関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


新築祝い
今日は、私の実家の家族を招いての新築祝いでした。

英語では、"housewarming party"と言いますよね。

久しぶりに家族全員が揃って、ご飯を囲んで楽しい
時間を過ごし、本当に、その名の通り、私達二人しか
いなかった家が、少し温まったように思います。

今日ははりきって、朝から家を片付け、その後
買出しに行って、ご飯もがんばりました。

献立は、

生春巻き
アボカドとマグロのビネガーサラダ
鶏のから揚げ
ビルマ風チキンカレー、ナンとバスマティライス

でした。

カレーは、夫の手作りです。タマネギをミキサーで
ペースト状にし、いろいろなスパイスと混ぜて
ルーから作ります。私の大好物で、家族にも
大好評でした。

オーストラリアの夫の家族と、メッセンジャーの
ビデオを使い、話もして、とても楽しいひと時でした。

私の父は、物怖じせずに英語に果敢にチャレンジするタイプです。
夫の母に対して、

”アー、ユーアー ベリー スレンダー”
とぶちかまして、笑いを誘い、

”トゥダーイ アイム ベリーハッピー!!!”

と、オーストラリア訛りという小技も効かせる
余裕ぶり。

うまく話せなくて恥ずかしい、なんて気持ちはみじんも
無く、知っている単語を繋げて、とにかく
しゃべる、しゃべる。。。

自分が高校生のときに英会話に行ったときに、

「YJさんのいいところは、間違ってても気にせずに
どんどん話すところね。」
という、微妙な誉め言葉を先生から貰ったことを思い出しました。

英語で大爆笑を誘いまくるウチの父・・・。
今、私が通訳として仕事できるのは、この
超ポジティブな彼の遺伝子のおかげかもしれません。

にほんブログ村 英語ブログへ




スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


ブルペン!!
今朝は、レッドソックス対ヤンキースの試合を
朝食を食べながら見ていました。

父が西武ライオンズのファンのため、何度となく
球場に野球を見にいって、熱狂的とはいかないまでも、
野球を見るのが好きです。

最近はドームが多くなりましたが、野外球場での
ナイトゲームの雰囲気は心楽しく、今でも、年に
数回ですが、野球を見に行きます。

今朝は松坂投手のピッチングをワクワクしながら
見ていました。

「あぁ~、土曜日!いいなぁ~この感じ。」

野球のいいところは、試合運びが比較的のんびり
しているところです。おしゃべりしたり、ものを
食べたり、飲んだりしながら、ゆったり見るのが
良いのです。

さて、タイトルの「ブルペン」ですが、この
メジャーリーグの中継を見ていて、

bull pen

と綴ることを初めて知り、大きな声で、

「ブルペンッ!!!!!」

叫んでしまいました。

ブルペンって、そういうことだったのね・・・・。
てっきり、純粋な野球用語かと思っていたわ・・・。

bull : 雄牛
pen : (牛、羊、鶏などの)小さな囲い、檻


合わせて bull pen!

闘牛とかで、猛る雄牛を入れておくあのスペースが
頭に浮かびます。

朝から、妙にテンションが上がった出来事でした。

何はともあれ、松坂投手、3勝目おめでとうございます。

(私は、彼と誕生日が同じだ、ということが、密かに
自慢です。そして、実は夫のお母さんとも誕生日が同じです。
・・・でも、三原じゅん子さんとも同じだし、この3人と
大して共通点は無いので、あまり意味は無いのだと
思います。)

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら


"I agree."をどう訳すか
"I agree."

つい、言葉に引きずられて、同意します、と訳すことが多いのですが、
大体の場合は、「私もそう思います」とか
「そうですね。」くらいくだけた訳のほうが
しっくり来る場面も多々あります。

逆に、「私もそう思う」、と言いたいときに、

日本語ネイティブの私達は、つい
"I think so too."と言ってしまいがちですが、

"I agree."でも、シャープな感じで良いと思います。

通訳の仕事の質を左右するのは、いかに文脈に合った、
日本語(英語)らしい訳を出せるか、ということです。
(もちろん、内容が正しく出せたその上で)

その辺に年季が出るし、また、そこを工夫できるところに
面白みがあります。

先日
(意見の衝突があって)
"There's a friction in my department."と
現場で出てきました。

「部署内に摩擦がある」というのが一番に頭に浮かんだ
訳でしたが、話の筋から判断し、

「部署内で、軋轢が生じている」と訳しました。

帰りに和訳辞書で、「軋轢」を引くと、ちゃんと
frictionと出てきたので、電車の中で小さくガッツポーズ!

