関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


A Pale View of Hills を読んで
先日、カズオ イシグロの "A Pale View of Hills"を
読み終えた。

A Pale View of Hills A Pale View of Hills
Kazuo Ishiguro (2005/03/03)
Faber and Faber

この商品の詳細を見る


戦後の長崎を舞台に語られる、えつこの回想録という手法で
物語が語られる。

日本を設定にしているので、読んでいて、

「chess・・・あぁ、将棋のことだろうな。」とか
「teacup・・・、訳すなら、湯飲みだな。」とか、
和訳したときにどうなるか、ということも考えながら
読んだ。

戦後の日本の男女の役割というか、家父長制の考えが
色濃く出ており、それに対する女性の気持ちを、男性で
あるカズオ イシグロが細やかに綴っていることに、
驚嘆した。

私の親戚はかなり考え方が古いところがあり、両親も
昔はかなり男尊女卑のようなところがあったため、
現代の女性の読者として読んでいくなか、えつこの夫や
義理の父、会社の同僚などの女性への考え方が、
息苦しくて、息苦しくてたまらなかった。
「アホやなぁ。古いなぁ。」と突き放して読めないところを
見ると、私もそういう価値観に苦しめられた世代である、という
ことだと思う。

また、義理の父と夫、すなわち、父と息子の間にある
儒教に基づく微妙な力関係の息苦しさもとても細やかに書かれていて、
興味深かった。世代が変わっていく中で、日本の伝統的な
家父長制的価値観と、現代的な価値観が相克する時期の狭間で
揺れる人の気持ちを描いている、という点では、「日の名残」と
似たテーマだと思う。

「日の名残」では時代に取り残されてしまった、実直な執事の
生き方に焦点をあてていたが、今回は、新しい時代に入る中で
生き方や考え方を変えていく女性に焦点を当てた物語だった。

日本の社会における女性の感覚への深い洞察は一体カズオ・イシグロの
どういう視点から出ているのか、興味深く思った。

私が面白く思ったのは、最初、えつこが理解に当初とまどい、
半ば批判的に見ていた「さちこ」の生き方に、えつこ自身の
生き方が次第にシンクロしていくところである。

終盤に、えつこの自殺した娘「けいこ」が、本当は
誰だったのか、と読者に考えさせるくだりが出てくる。

「えつこ」は「さちこ」であり、「さちこ」は「えつこ」
であり得る、という含みを持たせる仕掛けで、この物語が
特別な「えつこ」という人の話ではなく、普遍的な女性の
物語である、と考えさせる効果があると思った。

そもそも、「さちこ」という女性は存在していたのか、
分裂的に「えつこ」が別の存在として作り出した、
alter ego (分身)では無かったか、という気さえしてくる。

ウマイなぁ!!!!と関心してしまった。
答えは分からない、でも、そんな含みを持たせることで、
物語がいっきに深く広くなるところが絶妙に素晴らしかった。

にほんブログ村 その他日記ブログへ


スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


久しぶりのペーパーバック
「いつもより多めに動いております」という感じで、
お腹の子供は、昨日映画館でハリー・ポッターを見ている間中、
モゾモゾしていました。

魔法の世界のバトルは、胎教に良くなかったのか。
それとも、ハリーのファーストキスの刺激が強すぎたか。

映画自体は、まぁまぁでした。

妊娠してから、なんとなく気持ちがフワフワして、集中して
英語を読めなくなっていましたが、先日ためしに、読んでみたら
いけそうです。

今回、読み始めたのはこれ。

The Shell Seekers (Coronet Books) The Shell Seekers (Coronet Books)
Rosamunde Pilcher (1989/06/01)
Coronet Books

この商品の詳細を見る


これ、アメリカ人の友人レベッカが随分前に遊びに来たときに、
「なかなか良かったよ」と置いていった本です。

全く何の予備知識もなかったのですが、今、アマゾンで
チラ見したところ、なかなか評判が良いではないですか。

確かに、数ページ読み出した感触では、オモシロそうな
感じです。

新しい作家に出会うチャンスってありそうで、なかなか無いので、
少しワクワクしています。良い出会いになるかな?

