関西を拠点に働く通訳の通訳以外の営みを多く含んだ日々雑感。自分の記録のための日記です。






プロフィール

YJ

Author:YJ
大阪在住の日英会議通訳。
日々雑感を綴ってます。



オンライン英会話

英会話の講師をお探しですか?      NOVAの先生の登録も歓迎中。     こちらのリンクをクリック!↓

   http://www.yasashiieigo.com



カテゴリー



過去ログ



最近の記事



応援クリック♪



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


三国志
今日はお休みだった。
帳簿や片付け物、来週のシンポの準備をする。

汐桜が朝のお昼寝(10時から12時)から起きて、
昼ごはんを食べさせて、その後、早めに夕飯の買い物。

近所のダイエーに本屋があるので、立ち寄ってみると、
三国志の文庫本があった。吉川英治さんのものが、
一番スタンダード、とアマゾンのレビューであったので、
それを探してみると、2種類ある。

どっちにしようかなぁ、と考えあぐねていると、本屋の
お姉さんが声をかけてくれた。

内容は全く同じだけど、用語解説があるかなしかの違いで、
冊数が違うのだという。彼女自体は、金城武が好きで、
映画の写真の帯がついてくるから、という理由で、解説なし
を買ったらしい。

「格好よかったよねぇー。美しかったよねぇ!!!後編が待ち遠しいわねぇ!」

などと、本屋の店頭で初対面の女同士、ひとしきり盛り上がる。
男前の威力って凄いな、と笑ってしまった。

私は金城武の帯より、やはり用語解説が必要だろうということで、
8冊組のほうを購入。とりあえず1巻から4巻までを今日は買った。

最初の2-3ページを読んでみたら、もう、ものすっごく面白そう。
これが8巻もあるのね!!!!と思うと、ワクワクして、胸が一杯に。
今も書きながら、嬉しさでお腹がクンクンする感じが・・・。こういう感覚久しぶりだなぁ。
でも、飽きずに最後まで読めるかな?
スポンサーサイト

[PR] 台湾の中国語通訳なら


這い友
大学の後輩達がやっている文化祭を汐桜と見に行く。
夫は家で仕事。

ベビーカーを押しながらの京都は結構遠かった。
中華料理屋で、天津飯を頼み、汐桜と二人で
分けて食べた。普通のご飯を食べてくれるように
なったので、外食も楽になってきたなぁ。

その後会場へ。

サムルノリという韓国の打楽器アンサンブルは
音が大きいので、汐桜、泣き出すかな、と
思ったけど、意外と平気で、じっと楽器をたたく
人達を見ていた。

友達の青が汐桜と2日違いで生まれたLちゃんと到着。
5ヶ月のときにお祝いして以来の5ヶ月ぶり。あのときは
本当に、まだ赤ちゃんで、お互いの存在をあまり認識できなかった
けれど、今日はかなり絡んで遊んだ。

床に二人を放してみると、すぐに打ち解けて(?)
二人でハイハイで、行ったり来たり。

10ヶ月ともなると、高速ハイハイなので、すごい
テンションで会場を這い回っていて、見ていて
すごく楽しかった。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


あたらしい手帳
来年の手帳が来た。

もう5年くらい使っているクオバディスという手帳。
偶然見つけて買って、機能的なのが気にってずっと使っている。

今年の分は、汐桜が生まれたし、仕事以外にも書き込む予定が
増えるかも、と分厚いやつにしてみたけれど、結局いつもと同じ、
見開きの1ヶ月のところしか使わなかったので、今年は以前の
薄いタイプに戻した。

どちらにしても、新しい手帳を買うのって、結構ワクワクする。
来年はどんな年になるかな。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


レッドクリフ(ネタばれあり)
通訳の友人とレッドクリフを見に行く。

仕事が入ったら仕事優先で、といいつつ予定を合わせたが、
結局お互い仕事が入らなかった。

通訳の仕事をしていると、クライアントに中高年の男性が多く、
時々、三国志の話や例えを出される。あらすじを知るには映画は
てっとり早いし、予告で見た金城武が相当に美しかったので、
誘い合わせて見に行くことにした。

三国志の予備知識が全然ない者としては、とても面白かった。

日本で言うと、卑弥呼の時代に、そうか、中国ではこんなにも
発達していたのか~、と当時の服装や風俗を見るのが物凄く
楽しい。

周愉?と諸葛孔明が琴のセッションをするところなんて、
日本では平安時代の感じなので、そうか、400年くらいの開きが
あったのだなぁ!!!などと思う。

個人的には関羽のバトルシーンがめちゃくちゃに面白く、物凄く
ウケてしまった。なんか、彼一人、劇画タッチなんだもの。めちゃくちゃに強い。
一緒に行ったMさんも同じところがツボだったようで、二人して、大笑いしてしまった。

あと、どう見ても、これロードオブザリングのギムリやわ!という登場人物もあり、
素手で相手をなぎ倒していく様にどうしてもツボが入ってしまい、周りの人には
悪いと思いつつ、笑ってしまった。

諸葛孔明の金城武は本当に美しかった。ちょっとときどき、
演技が軽かったけれど、それでも、目の本当に綺麗な人だ。
美しいって、やっぱり一つの力だなぁ。

三国志、意外と面白そう。読んでみよう。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


教育番組あれこれ
今日は仕事が午後だったので、午前はゆっくり。

汐桜と一緒に教育テレビを見る。

私は「にほんごであそぼ」が好きで、汐桜が見てなくても、
楽しく見ている。擬音語のコーナーとか、夫が見てもとても
勉強になるし、全体の衣装やセットのデザインもかわいくて
見てて楽しい。

あと、用事をそっちのけでつい、テレビの前に座ってしまうのが、
歌舞伎役者の人の歌とおどり。名前を忘れてしまった。松本幸四郎さんの
息子さん、あ、染五郎さんだ。声が良くて聞きほれるし、体の動かし方を
見るのもすき。

キャラクターでは、冷めたコメントをたまにする”わんわん”がいい。
「いないいないばぁ」という番組の犬。

「えいごであそぼ」のグレーのキャラクターはひどいと思う。あんなにも、
なまなましく「埃」な感じにしなくとも良いのに・・・、と思う。

で、「おかあさんといっしょ」を今日見ていて、最後の体操の歌を
中西圭造さんが歌っていると気がついて、とても驚いた。

中西圭造といえば(漢字あってる?)私が大学生の頃、「woman」という
曲が大ヒットしたいわゆるアーティストっぽい歌手だったと記憶している。

あの人か、と思って聞くと、「ぱわわっぷ体操」もまた違って聞こえるのだった。

[PR] 台湾の中国語通訳なら


買い物
鶴橋へ。

昨日テレビ番組で紹介されたからということで
物凄く混んでいた。ベビーカーで進むのに、大変な労力が・・・。

それでも、欲しかった汐桜の韓服や、切れていた調味料なども
買い込み満足。

でも・・・、かなりストレス溜まってるなぁ、と実感。
もともと人ごみは苦手だけど、ものすごーく、イライラしてしまった。
いつもなら、これくらい我慢できるのに。

ペースが何事も早い母と一緒だったのも災いした。
ベビーカー押しているほうの身の都合は全く頭になく、
彼女のペースで物事が進んでいく。あまりに早くて、
こちらが口を挟む間もなく、とりあえず、激流に流されるように
ついていく。つ、疲れる・・・。


[PR] 台湾の中国語通訳なら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。