関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


Spaced
イギリスのsitcomがお好きな方、この"Spaced"というのお奨めです。

(すみません、知識が無くて、こんなドンくさい引用しかできません。
あと、日本のアマゾンでは取り扱いがなくて、UKのアマゾンから
引っ張ってきています。)

http://www.amazon.co.uk/Spaced-Definitive-Collectors-Jessica-Stevenson/dp/B0002LXU6I/sr=8-1/qid=1168180078/ref=pd_ka_1/202-6070710-4312663?ie=UTF8&s=dvd

ひょんなことから知り合ったティム(彼女に振られた24歳)と
デイジー(ライター志望)が、カップルの入居者を募集している
コンドミニアムに「カップルの振りをして」同居を始めるが・・・

というお話です。

変な家主にカップルで無いことがバレないように生活をするのですが、
他の入居者、またお互いのキャラの濃い友人達とのやり取りが
笑えます。

20代後半で、ティムはイラストレータを夢見ながらビデオ店で
バイト、デイジーは、ライターを夢見ているが、怠けてばかり、
という二人の同居の様子が、可笑しく、ホンワカ描かれています。

イギリスのアクセントには苦戦しますが、キャプションも
使いながら、楽しんでいます。

アメリカのsitcomのような、笑い声のかぶせが無く、
「ここが笑うトコロですよ~」という感じでは
ありません。結構細かい笑いで、一人「クックック」
と笑う感じでしょうか。

ティムのスターウォーズへの熱い思い入れぶりなどは、
なんだかオモロ愛しい感じです。スターウォーズネタが
ちりばめられていますし、他にもシャイニングや、シリーズ2
では、マトリックスなど、映画ネタも多く、笑えます。

ほんっとーーーに面白いので、sitcomが好きな方、
イギリスのコメディが好きな方、ぜひお試しを!

にほんブログ村 英語ブログへ







スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


大人なエルモ
セサミストリートはお好きでしょうか。
私は、高校生くらいになってから、英語の勉強にと思って
見出しました。

ただ、モンスターの英語って、声に特徴をつけているので、
結構聞きにくい・・・と思っていました。

それでも大好きだったのは、大スターがセサミストリートに
遊びにくるコーナーです。
これは大人になってからも、「へー、この人がこんなことを。」
と思い、見入ってしまうことがあります。

随分前に、何気なくセサミストリートを見たら、ピアーズ・ブロズナンが
白地にカラフルな模様がついた全身タイツみたいな格好で、
サーカスのジャグラーの役で出ていました。まだジェームス・ボンドを
やっていた頃です。ウェアの胸のあきからはみ出る豪快な胸毛、
007なんて関係ないさ、と、嬉々としてジャグラーの役をやって
飛び跳ねている彼が今も脳裏に焼きついています。

好きなキャラクターはエルモです。
「へぇー、英語でも、子供は自分のことを自分の名前で呼んだり
するんだ。」と妙に納得した覚えがあります。

さて、今日は、先日夫と見つけたオーストラリアのテレビ番組に
エルモがゲストで登場した際の映像を紹介します。セサミストリート
とは一味違った、めちゃくちゃ面白いエルモが見れます。

下の映像は、エルモのパペッティアです。声も動きもこの方が
されているそうで、結構ギャップに驚きです。

リスニングも兼ねて、どうぞ楽しんでくださいね。










応援クリック頂ければうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


通訳の卵も使う教材
私が教えている通訳学校でも、
時々宿題に出している教材を紹介します。




これは、歴史の名スピーチをオリジナルの音源から取った
CDが付いてくる教材で、本当によく出来ています。

スピーチの時代背景、日本語訳や、イディオムの説明、
また、原文のテキストなどが網羅されており、
使う人の工夫次第で、何通りにも使えるところが優れています。

通訳学校の生徒たちにも、英語の会話力に問題がある場合、
スピーチの暗記を宿題として出しています。

実は、会話力を伸ばすのに最もてっとり早い方法は、
適当な長さのスピーチを暗記することなんです。

うまくなった意識が無くても、
知らずに口をついて覚えた表現が出るようになります。

そのかわり、「スラスラ」言えるようになるまで
暗記をして下さい。詰まりながら、なんとか言える、
という程度では、身になりません。

この本の中で私が好きなスピーチは、チャップリンの
映画、「独裁者」からの抜粋です。
美しい、謡うようなスピーチです。

それと、もう一つ、クリントン元大統領の、
「不倫しちゃってゴメンなさい会見」のスピーチが、
笑えます。

「ええー、こんなのを国民に言ったのー?」

とびっくりしてしまいます。

スピーチの構成としては優れているので、
役にも立ちますよ。


英語の会話力が伸びないなぁ、と悩んでいる方、
この教材のスピーチを3-4つ暗誦することを
お奨めします。

劇的に会話力が伸びるはずです。


応援クリックをよろしく。

にほんブログ村 英語ブログへ




[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。