冒頭の話に戻って、妊娠してからフワフワしているという話ですが、
どうも、こう仕事でも、本でも、無我夢中で集中!というのが
出来ない感じです。

妊娠する前は、漢方の先生に、

「仕事の性格上仕方ないかもしれませんが、いつも
臨戦態勢、アドレナリンが出すぎで、体内に溜まってます。。
もうちょっとリラックスして。」

と言われていました。

今は、その「臨戦態勢」のモードになかなかなれないのです。

なんだか常にぼんやりした感じ。
まぁ、アドレナリンが溜まってる体内環境なんて、胎児には
良く無さそうなので、いいんですが、不思議な感じです。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


よしもとばなな
先日、出張の際に、フラリと入った空港の本屋さんで、
よしもとばななさんのエッセイを手に取りました。

「子供ができました」というタイトルの本で、
彼女がウェブサイトに綴った日記をまとめたものです。

やはり文章が優れていて、読みながら笑ったり、
共感したり。もちろん、彼女が有名な作家さんだと
いうこともあるのでしょうが、やはりうまい文章で
綴られた日記は、面白いものですね。

帰ってきてから、昔読んだ、彼女の文庫本を引っ張りだして
きて読みました。

若かった頃は、彼女の本はなんとなく薄味な感じがして、
あまりハマらなかったのですが、読み直してみると、
本当にはかない、一瞬の情景のきらめきのようなものが
とても精緻に捉えられていて、驚嘆しながら、そして
とても味わい深く読みました。

あまりにも日本語で綴られる、日本の情景や感覚が美しかったので、
これが英訳ならどうなるんだろう、と気になって、
アマゾンで購入することにしました。

Goodbye Tsugumi Goodbye Tsugumi
Banana Yoshimoto (2003/06)
Grove Pr

この商品の詳細を見る


本のカバーも何やらいい感じです。
中身拝見が出来る本だったので、少し読んでみましたが、
よしもとばななさんのさりげない、口語的な語りを
なかなかに上手なトーンで再現している印象を受けます。

これは、会話的な英語を身につけるにも、役に立ちそう。

届くのを楽しみに待って読み出したいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR] 台湾の中国語通訳なら


"The Long Good Bye"を読了しました。
ブログの更新を休んでいる間に読み出しました。

本屋に行ったら、村上春樹さんの訳本が平積みしてあり、
「そういえば、リウマチばあちゃんさんが薦めていたなぁ。」
と思って、オリジナルを買い求めました。

順調に最初はページが進み、その素晴らしくリズムのある、
またドライな語り口にしびれるように読み進んでいたのですが
私もいつもの悪いクセで、途中から、集中力が切れ、
最後まで読み終えるのに、とても長い時間がかかりました。
(なぜか、途中吉本ばななの本2,3冊に浮気もしました)
ということで、あまりきちんとした感想は述べられません。

The Long Goodbye (Vintage Crime/Black Lizard) The Long Goodbye (Vintage Crime/Black Lizard)
Raymond Chandler (1992/08)
Vintage Books

この商品の詳細を見る


最後は驚きの展開で、途中間延びして読んでしまったことが
悔やまれます。

そして、主人公マーロウがとても魅力的でした。

とにかく彼の皮肉の効いた口調は、キレがあって、
核心をついていて、気持ちがいい。

普通、皮肉や軽口、というのは、心が弱い人間が
自分を強く見せるために言うことが多く、だから、
あまり聞いていて、気持ちのよい物ではないのですが、

マーロウの場合は、感情の変な捩れが
感じられず、真理をついており、孤独で
あることをフラットに受け止めている
からこそ出てくるドライな口調です。

でも、本に出てくる誰よりも、純粋に
人を想う気持ちがあり、それを通そうとする
強さがあるから、マーロウは魅力的なんだと
思います。

そういうワケで、私にとっては、マーロウの魅力を楽しむのが
メインの一冊となりました。

そして、多分、私はあまりハードボイルドは得意分野では
無いということも分かりました。

小説のトーンに慣れたあたりから、ページが進まなくなってしまい、
「もういいかな、やめようかな。」と思う気持ちを押して、
ようやく読み終えました。だって、リウマチばあちゃんさんに、
「読み始めましたよ!」と言ったら、喜んで下さったので、
簡単には投げ出せなかったのです。リウマチばぁちゃんさん、
私、頑張りましたよ!

