関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


しばしお休みのお知らせ。。。
更新が、ほぼ止まってしまってすみません。
引越しの準備に加えて、しばらく、病院通いに
なりそうです。深刻な病気ではなく、検査が
主の通院ですが、初めてのことで、それなりに
気分も揺れております。

ブログしばらくお休みすると思います。
仕事は普通にやってますので、気が向いたら、
またフラっと更新するかもしれませんが。。

再開したら、また覗いて頂ければ嬉しいです。
スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


The Body Farm を読んでます。
気楽に読めるものがいいな、と困ったときのコーンウェル、
という感じで、またまたケイ・スカーペッタシリーズです。

The Body Farm The Body Farm
Patricia Daniels Cornwell (2005/01/10)
Berkley Pub Group (Mm)

この商品の詳細を見る


このThe Body Farm は、この前に読んだ"Predator"で、何度も
言及されていたのと、ディスカバリーチャンネルで、実際の
ボディファームを見たので、読んでみたいと思って買っておいた
ものです。

死体がさまざまな環境下で、どのような腐敗の工程をたどるのかを
実験するための施設がボディ・ファームです。

ディスカバリーチャンネルでは、遺体を施設内の森に放置して、
その腐敗や蛆虫のわくタイミングなど、つぶさに観察をして
記録をとっていました。

この本の中でも、同じように実験をするようです。
何でも、著者のコーンウェル女史自身、そのような
実験をこの施設で行ったそうで、そのときの経験を
もとに書いておられるのだそうです。

とはいえ、グロテスクな話ばかりではなく、今回は、
スカーペッタの恋愛もあります。
このシリーズには珍しく、スカーペッタの一人称で
物語が語られていきます。これまでより、より生々しく、
彼女の心の動きが分かります。

残り3分の2、どのような展開になるのか、楽しみです。

にほんブログ村 英語ブログへ





[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。