、パセリ、唐辛子もあるし、
プチトマト、ズッキーニ、コリアンダー、さやいんげんもあります!

食べられる植物が育つ様子は楽しいですね。育てる熱心さも
違います(笑)

収穫が楽しみです。

にほんブログ村 英語ブログへ







[PR] 台湾の中国語通訳なら


いい疲れ
今日は、昨日急に入った仕事で、福岡まで日帰り出張でした。

公共の輸送機関に全部で6時間以上も揺られて、
とっても疲れました。

さらに、隣に座ったおじさんが、フライト中に、なんども
強烈に臭いスカ屁を放ったのには参りました。

そりゃぁ、誰だってコンディションが悪いときは、
あるとは思うのですが、あぁ、何度もされると、
周りにいる人にはかなりダメージがあります。

このオッサンは、肘掛を両方がっちりガードして
使わせてくれなかったのも、ヤな感じでした。

仕事自体は、キツイ内容だったものの、一緒に仕事を
したドイツ人系の部長とおつきの若い日本人男性が
とてもいい人で、気持ちよく労働できました。

終わったあとに、とてもよかったと誉めてくださり、

"If you need a letter of recommendation or anything,
give me an e-mail. I will write it for you."

なんて、親切なオファーを下さり、幸せな気持ちになりました。

きちんと仕事をして、そういった親切な言葉を貰う。

とても健全に仕事をし、疲れた一日でした。

私も、いい仕事を人にしてもらったときには、
感謝の気持ちを相手に伝えるようにしよう、
そして・・・、公共の場で臭いスカ屁はひらない
ようにしよう、と思います。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ





[PR] 台湾の中国語通訳なら


路線変更
なんだかブログを書くモチベーションが上がらず、
2日ほどサボってしまいました。

というか、ネタ切れですね。

誰かに読んで頂くには、何か少しでも
役に立つ情報を伝えなければ・・・と
思ってこれまで書いてきたのですが、
どうも大体思いつくトリビア的なことは
全部吐き出してしまったようです。

通訳を始めて6年目なのですが、意外に
蓄積されているネタ数は少なかったのでした(涙)

「読んで頂くに耐えるものを・・」と思うのですが、
無い袖は振れるワケもなく、2日間、ボーッと
していました。

ということで、これから、このブログは、
ダラダラしていくかもしれません・・・。

これまで、英語トリビアを好んで読んで
下さっていた方には申し訳ないのですが、
読んでも何の足しにもならない、私の
日常生活などが綴られる危険性大です。

英語と関係ないじゃん!という話が多くなりましたら、
英語ブログランキングからは外すようにしますね。

通訳・翻訳ランキングには、一応内容がどう
変わっても入っていて良い気がするので、
(通訳をやめない限り)、その辺りで
続けてみようと思います。

お忙しい方の時間を無駄にするのが心苦しいので、
このような形で、「路線変更」をお断りをさせて頂きますね。。。

今まで、トリビアを読んで下さって、感想を下さり、
応援くださった方有難うございました!

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


よくある夫婦の会話
ある日の私と夫の会話です。

夫:"YJ, your shirt is back to front."

私:"Oh!"


またある時は

夫:" YJ, your sweater is inside out."

私:"Oh!"


これが、大体3-4ヶ月に一度のペースで繰り返されます。
間違って着ているアイテムは、下着だったり、パジャマだったり
その時によってマチマチですが。。。

おかげで、この

うしろ前:back to front
裏表(うらおもて):inside out


とう表現がばっちり頭に入っています。

ただ、現場で、あまりスーツやシャツを
うら表や、うしろ前に着ている人はいないので、
仕事で使うことはありません。。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ


[PR] 台湾の中国語通訳なら


"The Long Good Bye"を読了しました。
ブログの更新を休んでいる間に読み出しました。

本屋に行ったら、村上春樹さんの訳本が平積みしてあり、
「そういえば、リウマチばあちゃんさんが薦めていたなぁ。」
と思って、オリジナルを買い求めました。

順調に最初はページが進み、その素晴らしくリズムのある、
またドライな語り口にしびれるように読み進んでいたのですが
私もいつもの悪いクセで、途中から、集中力が切れ、
最後まで読み終えるのに、とても長い時間がかかりました。
(なぜか、途中吉本ばななの本2,3冊に浮気もしました)
ということで、あまりきちんとした感想は述べられません。

The Long Goodbye (Vintage Crime/Black Lizard) The Long Goodbye (Vintage Crime/Black Lizard)
Raymond Chandler (1992/08)
Vintage Books