今はちょっとしたチャンドラーブームのようなので、
皆が素晴らしいというシリーズに、ハマりきれなかった
自分が少し残念です。

にほんブログ村 英語ブログへ





[PR] 台湾の中国語通訳なら


The Body Farm を読んでます。
気楽に読めるものがいいな、と困ったときのコーンウェル、
という感じで、またまたケイ・スカーペッタシリーズです。

The Body Farm The Body Farm
Patricia Daniels Cornwell (2005/01/10)
Berkley Pub Group (Mm)

この商品の詳細を見る


このThe Body Farm は、この前に読んだ"Predator"で、何度も
言及されていたのと、ディスカバリーチャンネルで、実際の
ボディファームを見たので、読んでみたいと思って買っておいた
ものです。

死体がさまざまな環境下で、どのような腐敗の工程をたどるのかを
実験するための施設がボディ・ファームです。

ディスカバリーチャンネルでは、遺体を施設内の森に放置して、
その腐敗や蛆虫のわくタイミングなど、つぶさに観察をして
記録をとっていました。

この本の中でも、同じように実験をするようです。
何でも、著者のコーンウェル女史自身、そのような
実験をこの施設で行ったそうで、そのときの経験を
もとに書いておられるのだそうです。

とはいえ、グロテスクな話ばかりではなく、今回は、
スカーペッタの恋愛もあります。
このシリーズには珍しく、スカーペッタの一人称で
物語が語られていきます。これまでより、より生々しく、
彼女の心の動きが分かります。

残り3分の2、どのような展開になるのか、楽しみです。

にほんブログ村 英語ブログへ





[PR] 台湾の中国語通訳なら


When We Were Orphans 読了しました。
ようやく読み終えました。
今回は、なかなか集中できなくて、時間がすごく
かかりました。

When We Were Orphans When We Were Orphans
Kazuo Ishiguro (2005/03/03)
Faber and Faber

この商品の詳細を見る


上海で幼少期に両親が失踪し、その後英国に移り住んだ
クリストファー・バンクスが大人になって、両親失踪の
謎に迫るミステリー仕立ての小説です。

これからお読みになる方もおられると思うので、
あまり詳しい筋は書かずにおきます。

今回は、物語の世界にどっぷり浸ったり、主人公に感情移入を
することがなかなかできず、読むのに苦労しました。

何のことは無い、引越しの準備、仕事、また、病院通い
(検査だけで別に病気では無いのです)など、気持ちが
ザワつくことが多く、集中できなかったのです。

なので、あまり感想らしい感想は書けないのが本当の
ところです。

前に読んだ、Never Let Me Go や The Remains of the Day に
比べると、物語が多少荒いな、という気がしました。
しかしそれも、おそらく行間を読み落としているのだと
思います。

途中個人的にとても興味が惹かれたモチーフがありました。

クリストファーの上海時代の隣家の友人、アキラが、

「自分は十分に日本人では無い、そのことで、両親は
  自分に失望している。」と不安も漏らします。

クリストファーも、自分が十分に英国人では無いのでは、と
心配しだしたことがありました。

この辺りは、幼少の頃に長崎から英国に移り住んだ
カズオ・イシグロの当時の自身のアイデンティティーに対しての
揺らぎや葛藤という経験をもとに書かれたのでは無いかと思います。

物語の終盤、謎が解明されますが、かなり強烈な真相で、
結構驚いてしまいました。少し突飛すぎるのでは、と思った
程です。

とにかく、今回は、イシグロ作品に申し訳ない読み方をしてしまった
気がしています。
いつか、もう少し落ち着いたときに、もう一度読み直してみたいと
思います。

にほんブログ村 英語ブログへ











[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。