本当に、些細なことなのですが、こういう自己満足的な小さな喜びが
通訳の日々の努力や勉強のご褒美の一つです。

英語も、日本語もそれぞれにキャリアを積むに従って
磨いていく努力をするわけですが、日本語はやはり
母国語だけあって、工夫の仕方がいろいろあり、また
前進していることが、自分でもつぶさに分かるのが
楽しいのです。

ここ最近私が取り組んでいるのは、ムダのないコンパクトな
訳を出すこと、です。

ご存知の通り、文脈から類推できる場合、日本語は
主語を大抵省略します。

しかし、英語を聞いてから、それを日本語に訳す際、
英語に引きずられ、つい主語を入れたくなります。

「私はそうだと思います。」(I think so.)
「私が思うには、Aは正しいです。」(I think A is correct.)

あまり、「私は」「私達は」を連発すると、冷静になって
聞いてみると、とても押し付けがましい日本語に聞こえます。

通訳としてこなれてくると、その人になりきって、

「そう思います。」
「Aが正しいと思います。」

とさっくり訳せます。(主語が無くても明らかに聞き手に分かる場合)

簡単なようで、案外難しいんです、これが。
肩の力を抜いて、冷静にならないと、このさりげない
工夫が出来ないからです。

英語と日本語を訳す、というのは、本当に奥深い、面白い旅です。

にほんブログ村 英語ブログへ








[PR] 台湾の中国語通訳なら


欧米のつわり
つわり、というのは、一般用語では

morning sickness

といいます。

日本語の「つわり」というのは、朝に時間限定の
ニュアンスが無いので、なんか変な感じですね。
昔のドラマの妊娠発覚の定番、

ウッ・・と言って、トイレへ駆け込む・・・

というのも、なんだか、午後で、周りに人が
いる時が多かったような・・・。

夫の妹、Sallyは、私より3つほど年下ですが、
すでに3人の子持ちのつわものです。

先日、電話で話をしていて、驚くことがありました。

彼女のつわりの話を聞いていたのですが、
なんと、

「つわりは、普通、肉の焼けるニオイ等で、気分が悪くなる」

というのです!
びっくり仰天してしまいました。

日本はご飯が炊けるニオイが一般的なんだよ、というと、
向こうも驚いて、二人して大笑いしてしまいました。

それにしても、肉の焼ける匂いなら、尚更朝ではないような・・・
あ、でもベーコンとかもそうか。。

とにかく、その文化の典型的な食べ物が一番妊婦にはコタえる、
ということのようですね。

いやぁ、びっくりしました。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


翻訳ソフト
夫が、翻訳のソフトで遊んでいます。

自分の英語の履歴書を翻訳して、私に見てくれと
言います。

出来上がったものは、英語⇔日本語と行き来することで、
口に糊している私からすると、

「そう言いたくなる気持ち、分かる!分かるけどなぁ~、やっぱマズイでしょう。」
と言いたくなるものでした。

かなり努力をして読んでみて、60%くらいはオリジナルの意味が
伝わります。

でも、残りの40%誤訳のインパクトが大きくて、このママでは、
最終訳としては、とても使い物にはならない、という感じです。

しかし、その40%が、結構笑えるのです。

中でも、

I can communicate in Japanese.

というシンプルな文章が、

「私は日本語に交信することができます。」

となっていたのには、驚きました。

「ニホンゴ」という未知なるものと、無心にチャネリングする
スピリチュアルな夫の図、が頭に浮かび笑ってしまいました。

交信って・・・。

それにしても、これくらい単純な文章でも、うまく訳せないとは、
まだまだ甘いぜ、翻訳ソフト。

そうほくそ笑みながら、内心は、
「翻訳家、通訳者のニーズも、まだしばらくはありそうだわ。ホッ
と胸を撫で下ろしたしたのでした。

応援クリック頂ければ嬉しいっす!

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


サイン、コサイン・・
通訳をやっている過半数の人が文系です。

私も多分にもれずその口で、高校生のときは、
数学、物理が大の苦手でした。

中学のときには、苦手なりにも、50点くらいは
取れていたのですが、高校に入って最初の数学の
テストが20点代で愕然としたのを覚えています。

その後もしばらく、その辺りの点数をウロウロし、

「これではいけない!」と思い立って、
中間試験の前に、全てをなげうって、3日ほど
数学の試験の準備に打ち込みました。

結果はなんと「0点」!