この商品の詳細を見る


最後は驚きの展開で、途中間延びして読んでしまったことが
悔やまれます。

そして、主人公マーロウがとても魅力的でした。

とにかく彼の皮肉の効いた口調は、キレがあって、
核心をついていて、気持ちがいい。

普通、皮肉や軽口、というのは、心が弱い人間が
自分を強く見せるために言うことが多く、だから、
あまり聞いていて、気持ちのよい物ではないのですが、

マーロウの場合は、感情の変な捩れが
感じられず、真理をついており、孤独で
あることをフラットに受け止めている
からこそ出てくるドライな口調です。

でも、本に出てくる誰よりも、純粋に
人を想う気持ちがあり、それを通そうとする
強さがあるから、マーロウは魅力的なんだと
思います。

そういうワケで、私にとっては、マーロウの魅力を楽しむのが
メインの一冊となりました。

そして、多分、私はあまりハードボイルドは得意分野では
無いということも分かりました。

小説のトーンに慣れたあたりから、ページが進まなくなってしまい、
「もういいかな、やめようかな。」と思う気持ちを押して、
ようやく読み終えました。だって、リウマチばあちゃんさんに、
「読み始めましたよ!」と言ったら、喜んで下さったので、
簡単には投げ出せなかったのです。リウマチばぁちゃんさん、
私、頑張りましたよ!

今はちょっとしたチャンドラーブームのようなので、
皆が素晴らしいというシリーズに、ハマりきれなかった
自分が少し残念です。

にほんブログ村 英語ブログへ





[PR] 台湾の中国語通訳なら


振替入場券
以前、現場で、

振替入場券」と出てきて、一瞬つまったことがありました。

といっても、先輩通訳が担当しているところだったので
別に知らなくても良かったのですが、やはり、一瞬
ヒヤッとします。

読んでおられる方は訳語、思いつかれましたか?

その先輩は、

"rain check"

と処理されていました。そうか~、なるほど!

rain check をオクスフォード英英辞書で引くと、

rain check:
1)a ticket given for later use when an outdoor event is
interrupted or postponed by rain.

2)a coupon issued by a shop, guaranteeing that a sale item
which is out of stock may be purchased at a later date at
the same reduced price.


となっています。

こういう、ちょっとした言葉って、それを使う状況に
ならないと、自分が英語でそれを言えないことに
気がつかないので、侮れません。

普段の会話でも、案外使うことがあるような気がします。

そういえば、弟と夫が楽しみにしていた、
レッドホットチリペッパーズのコンサートが延期に
なって、その rain check が来ていましたもん。

6月に行くのだそうで、二人で楽しそうです。
"brothers' bonding time." なのだそうです。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ


[PR] 台湾の中国語通訳なら


洋服の襟
洋服の襟と日本語で一口に言っても、英語では
形状や、部位によって言葉が違うと学んだのは
自分の結婚式のときでした。

新郎は、新婦のブーケとおそろいのコサージュを
襟につけますよね。

そのときに襟を意味して使われていたのが

lapel

でした。

「あ、collarじゃないんだ。」と思ったことを
覚えています。

テーラードジャケットとかの襟のことですが、
首周りの部位は、collar、それより下で、胸のほうへと
続く折り返しの部分を lapel というのだそうです。

オクスフォード英英辞典で、lapel を引くと、

lapel:
the part on each side of a coat or jacket immediately
below the collar which is folded back against the front opening.


となっています。

スペースアルク 英辞朗にも、いろいろ例が出ています。

国会議員バッヂ は Diet lapel pin なのだとか。

これをcollar pin とすると、

「そんなところに着けたら、痛い!」となるわけです。

日本語では一つの言葉で処理できても、英語では
状況に応じて使い分けなければいけない、という
良い例です。

こういうことがあるので、通訳は、音声だけを頼りに訳せと
言われるととても不安になります。
状況など、視覚から入ってくる情報も、全て、私達の
仕事の重要な材料です。

同時通訳でも、基本的に、みな、話者の姿を確認しながら
通訳をします。声のトーンと同じく、顔の表情、身振り手振り、
全てが、訳に影響を与えます。

たまに、そうとは気付かずに同時通訳ブースの前にデンと立って、
通訳の視界を塞いでしまう人がいますが、そういう人は、
必死の形相の通訳に、「どけ、コラ~ッ!!!!」と、窓ガラスを
ガンガン叩かれるという憂き目に合いますので、ご用心を(笑)

応援クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ


[PR] 台湾の中国語通訳なら


イギリスの「有名ミュージシャン」の通訳
関西で通訳をしていると、あまり有名人の通訳をする
機会が無いと以前書きました。

東京から来た、例えば、韓国語と日本語の通訳の人の
話を聞くと、本当に驚きます。

チャン・ドンゴンとか、ウォン・ビン、ソン・ガンホ(個人的には、
これが強烈に羨ましい!ソン・ガンホは素晴らしい俳優です)
など、いわゆる「韓流スター」の面々と仕事をしたというのです。
チャン・ドンゴンは、オーラがスゴイそうですよ。彼女は
個人的にウォン・ビンが好みなのだそうです。
ソン・ガンホに関しては、特に言及はありませんでした(涙)

別に、そんなキラ星のような人たちといつも仕事したい
と言っているワケではないのです。でも、一人くらいは、
話のタネに芸能人の通訳してみたいな、とミーハーに思っていた
ところ、

「有名なUKのミュージシャンの通訳をお願いします。」

と東京のエージェントから話が来たではないですか!

ついに来た!一体誰?U2?、オアシス?それとも、
エルトン・ジョン???

蓋を開けてみると、厳密にいうと、ミュージシャンではなく、

「ハウス系ミュージックのDJ二人組み」でした。
アンダーグラウンドでは、伝説的な人気を誇るDJとのこと。
複数のレーベルも運営しているそうです。

正直私は、今どきの「クラブ」はおろか、昔のディスコでさえ
行ったことが無いので、

「ハウス系ミュージック」と言われても、ピンと来ず、
不安もあったのですが、ここは乗りかかった船、と
その仕事を受けました。

一夜漬けで、
ハウスだの、ガラージュだの、ディスコ・ダブだの、
全く知らなかった音楽の分野の用語を勉強して現場へ
向かいました。

出てきた二人は、シャイで口ベタ、でも音楽に対する
熱い情熱がほとばしる、とても愛すべき人達でした。

"High Fidelity" という映画をご覧になったことはあるでしょうか。
確か、ニック・ホーンビィの小説から作った映画です。
中古レコード屋を営む音楽バカの主人公の映画で、いわゆる
音楽オタクが出てくる映画ですが、そんな空気を漂わせた
二人でした。

お金や利益よりも、好きな音楽を追求し、パーティ、と
呼ばれるクラブでのイベントで、来た人達と楽しい濃い時間を
過ごすことを大切にしている人達で、なんだか
訳してて大好きになってしまいました。

「超有名」ではないけど、なんだか気持ちが温かくなって、
行って良かったなぁ~、と思いながら帰ってきました。

にほんブログ村 英語ブログへ




[PR] 台湾の中国語通訳なら


ビルマ風チキンカレーのレシピ
ララさんからのリクエストにお応えして、先日うちの
夫がふるまった、Burmese Chicken という料理の
レシピを紹介します。私がチマチマとレシピを写していると、
夫が、「ボクがやる」と言うので、今回は、彼が英語で
お送りします。

Burmese Chicken ( serves 2)

burmese-chicken


Hi this is YJ's hubby,
I noticed that she was copying verbatim the recipe I use to do Burmese Chicken but actually thats not the way I do it.

To simplify:

First the shopping list:

1 large onion
garlic
ginger
chicken thighs
fresh coriander
celery
dry ground coriander
dry ground cardimon
dry cardimon pods (seeds)
dry ground tumeric
dry ground chilli
olive oil
sesame oil
powdered chicken stock

Puree 1 Onion with 3-4 cloves of garlic (to taste though, we love garlic and its good for you health) and about 5cm of ginger. (I use a "Barmix" hand held blender to do this but any food processor would do.)

Cut the chicken thighs (300 to 400gms) into bite sized pieces then fry in a mixture of olive and sesame oil til browned (about 1 teaspoon of each).

Remove the chicken from the pan and keep the oil and juices from the chicken then add the the onion, garlic and ginger puree and fry at high heat until it starts to brown (about 10mins - needs constant stirring).

Now add about a teaspoon each of tumeric, ground coriander and ground cardimon and about 1/2 teaspoon ground chilli (to taste - not all chilli powders are the same) and mix through then add about 2 teaspoons of powdered chicken stock and 1 cup of filtered water and again mix through.

Bring this to the boil and then add the chicken you browned earlier. Roughly chop up a stick of celery (including the leaves) and add, as well as 8 - 12 cardimon pods. Turn the heat to low and cover with a lid. Now simmer this for about 30 - 40 minutes with occational stirring. 10 minutes before serving roughly chop up some fresh coriander and add. (keep some of the chopped coriander leaves for garnish - the smell is fantastic)

Whilst the curry is simmering cook the rice. I prefer Jasmin or basmarti rice for this dish. 1 cup of rice to 1 and 1/2 cups of water to cook. (unlike Japanese rice long grain rice doesn't need washing)

Before serving try and find and remove the cardimon pods (they shouldn't be eaten - they're not dangerous but the taste is extremely strong when you bite into them).

Serve on top of the rice and garnish with the chopped fresh coriander leaves.

I hope you enjoy this meal as much as we do.

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。