やってもやらなくても一緒やん!と、それ以降全く
数学は勉強しなくなりました。赤点と補習で
辛くも卒業したものです。

さて、話がわき道へそれてしまいました。

サイン、コサイン・・・ということで、何が
言いたかったかというと、

タンジェント!

この tangent を使ったイディオム

go off at(on) a tangent
fly off at(on) a tangent
run off at(on) a tangent

 
は、いずれも
「話が急に飛躍する」「わき道へそれる」「方針を急に変える」というような意味があります。

数学が分かる人は、きっと雰囲気がピンと来るのでしょう。
うちの夫も、

「ほら、tangentって三角やし。」と言っていますが、
私には、何のことやらさっぱりです。

でも割と聞く表現ですので、覚えておいて損は無いハズ。

Anyway, sorry for going off at a tangent!

応援クリックを頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら


ホワイエ
以前、マンネリ、のもとになっている英語は、どうも

mannerism

のようだ、というお話を書きました。
その際も、「どうやったら、こんなに違う音になるの?」と
驚いたものですが、この

ホワイエ

も然りです。

英語では foyer、フォイヤーという感じの発音で、
頭に、「ホ」がつくないんて、ちょっと想像も出来ないです。

うむー、と思って広辞苑を引くと、あっさり解決、
フランス語なのだそうです。

ちなみに、数年前まで、「ホワイエ」が一体何か、ということも
知りませんでした。

フランス語では、溜まり場、娯楽室、の意味だそうですが、
日本語の「ホワイエ」は:

入り口から、会議室やホール、劇場までの間にある広い空間、
ロビーに同じ
、と広辞苑に載っています。

なーるほど。

フランス語といえば、英語の文章に急に出てきて、
知ってる言葉なのに、認識できない、なんてことがあります。

例えば

hors d'oeuvre

うちの義理の父は、冗談で、「ホースドーブル」と言いますが、

これは、オードブルのことですね。しかし、英語の場合は、

「オーダーヴ」(ダーにアクセント

と発音しなければ、通じません。

grand prix

も初めてみたときは、「グランプリ」と
結びつきませんでした。

「へ?グランドプリックスって何?」と思っていました。

英語では、「グランプリー」のような感じで、後ろにアクセントです。

英語にちょくちょく顔を出すフランス語、ちょっと
注意が必要です。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら


クライアントの好き嫌い
問題)YJが好きだろうと思う順に、下記を並び替えましょう。

1)性格が良くて早口で分かりにくいクライアント
2)性格が悪くてゆっくりで分かりやすいクライアント
3)美しい男だが、早口でわかりにくいいクライアント
4)美しい男で、ゆっくりで分かりやすいクライアント

結構簡単です。単純なもんです。

4)

2)

3)&1)同じ順位


ようは、よく分かるようにしゃべってくれる人が、
一番です。美しければなお良し。

でも、早口で分かりにくい人は、美しくても、そうでなくても、
平等に憎い!!!(自分の能力の無さは棚にあげて言いますが)

このようなリアクションは、通訳全般にある程度
共通していますが、中には、私の友人通訳のように、
話し方がどうあれ、その人の人間性で好き嫌いが分かれる人もいます。

彼女は、人間できてるなぁ、私なんか、キャパが小さくて、
人柄が悪くても、分かりやすくさえしゃべってくれれば、それで
よし、という感じ。

でも、美形かどうかは、ホントはどうでもいいのです。
私は特に面食いでもないですし。

(と何の気なしに言って、いつも夫ににらまれる・・・。)

通訳に好かれたい、という特殊な状況にある方への
アドバイスとしては、

1)事前資料をたっぷり渡す
2)専門用語を懇切丁寧に説明したリストを作り渡す
3)現場では、なるだけゆっくり分かりやすく話す

これで、通訳界のアイドルへの道まっしぐらです!
(なりたくないわ、って?ごもっともです。)


にほんブログ村 英語ブログへ






[PR] 台湾の中国語通訳なら


度忘れ
度忘れすることって、よくありますよね。

私も年々頻度が高まってきています。

何かしようと思って部屋に入ったはいいけど、
何をするのか思い出せない、なんていうのは、
日常茶飯事です。人名もしかりです。

この度忘れ、通訳学校に通っていたときに、
ある先生から、

senior moment というと習いました。

ほうほう、そうかー!と思い、覚えていたのですが、
現場で一度使ったときに、聞いていた英語ネイティブが、
プッと笑ったのです。

スペースアルクで、senior moment を引くと

年寄りの物忘れ、という意味が最初に出てきます。

どうも、、普通の度忘れというより、

冗談で言うところの、「老人ボケ」に近い語感があるようです。

現場で、その言葉を使った人が、実際
「もしかして、ボケてる?」と冗談も言いたくなるほど、
ワケの分からない話をすることで有名な人だったので、
訳を聞いていた英語ネイティブはハマったようでした。

これより、もう少しニュートラルに使えるのが、

mental block です。

これはうちの夫もよく使っています。
普通に

"I've got a mental block."

といえば、

「あぁ、度忘れしちゃった。」になります。

これを現場で使うようになってからは、
不必要に英語ネイティブの笑いを誘うことが
無くなり、ほっとしています。

応援クリック頂ければ嬉しく思います。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら


OBGYN
お休みに入る前の記事に、OBGYNとは、

Obstetrics(産科)とGynacology(婦人科)をあわせて、
いわゆる「産婦人科」のことだと書きました。

通院で、そのOBGYNで、不妊クリニックもやってる
ところを通訳の先輩に薦められて通っていますが、
お休みに入る前には、検査の結果が芳しくない、
とのことで、結構ショックを受けていたのでした。

まぁ、子供ができにくい、ということらしいのですが、
先生曰く:

「穴だらけのタイヤのチューブは、
        いくら修理しても、意味がない」

まさに、柳沢大臣も真っ青な、ザ・断言。

無邪気な先生をよそに、隣の看護士さんは凍りついていました。

仕事柄、お医者さんともよく仕事をします。
お医者さんといっても、スキルや人間性は人により様々だと
身に染みて感じているので、

「まぁ、こんなもんか、産婦人科といっても・・・。」

という変な諦念で、何も言わず帰ってきました。

でも、繊細な人や、子供がほしくてずっと努力してきた人だったら、
物凄くイヤな気持ちになったでしょう。(私もイヤな気持ちでしたよ、
もちろん!)

命に関わる病気や、根気よくコントロールしていく必要の
ある疾病の場合、医師の一言で、患者の治ろうとする気概が
そがれることもあるでしょう。

やっぱり、

「先生、その言い方はあんまりちゃいます?」ぐらい
言ったほうが良かったかなぁ、と今頃思っています。

英語には関係ない記事にお付き合いくださって
ありがとうございました。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


通訳の訓練の一例
通訳になる前、英語が滑らかに出てこないので、
よくやっていた練習法があります。

当時、NHKで夜、10時くらいからやっていた
「金曜フォーラム」という、著名人が時事問題について
語り合うシンポジウムの様子を放送する番組がありました。

自分が興味がありそうな、また比較的優しそうな
身近な問題がテーマの回を選んで、ビデオにとり、
教材として使っていました。

どのように使うかというと、何のことはない、
発言者の発言を順番に訳していくのです。

発言をある程度を聞いて、発言の意図が理解できたら、
その人になりきって、英語で言ってみる。
一言一句「訳す」というよりは、理解した内容を
ざっくりでもいいので、自分なりの言葉で言ってみることです。

数字や、固有名詞などは、メモを取ってもいいですが、
それ以外は、理解したストーリーを、自分の意見のふりして
話してみるのが重要です。

もちろん、「これって、英語でなんていうのかな。」
というのは、辞書で調べてからトライします。

大切なのが、一通りやってみて、(1時間分全部やるのは
大変なので、面白みのあるところ20分ー30分、もしくは、
自分の好きな発言者の分だけやってみる)同じところを、
2回か3回繰り返しやってみます。

同じことを、2回、3回とやるのがミソです。
新しく辞書で引いた言葉も、何度か繰り返すことで
頭にきちんと入りますし、声に出すことで、舌に染み込んで
いきます。

3回目には、かなりスラスラと意見が言えるように
なると思います。

もちろん、実際の英会話の場合は、訳をしているワケでは
無いので、勝手が違うとお思いになるかもしれません。
でも、結局のところ、英語って、手近に仕える英語表現を
自分の体にどれくらい覚えこませるか、が肝のように思うのです。

これは、通訳という営みを通じて、英会話も上達した私の
経験的な感想ですので、合わない人もいるかもしれません。

面白そう、と思った方に試して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


烏合の衆
お休みする前に読み出した、"Body Farm"に出てきた言葉で、
へぇ~、と思ったのがありました。

"hoi polloi" 

というものです。

なんとも英語とは思えない響き、と思ったら、
やはり語源は、the many を意味するギリシア語なのだそうです。

リーダーズ英和辞典をひくと、

民衆、大衆、庶民、烏合の衆と出ています。
バカ騒ぎ、空騒ぎの意味もあるそう。

烏合の衆、なんていうのは、通訳としては、
英語を知っていて損は無い言葉です。

このhoi polloi に出会うまでは、

"unordered crowd"

くらいしか思いつきませんでしたから。

本の中の文脈では、確か、「医学用語は、
一般の人には分からない」みたいな感じでした。

いわゆる、layman, 素人=庶民という意味の用法ですね。

こういうちょっと変わった単語を覚えると、

「あぁ~、早く誰か使ってくれないかしらん。
そうしたら、私がビシッと訳して差し上げるわよ

とホクホクして待ち構えてるのですが、大抵は、
そんなにいいタイミングで出てきません。

出てくる頃には、キレイサッパリ忘れている、
もしくは、

「あ、ソレ、前知ってた・・・・

となるのでした。

修行の日々は続きます。


応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ




[PR] 台湾の中国語通訳なら


ハッピーフィートを見てきました(ネタばれあり)
ここ数ヶ月の週末は、ずっと引越し関連の用事で
つぶれてしまい、映画館で映画を見るのは久しぶりでした。

予告編が面白そうで、楽しみにしていた映画です。

声の出演陣も豪華で、何よりあの芸達者なロビン・ウィリアムズが
出ています。これは、かなり期待できそう、と思って行ったのでした。

歌がいかにうまく歌えるか、がほぼ唯一の価値基準の皇帝ペンギンの
群れの中、ジャイアン並に歌が下手で、でも、生まれつきの
タップダンスの才能のあるマンブルというペンギンの男の子が
主役です。

子供の頃のペンギンが愛らしくて、中盤までとても楽しみました。

青年時代のマンブルの声は、イライジャ・ウッドです。
やっぱり演技が達者な俳優さんなんだなぁ、と思いました。
いやでもマンブルの気持ちに引き込まれるのです。

ただ、荒れ狂う嵐の中進むマンブルの様子を見ると、
どうしても、

「フロド・・・。」と思わずにはいられないのでした。

途中までは楽しんだのですが、物語の収束のさせ方が
陳腐で、少しげんなりした気持ちで映画館を出てきました。

人間の魚の乱獲により引き起こされたエサ不足に苦しむ
皇帝ペンギンの群れが、人間に助けてもらうために、
みんなで踊りを覚えて披露して訴えたところ、人間がそれを
理解して助けようとする。

という感じの結末です。

えぇーーー。そんなんでいいの?という感じ。

人間のために迷惑こうむってる動物が、なぜに
人間のために踊りを供して助けてもらわにゃならんのだ、
そんな卑屈な。。そういう力関係じゃないでしょ、人間と
動物は、と思ったのです。
なんか、すごく人間の傲慢な態度がにじんだ結末で、
それをハッピーエンドにしてるところが、イヤな感じでした。

夫と、「アレは無いよな。cornyにも程があるよな。」
と言って帰ってきました。

corny 陳腐な、とか感傷的な、という感じの言葉です。
大阪弁で言うところの、「クサい」という感じ。
cheesy というのも、同じような語感かな、と思います。

応援クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ



[PR] 台湾の中国語通訳なら


中国の人名、地名
温家宝首相のニュースでにぎわっています。

経済発展の著しい中国、大国として、世界の中での
プレゼンスが高まっています。

そんななか、中国の要人や、地名が現場で出てくることが、
英語・日本語通訳にとっては、ちょっとした恐怖なのです。

英語では、中国語の発音そのままで人名、地名が出てくるのに、
日本語では、日本語読みだから、というのがその理由。

そもそも、地名や人名というのは、口に出して
呼び合ったり、意思疎通するためのものだから、
私は現地読みでいいと思うのですが、どうも、漢字を使ってる
国の間では、お互いに取り決めをして、「現地読みで
いきましょう」となるまで、自国読みで通す習慣らしいのです。

韓国との間では、少し前に取り決めがあったようですね。
金大中」前大統領のことは、以前は、
「キンダイチュウ」だったのに、最近では、
「キムデジュン」になっています。
英語ももちろん、Kim Dae-Jungなので、ラクなのです。

早く、中国と日本の間でも同様の取り決めをしてほしいものです。

温家宝さんは、Wen Jinbao
胡錦濤さんは、Hu Jintao
江沢民さんは、Jiang Zemin
毛沢東さんは、Mao Tse-tung


です。日本語の音読みとやっぱり少しかぶってますよね。

世界の工場と言われる中国、メーカーなどに
仕事で行くと、現地工場のある地名がわんさか
出てきます。

このとき、電子辞書に入っている広辞苑が大活躍します。
メジャーな場所なら説明とともに、英語のつづりも出てくるのです!

広州 Guangzhou
深川(本当は土ヘンに川) Shenzhen
武漢 Wuhan


などなど、一応人気のところは覚えておきます。
助かるのは、日本語と違って、漢字に一つの読み方しか
無いので、一度覚えてしまうと、他の地名でも、
漢字がだぶっていれば、大体読めることです。

でも、さすがに先日出てきた黒竜江省は知らなくて
あせりました。Heilongjiang Province といいます。

竜はそりゃぁもちろんlong (ロン)ですよね。
ドラゴンボール世代の私は、すぐにシェンロンを
思い浮かべたのでした。

応援クリックいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ






[PR] 台湾の中国語通訳なら


carpe diem siez the day
carpe diem sieze the day

これを見て、ピンと来る人も結構多いでしょう。

そうです、映画「いまを生きる」の中に出てきた
一節です。

carpe diem の部分がラテン語で、英語で、
言えば、seize the day、その日を掴め ⇒いまを生きる
になるわけです。
carpe が掴む、diem が日、にあたるようですね。

この映画が出たのは、確か高校生くらいの頃で、
とても好きになって、何度も見ました。
中でよく引用されていたソローの詩を書き写して
手帳に入れて持ち歩いたりしていたほどです。

映画の中で自殺してしまった青年を演じた役者が、
最近話題の"House"というFoxテレビの医療ドラマに
出ているのをついこの間発見して、嬉しくもなりました。

さて、長い前置きになりましたが、何が言いたいかというと、

日当 という言葉を、英語(ラテン語からの転用)で、 
per diem というのです、ということです。

最初にこれを知ったとき、すぐに思い浮かんだのが、
前出の" Carpe Diem" で、

「ハハーン、一日あたり、っちゅーことやな。」と
ピーンときて、それ以来しっかり記憶されています。

映画でも何でも、好奇心を持って、いろんなことを知っておくと、
意外なところで役に立つなぁ、と思った出来事でした。

応援クリック宜しくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ




[PR] 台湾の中国語通訳なら


復活です。
長い間お休みしていましたが、ようやく引越しも済み、
パソコンも繋がったので、ブログをまた始めます。

お休みしている間は、仕事をしながら引越しの準備など
いろいろやってました。

病院通いも続いています。
持病、というわけでは無く、不妊クリニックに
通っているのです。
通い始めた当初は、何やら怪しげな検査結果が出て
かなり困惑したのですが、まぁ、赤ちゃんが授かりにくい、
ということを除けば、病気では無いようで、それは
少しほっとしました。

それにしても、不妊クリニックの繁盛振りには
驚かされました。30代くらいの女性と、夫と
おぼしき方々で、ごったがえしています。

働く女性も増え、ストレスも増えた今の時代、
子供ができにくい人が多いのかもしれません。

私は、あまりのんびりしていられる年ではありませんが、
あまり気にしすぎず、ぼちぼちトライしようと思っています。

それにしても、夫と不妊クリニックに行った際、
普段あまり使わない言葉を訳したので、難しかったです。


卵管(fallopian tube,ovarian duct) とか、禁欲期間
(period of abstinence) とか。

そして、不妊クリニックを直訳してinfertility clinicと
訳したのですが、夫が「普通はfertility clinicだよ。」
と教えてくれて、へぇ、そっか、そのほうが前向きだわな、
と思いました。

無理しない程度で、ボチボチ続けていきますので、
良かったらお付き合いくださいませ

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。